株式会社EPOCH/株式会社TIMEMACHINE

石澤 秀次郎

AIが瞬時に日程調整!大人数対応可能な『スケコン』

事業者にとっての無駄省き、新しい時間を作る会社
SHARE ON

今回のインタビューは株式会社EPOCHと株式会社TIMEMACHINEの代表を務める石澤秀次郎氏に、リモートワーク時代の面倒な日程調整に威力を発し、無駄な時間を省いて業務の効率化に寄与する『スケコン』についてお話を伺いました。

株式会社EPOCH/株式会社TIMEMACHINE 代表取締役 石澤 秀次郎氏のONLY STORY


【経歴】

1982年3月15日生まれ。2005年明治大経営学部卒。
2005年に(株)オンワード樫山に営業職として入社。2008年に同社を退職し、デジタルハリウッドにてCG制作を学びながら、書籍「映像作家100人」の編集担当。2010年3月には(株)ソニックジャムに入社し、WEBディレクターとして勤務し数々のWEBや映像の制作に携わる。

2013年9月にクリエイティブエージェンシー株式会社EPOCHを設立、代表取締役としてDAISOのリブランディングから安室奈美恵のアルバムプロモーションやLEXUSのプロジェクションマッピング、LAWSONのMACHI cafeのプロモーションなどをプロデュースする。また、同社にて紀里谷和明氏、千原徹也氏、新宮良平氏、本郷伸明氏、斎藤渉氏をはじめとしたクリエイターのマネージメントを担当。

2017年にはサービス開発としてクリエイターのためのプロジェクトリクルーティング機能を内包したプラットフォーム、「BAUS(バウス)」を立案し運営を行う。

2018年にはEPOCHで培ったマネージメントノウハウを生かし、「えるマネージメント」、「dep Management」を立ち上げ、現在も顧問を担当し、総計46のクリエイターのマネージメント事業を統括する。

2019年11月には新会社「TIME MACHINE」を立ち上げ、代表取締役に就任後、AIスケジュールコンシュルジュサービス「スケコン」を同年12月に立ち上げ、開発、運営を担当している。

日程調整だけでない!スケコンの機能とは


––石澤様は2つの会社を経営されていると伺いました。今回は株式会社TIMEMACHINEについて取材できればと思います。

早速ですが、株式会社TIMEMACHINEの事業内容を教えてください。

石澤氏:はい、そちらの会社では日程調整兼オンライン名刺交換ツール『スケコン』と充電可能なカフェを検索できるサイト・アプリ『DENGEN CAFE』の2本柱で事業を展開しています。

近頃はコロナ禍の影響もあって、パソコンさえあればどこででも仕事ができるようになりました。その反動で増えてしまった商談や会議などの日程調整を瞬時に行えるのが『スケコン』です。今年(2021年)の4月にローンチし、既に登録会員は1万人を達成し、毎月約2000名以上の新規ユーザーを獲得しています。

また外出先で仕事をしていると、充電が切れそうになったりインターネットに繋げられず困ったりすることが往々にしてあるんですね。そのような際に、充電・Wi-Fiスポットを素早く見つけられるのが『DENGEN CAFE』になります。現在、全国6500店舗の電源提供が可能なスペースを掲載しています。

––ありがとうございます。

『スケコン』に関して伺いたいのですが、他にもいくつか日程調整ツールがある中で『スケコン』の特徴はどのような点になりますか。

石澤氏:大きく2つあります。1つは複数人との日程調整が可能な点です。

と言うのも、現在提供されているほとんどの日程調整ツールは、1対1の打ち合わせを想定したものなんですね。例えば、A会社のBさんCさん、D会社のEさんの3名の商談がある場合、予めA会社の2名が日程を合わせ、その後ツールを利用する流れになります。つまりツールを使わずに調整を行なっている訳です。一方で『スケコン』は共有されたURLから候補日程を選択するだけなので、それらの手間が省けます。

また日々更新されるためダブルブッキングの恐れもなく、200人といった大人数の調整も可能です。採用面接やバイトのシフト作成も簡単にできますよ。


もう1つはスケコンを通して会った人の名刺や話したことを記録することができる点です。名刺は自動で作成され、相手にメールアドレスや電話番号などを共有することができます。

また、同一人物との2回目以降のお打ち合わせでは、「前回は〇〇について話しました」といったログを見ながら話すことができるので「前回話した〇〇の調子はどうですか?」と仕事中には生まれにくかった思い出や記録を振り返るプラスアルファのコミュニケーションをとることができます。

