386cd152 bb9a 4f5e 8241 4b73a363bf79
2015/12/8
社長ストーリー

株式会社FLASH PARK・高橋 優貴

「感動が集まる場所をもっとハッピーに!」

Cake.jpから"特別な日"に"特別なケーキ"を

株式会社FLASH PARK 代表取締役 高橋 優貴

社会のために。その思いがあれば何でもできる

私は物心がついたときからWebが好きで、将来はプログラミングを仕事にしようと考えていました。


プログラミング関係の仕事をしていくうちに、知識や技術も身についてきて、広告代理店からお仕事をもらう個人事業主として活動をスタート。大学では就活をせずにそのまま起業することにしました。それが株式会社FLASH PARKです。
 

ただ、起業してみて初めて見えてくる部分もありました。起業前は「プログラミングは楽しいものだ」と思えていたことも、プロとしてのクオリティーも求められるようになると、好きなことでも辛い側面がたくさん見えてきたんです。それでもこうして活動を続けられているのは、起業した時とは想いの部分が変わってきたからだと思います。


当初は「自分が好きなプログラミングでお金を稼ぎたい」という考え方がありましたが、会社を大きくしていくうちに「社会や会社のみんなのために仕事をしよう」と思えるようになりました。自分たちのサービスを必要としてくれる人がいる事に、すごく大きな価値を感じるようになったんです。

仕事をしていると、辛い事がたくさんあります。でもそれを乗り越えて社会がよくなるなら本望だと、今ではそう思えますね。

ケーキの製造から配達までワンストップサービス

株式会社FLASH PARKは、ケーキの総合通販サイト「Cake.jp」を運営しています。およそ500店舗の全国のケーキ屋さんと提携し、3,000種のケーキをご家庭や飲食店、宿泊施設などにお届けするサービスです。


ケーキの配達ってどうやってするのかイメージわきますか?ケーキって崩れやすく繊細ですし、配送業者を通してのお届けって、実はとても難しいんです。
ほとんどのケーキは配達途中で壊れないように”冷凍"してるんですが、それでも壊れてしまうこともありますし、溶けてしまうこともあるので温度もかなり重要です。

最近では、ケーキが崩れないように自社でオリジナルの梱包資材を開発したり、物流会社と提携をするなど、だいぶ体制を整えることができましたが、当初は本当に頭を悩ませました。


他には、広告運営やコンサルティング、お客様の問い合わせの対応などのサポート体制を作ることによって、ケーキ屋さんには良い商品を製造してもらうことに集中してもらうんです。色々と失敗もしましたが、集客・問い合わせ対応・決済・配達まで全て一貫したサービスを提供できてはじめて、みんなが幸せになるような仕組みになっていきました。

このようにケーキ屋・お客様・flsahparkのみんなが幸せになれる関係性のことを「ハッピートライアングル」と呼んでいます。今後もこの考え方を大事にして、Cake.jpを良くしていきたいです。



実際にどのようにCake.jpが使われているかというと「誕生日に居酒屋で飲み会をする。似顔絵ケーキや特別にデコレーションされたケーキを出して欲しい」という要望が飲食店には来ます。この要望に飲食店が対応できない場合、Cake.jpを利用していただければ全国どこでもお届けが可能です。
他にも"女子会"や"会社の周年祝い"など、ケーキの需要というのは多岐にわたります。


ケーキというのは特殊で、ただ売ってお終いというのではなく、そのケーキを買っていただくことでどんな体験を提供できるかというのがとても重要なんです。
普通のケーキならば100の幸せのところを、Cake.jpのケーキならば105の幸せを提供できる。そう思っています。


ぜひCake.jpの利用を検討してみてほしいです。

ケーキの力で世界に貢献していく

また、会社として大事にしていることは2つあります。


1つ目は「調子が悪い時のあり方」です。
その人の実力、本質というのは、調子が悪い時にこそ出てきます。組織や環境のせいにするのではなく、どうしたら調子が悪いなりに上手くできるか、考えながら努力する人はやっぱり強いですよね。
 

2つ目は「何のために頑張るのか」です。
例えば工場を作ろうという時に「工場を作ると儲かるから」というだけでは、その工場の調子が悪くなった時に頑張れなくなってしまいます。
サービスや商材に対する愛着や、その業界を盛り上げていこう、という思いがあれば、本当に苦しい時でも頑張る事ができます。


この2つを大切にしながら、将来的には、やはり社会を良くしていきたいという大きな目標があります。


日本やアメリカ、世界中にある課題を、Cake.jpやケーキでどう解決していくか。ケーキが世界の平和に貢献できることもあるのではないかということを考えています。社会に対して貢献していくためにも、まずは会社を大きくしていくことが目標です。ゆくゆくは海外展開も積極的に行っていきたいですね。



☆取材・記事作成・構成=尾田、浅井、中村、佐久間

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

株式会社FLASHPARK
http://cake.co.jp/

(関連)『Cake.jp(ケーキジェイピー)』
https://cake.jp/

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

https://onlystory.co.jp/forcompany

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

おすすめのSTORY この記事を見ている人は、この記事も見ています
<小売り業界・社長30代>のおすすめSTORY

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる
ONLY STORYご協力企業・団体様