3c75b798 8045 4479 83b9 07f859347be9
2015/5/7
社長ストーリー

株式会社メイクアクト・佐藤幸憲

本当に○○と思っていました。

港区No.1の賃貸仲介・管理会社

口コミや評判だけではわからない、株式会社メイクアクト 佐藤幸憲社長の物語

生きる意味を教えてくれたのは、仕事だった。


「実は、高校を卒業したばかりの私は、生きる意味を見失い、
本当に死のうと思っていました。」

そう語るのは、港区の賃貸仲介・管理事業を手がける株式会社メイクアクトの佐藤幸憲社長。
メイクアクトはベストベンチャー100に選ばれたり、
就活アワード2015で受賞したりと、現在華々しい実績を挙げている。

どん底の状態から、どうして次々と成果を出し続けることができたのか、
そこにはどんな物語があったのか、佐藤社長に直截お話を伺った。

「私は、高校を卒業した後に、人材派遣の会社に就職しました。
しかしそこで大きな挫折を味わうことになりました。
というのも、高校時代のバイトとは違って毎日12時間以上意味もわからず拘束され、
その重圧に耐えられなくてわずか2週間で仕事を辞めてしまいました。
その時は本当に辛かったですね。

自分の人生を呪い、精神的にも追い詰められて、生死を考えるまでになりました。
そんな時に『どうせ死ぬなら、最後に何かを死ぬ気でやってみよう!』とふと思ったんです。」

そうして新たに始めたのが、全国展開する、和食料理店での仕事だった。
まさに死ぬ気で、本当に誰よりも働いたという。
その結果1年で料理長 兼 店長昇格し社員一人で一店舗任され、それまで3年間赤字続きで
潰れそうだった店舗を、たった2ヶ月で黒字に転換させるという偉業を成し遂げた。

この経験は、佐藤社長に生きる意味を与える、大きな出来事になった。


みんなが笑って暮らせる世を創る


その後も佐藤社長の勢いは止まらない。営業会社に転職後も、営業成績トップや業績回復を
成し遂げたりと、まさに『超人』と呼ぶにふさわしい実績を残してきた。

ただそんな華々しい実績を残す一方で、当時は職場で社長や上司と
衝突することも多かったという。そこには、社員に対しての価値観の相違があった。

「色々な職場で働いてきて、『多くの社長は、社員に対して売上や利益などの
数字を求めるばかりで、仕事の楽しさや充実感を社員に全然伝えられていないな』
と感じていました。やっている仕事に、まず自分自身が満足できていなければ、
お客さんを満足させることなど到底できません。

私は、自分自身が本当に仕事によって生きる意味を見出すことができたので、
そうした仕事の楽しさ、人生の楽しさといったものを伝えるべきだと思っていたのです。

そこで、売上至上主義の社長との間に、価値観の相違が生まれてしまったのです。
だったらもう自分で会社をつくってしまおうと、それでメイクアクトを立ちあげることを決意しました。」

そんな背景があったからこそ、メイクアクトでは
『みんなが笑って暮らせる世を創る』
というミッションを掲げている。そしてこのミッションは、
実際に社内の制度や働き方によってしっかりと体現されている。

メイクアクトの社内では、仕事の楽しさを知っておらうためのユニークな取り組みが
行われている。

・コンテスト形式で意見交換を制度「読書発表会」
・自分の価値を知り価値を高める為にやる制度「逆算家計簿」
・高級なお店に行って最高級の接客を体感するための制度「例のやつ」

等々、ミッションを実現し、社員自身が満足して働ける環境をつくるために
つくられた制度が他にもたくさんある。
ミッションを掲げるだけでなく、これらを本当に実践しているからこそ、
メイクアクトは継続的に成長することができているのである。

人の人生を創る仕事


それでは、そんなメイクアクトはなぜ不動産の仲介事業をしているのだろうか、
疑問に思ったので直接佐藤社長に聞いてみた。

「私たちがしている不動産仲介業は、人の人生を創れることに大きな意義があると思います。
というのも『家』というのは、その人がこれから長い間ずっと住む場所です。

それは言い換えれば、その人の今後の人生の一部なのです。
それを決めるお手伝いができるということは
『みんなが笑って暮らせる世を創る』ことに直結しますよね。」

そんな佐藤社長に、最後に今後の展開についてお話を伺った。

「私たちは現在、港区の賃貸仲介・賃貸管理事業を展開していますが、将来的には
『街づくり』をしていきます。私たちは、『相互理解できる人・組織・街づくり』を目指して
おり、今後は教育・メディア・コンサルティング事業を展開していくつもりです。

街中に同じ理念を共有したグループ会社が増えていき、それらが有機的に協力し合って
街をよりよいものにしていく。そんな街づくりができるように事業を拡大していきます。
そうして、本当の意味でみんなが笑って暮らせる世を創っていきます。」

人生のどん底から這い上がり、数多くの成果を残してきた佐藤社長。
その原動力となったのは、『みんなが笑って暮らせる世を創る』という、
佐藤社長の熱い想いだったのだ。


編集後記


インタビュー中、佐藤社長の熱量と行動力にただただ圧倒されていました。
ただ単に成果を追い求めるだけでなく、「人が本当に幸せに生きるためにはどうすればよいか」という本質的なことを心の底から考えていて、素直に感銘を受けました。
メイクアクトが創る、「人が笑って暮らせる街」がどんなものになるのか非常に楽しみです。
心の底から尊敬できる、素敵な社長、そして素敵な会社でした。



住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

株式会社メイクアクト
http://www.makeact.co.jp/
http://www.ma-minatoku-chintai.com/

ONLY STORYサイトへのインタビュー希望の方はこちらから↓

https://onlystory.co.jp/forcompany

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

おすすめのSTORY この記事を見ている人は、この記事も見ています
<不動産業界・社長30代>のおすすめSTORY

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる
ONLY STORYご協力企業・団体様