この機能により「いつ・誰と・何をしたか」というデータを残すことができるので、いわゆるビジネスに止まらず、病院や会食の予約にも活用できると考えています。

相手の時間も奪わない調整ツールが生まれる


––株式会社TIMEMACHINEを立ち上げるに至った経緯を教えてください。

石澤氏:8年ほど前に、私は株式会社EPOCHという1社目の会社を立ち上げました。当初は頼れる仲間もいなくて、採用をはじめ、営業、経理、雑務まですべて自分でこなさなくてはなりませんでした。

人を採用するにも採用業務を十分に行う時間もない日々で、「それならツールを入れよう」と考えたのですが、ほとんどが総務や経理などのバックオフィスのサービスでした。それらを必要とする前段階である自分の会社に合ったサービスは見当たらなかったんです。当然、時間的にも労力的にも本来業務が大きく制約されてしまい、創業後の3年間は特に大変な思いをしました。

会社を雛に例えるならば、孵った雛を育ててくれるサービスはあるけれど、雛が孵るまで温めてくれる仕組みはあまりないということを実感したんです。その仕組みを作る役割を担えればと思い先ほどお話しした2つの事業で会社を設立しました。

––『スケコン』の構想が生まれたのはどのような時ですか。

石澤氏:私は映像やグラフィックなど、クリエイティブ全般を制作する会社を経営してはいますが、私自身はカメラマンでも演出家でもなく、プログラミングだってできません。では私が何をできるのかと言えば、こうしたインタビューやSNSを通じて人と出会い、その人脈を生かすこと。これが私の財産になっているんです。

この財産を作るためにも、人に会う機会は減らしたくなかったのですが、株式会社EPOCH創業時は、日々に忙殺されてしまい会いたい人に会いにいけなかったり、行きたいイベントに行けなかったりと自分の強みを失っていく感覚がありました。

ただ人と会うとなると、お互いの日程を合わせるまでにかなりの時間を要します。私自身、自分の時間が取られていると感じる雑務の代表格が日程調整でした。しかし段々と「これを簡単にできれば自分と同じような状況の事業者にも需要があるのでは」と思うようになったんです。

また、苦し紛れの打開策として、当時は日程調整の際によく自分のGoogle calendarを公開していました。しかし、こちらの予定を開示するだけでは、相手が自分の日程とあれこれ照らし合わせる手間が発生して、その時間と労力を奪うことにもなってしまうことに気が付いたんです。これらの考えから新しい時間を新しい体験に繋げるために生まれたのがスケコンです。

スタートアップのアクセラレーションとして


––今後の展望をお聞かせください。

石澤氏:スケコンに関しては、年内をめどにメッセージ機能を追加し、合わせてアプリも提供する予定です。まずはこの予定通りことを運ぶことが目標ですね。ゆくゆくは、名刺交換の相手に送る挨拶文のテンプレートが作れたり、見積書や請求書も作成できたり、スマホ1台であらゆる業務を完結できるサービスへと進化させていきたいです。

DENGEN CAFEでは、スケコンの日程調整機能を利用して、目当てのカフェを探し、そのまま予約が取れるようなサービスにしたいと考えています。

思えば今、スケコンがなければとても消化できないほどの作業を抱えています。弊社のスケコンがベンチャー、スタートアップの事業者のアクセラレーションになれれば、こんなうれしいことはありません。これが長期的な目標でもありますね。

また弊社のビジョンとして「Time is money,Time makes value」を掲げています。業務における無駄な時間を削ることができれば、その分の時間をリフレッシュやステップアップの時間に充てることができますよね。今後もスモールビジネス事業者にまつわる「無駄」をテクノロジーで省き、そこで生まれる「新しい時間」を多くの人に提供していきたいと考えています。

––最後に、読者へのメッセージをお願いします。

石澤氏:弊社はスタートアップ企業、スモールビジネス事業へのサポートを重視した運営を続けており、そうした企業の声をより多く反映した運営に努めています。弊社のサービスをご利用頂けるエバンジェリストカンパニーを只今募集しておりますので、ご希望の際は下記フォームよりご応募ください。


執筆=増田
校正=笠原

株式会社EPOCHの住所や電話番号、採用・求人等が載っているホームページはこちらから↓

SHARE ON