株式会社モシカ

福井良政

トイレの中に広告?世界初!トイレ広告のパイオニア

トイレ広告の文化を日本から世界に広める会社
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

口コミや評判だけではわからない、株式会社モシカ 福井良政社長の物語

9

トイレだからこそできる映像広告を


羽田空港にある小綺麗なトイレの一室。
そこに株式会社モシカが提供する商品はさりげなく
設置されている。9cm×15cmの画面に映し出される
音無しの映像広告を、羽田空港ではなんと月間200万人の
女性が見ているそうだ。

このレストルームチャンネルは世間でも徐々に認知が進み、
過去にはテレビや雑誌のプロモーションよりも高い効果を
得られた事例もあるという。

そんなレストルームチャンネルだが、始めたきっかけは
ふとした思いつきにあったと、代表である福井良政社長は語る。

「今の時代、広告は消費者に届きにくくなりつつあります。
企業はより効果的なプロモーションを求めていますし、
それに応えられるような媒体が必要です。

そこでどんなタイミング、環境だったら広告を受容して
もらえるのかを考えたとき、ふとトイレで雑誌を
読んでいる光景がよぎったんです。

今のトイレって昔に比べて綺麗になっていて、
個室にいるとすごくリラックスできるんですよね。

しかも綺麗なトイレがある場所って、印象が良いから
また行きたくなるってことで、それ自体が集客装置の役割を
果たしてもいます。

そこに映像広告を組み合わせたらすごく面白いビジネスに
なるんじゃないかと思い、トイレ内映像メディアのビジネスを始めました」

女性がホッとできる場所に一工夫

140517may051400334338dsc 0983.jpg


株式会社モシカが他の企業と違う点は大きく2つある。
1つは前述したとおりトイレの映像広告に特化した広告代理店で
あること、そしてもう一つは女性にターゲットを絞ってビジネスを
展開している点である。

「レストルームチャンネルの営業に行くと、
圧倒的に女性からの受けがいいんです。

当初は男女共に展開をしていく予定だったのですが、
女性にインタビューを繰り返す中で、女性の方がトイレの個室で
ホッとできる印象が強いことが分かりました。

しかも100%女性に限定できる映像広告って
他にはないですよね。トイレは喧噪から隔離された
空間ですから、リラックスした状態で広告を見る事ができます。
だからこそ非常に広告効果も高いですし、消費者に
最もマッチした広告を出す事ができます」

広告代理店として様々な媒体を使うのではなく、
あえてトイレ内映像広告に絞って勝負をすることで、
株式会社モシカは広告の訴求効果を極限まで高めている。

日本を代表するパイオニアに

140517may05140033433210342955 470708686398794 5602112989536189446 n.jpg


株式会社モシカは立ち上げからずっと福井社長と
パートナーの二人三脚でこれまで活動をしてきた。
今では社員も増えて、4人で企画、営業といった活動をしている。
少人数でやるからこそお互いに信頼もあるし、
ビジョンも深く共有できる。

彼らの当面の目標は、レストルームチャンネルの文化を
日本中に広めることだという。

「日本のトイレは、世界でトップクラスのものです。
だからこそこのレストルームチャンネルは、
日本が率先して広げるべきだと思いますし、
自分たちはそのパイオニアとして先頭を走っていきたいです」

このように語る福井社長は、今後面白い映像の企画や、
ロケーションを広げるための営業にもっと力を注いでいきたいという。
まだまだ文化としてニッチ産業のレストルームチャンネルだが、
モシカを中心に日本中のトイレに映像広告が導入される日は
すぐに訪れそうである。

従業員の声


福井 喜朗さん


140518may05140041387310362690 470486443087685 1515701696 n.jpg

〜前例のないものを作る楽しさ〜
モシカは社長を含めて4人で活動をしています。
人数が少ないだけに一人一人の業務は多岐にわたりますが、
それぞれが自分の得意なことを活かすようにして働いています。

また事業として前例が無い事が、この会社の何よりの魅力です。
ゼロからイチを作っているので、周りから理解を得ることは
簡単ではありません。

でもそれが世間に認められていく過程に関われるのは
とても楽しいですし、そこにやりがいを感じてもいます。

みんなレストルームチャンネルには強く惹かれていますし、
絶対にこの事業は大きくなると確信をもっています。

まだまだ事業自体は小さなものですが、今いるメンバーを
中心に新しい文化を世の中に発信していければと思います。
ちなみに社長と私は名前が似ていますが、兄弟ではでありません。笑

編集後記


レストルームチャンネルという、ユニークなアイデアには
素直に衝撃を受けた。トイレの密室性を活かした
とても効果的な広告方法だと思った。

これが広まれば新しい文化ができるといえるだろう。
今までに無い文化を世の中に広めることは簡単ではないが、
レストルーム広告のパイオニアとして、世の中のトイレを
もっと面白くしてもらいたい。

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

株式会社NFL
http://www.moshika.co.jp/

ONLY STORYサイトへのインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる