84e07987 3639 4ffe 8e4c 1d9e298789df
2015/2/2
社長ストーリー

3年以内に上場!目標に向かって一直線に突き進む<株式会社FiNC・溝口 勇児>

1日50,000回の選択を通して、社員全員が結果にこだわる会社

口コミや評判だけではわからない、株式会社FiNC 溝口 勇児社長の物語

お客様ご本人以上に結果にこだわる


「今から3年以内に上場」株式会社FiNCは、溝口社長が掲げる目標に向かって日々成長を続ける、急成長中のベンチャー企業だ。
遺伝子検査・血液検査・生活習慣アンケートなどの結果から、お客様に運動・栄養・メンタル面などの総合的な指導を行ったり、スマートフォンの専用アプリを使用して、オンラインで専門家とマンツーマンでダイエットに取り組むサービスを提供するなど、ヘルスケアの分野で新しいビジネスを展開している。

「お客様のダイエットの成果には、ご本人であるお客様以上に本気になってこだわるように従業員には伝えています。」
溝口社長は、お客様を第一に考え、目に見える結果を重視している。
「プログラム終了後には、毎回お客様から評価をいただいています。評価が低ければ、それに基づいてプログラムの内容を変えていきます。この仕事は、お客様から直接感謝の言葉をいただく機会が多いです。それが現場で働く社員のやりがいにつながっています。」


生まれてから「10000日目」に会社を設立


高校時代、ファストフード店でアルバイトをしていた経験を持つ溝口社長。
「いかに物事を生産的に効率良く行えるか。そういったことが確立している現場で働いていた経験は今の経営にも役立っています。」
その後、高校在学中に入社したフィットネスクラブを運営する会社で地方店舗の支配人を任されたときに、その担当店舗が閉鎖してしまう挫折も味わった。その悔しい経験が起業という選択に結びついた。紆余曲折を経て、溝口社長が会社を設立したのは、溝口社長が生まれてからちょうど10,000日目。
「人間の一生は約30,000日の長さだと言われています。それを知り、20歳の頃に人生計画を立てました。そして20,000日目までは、経営者としての人生を歩んでいこうと決めたのです。」

「選択」と「努力」の重要性


溝口社長が大切にしているものの一つに、「選択」がある。
「人間は、大小あわせて1日に50,000回の選択をしているそうです。今自分は、漫画を読むのか、ビジネス書を読むのか。飲み会に行くのか、セミナーに行くのか。そういった選択を迫られたときに、将来なりたい自分に実際になるにはどちらを選べばいいのか、どちらが自分の掲げるゴールに近づくことができる選択肢なのか、その点を考えて、正しいと思う選択をできる力を持たなければ成長することはできません。
二手に分かれる道を10回選択する場合、実に1024通りの道があります。一つの選択が将来を分けることになるのです。だからこそ、今目の前にある選択そのものが将来をつくるという自覚を持たなければいけません。」

学生へのメッセージをお願いすると、溝口社長は次のように答えてくださった。
「今、とても大切な時間を生きているという自覚を持つことが大切だと思います。幸せを手にするためには努力が必要です。私は、努力とは、他の人が休んでいる時に自分は頑張ることだと思っています。」

「努力」はFiNCの採用基準にもなっている。学歴をはじめ、その人が努力してきたという客観的事実を重要視している。
「学生時代にしておくと良いことは、高いレベルのコミュニティに所属するということです。私自身、今周りにいるお世話になっている人たちというのは、自分が通過点として目指している部分に立っていた方々ばかりです。その方々から学ぶ意味はとても大きいです。もちろん自分のレベルが低いのに周りのレベルだけが高いというのでは意味がありません。自分のレベルを上げる努力もし続けることが必要です。」


従業員の声

廣澤 忍 様
3年目

「FiNCには、上場という明確な目標があります。その目標のために必要なことはすべて行う方針です。
毎日の仕事は、まるで高校の体育祭や文化祭の前日準備のようなわいわいとした雰囲気で行っています。そういった雰囲気を生み出す独特の社内文化がFiNCにはあります。

会社には、FiNC SPIRITという企業の信条をあらわしたものがあります。FiNC SPIRITを体現して仕事をすることは、評価制度に反映され、全スタッフが集まる全社会議の前で表彰されます。新入社員は先輩社員とランチやディナーに行き、FiNC SPIRITについて話すことでその内容を理解することができます。

そのほかにも、当社では相互理解を大切にしていて、一人ひとりがFacebookに自分の生い立ちを投稿することで、その人が今までどういうキャリアを歩んできたのか、その人のあの行動には過去のこんな経験があるんだ、といったことが社内で共有できるようになっています。
また、当社の文化ではトーレードオフという考え方を大切にしていて、迷いをもって働くことはできません。何かを得るには多くを捨てる覚悟が必要です。その覚悟がある方と一緒に働いていきたいと思っています。」

編集後記


インタビュー取材終了後には、オフィス内にあるジムを案内していただいたり、実際に機械を使って、体の歪みを計測していただいたり、実際のサービスを体験できるように配慮してくださいました。(下の写真はインタビュアーの体型です)
一つの部屋、一つの道具にまでこだわりがあり、お客様のことを考えたつくりになっていて、株式会社FiNCの現在の充実具合、そして明るい未来を感じさせてくれるものでした。
社内の雰囲気も明るく、人と人との間に壁がない印象を受けました。会社全体で一丸となって目標まで突き進む力強さを感じさせる会社です。

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

株式会社FiNC
https://finc.co.jp/

ONLY STORYサイトへのインタビュー希望の方はこちらから↓

https://onlystory.co.jp/forcompany

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

おすすめのSTORY

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる
ONLY STORYご協力企業・団体様