みんなの暮らしカイテキにします!

20年以上の経験と実績で打ち出す、新たなカイテキとは。
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

口コミや評判だけでは伝わらない中小企業社長の物語

新聞奨学生で築いた営業パワー。

大学時代は、新聞社の奨学金制度を利用していました。

これを「新聞奨学生」と言うのですが、朝夕の新聞配達や集金、新規営業などの業務を行う代わりに、新聞社が大学の学費を全額肩代わりしてくれ、実績に応じた給料まで頂くことができるんです。

 

朝は早朝の3時くらいから、夕方は大学が終わってから配達を始め、配達後は、最低1日1件という新規ノルマを達成するため、飛び込み営業も当たり前。

中には、新聞代を踏み倒そうとする客もいましたから、厳しい状況の中でいかに効率よく成果を上げるかを学生ながらに考えていました。

おかげで営業のやり方や仕事に対する根性を身につけることができましたね。

証券会社に入社して1年目に支店の売上げトップとなり、社長賞も何度も頂いたのも、製薬会社のMRや、体育会系の不動産会社などへ転職し、成果を上げられたのも、新聞奨学生時代の経験があったからこそだと思います。

 

ただ、休みは月3日、深夜2時に所沢の自宅へ帰宅して、食事をしたらまた出社するというハードな生活を続けてきていましたから、29歳くらいから体力的な衰えを実感するようになったんです。

結婚し、子どもができたこともあり、故郷であり現在の活動拠点である名古屋へ戻り、マンションやビルの補修や塗装、防水などを行う大規模修繕工事会社に入社。

生涯を捧げる事になる仕事と出会ったのです。

20年以上の経験と実績で

私たちが20年以上に渡って培ってきた大規模修繕工事の経験を通じて、お客様の快適と感動を支援し、満足を感じて頂きたい。

「カイテキ産業株式会社」は、そんな思いで5年前に設立した会社です。

 

マンションやビルといった建物は、建築から10〜15年程すると改修工事が必要になります。

私たちは、20年以上の経験を持ったスタッフが建物診断を行い、ご予算にあわせてどのような工事をすべきかを的確にご提案させていただいております。

他社ではまず取り扱う事のない遮断熱防水塗料を取り扱っていることも、弊社ならではの強みですね。

 

また、大規模修繕事業と同時に設立したのが、訪問介護事業です。

「なぜ訪問介護なの?」とよく聞かれるのですが、介護は日本社会に不可欠な分野。

皆様がカイテキになり、最高の笑顔になっていただくためには、ハードの整備のみならず、ソフトの充実も必要だと考えました。

室内のバリアフリーや手摺取り付け等の工事において、私たちの知識や経験を役立てることもできますから、私と社員がヘルパーの資格を取得することで、プラスの効果を波及できると思いましたね。

 

9月には、新事業として「ナノ化粧品」という化粧品事業もスタートします。

弊社では特殊塗料の販売も行っており、その開発を通じて培われてきた、分子を非常に細かくする技術を、化粧水、フェイスクリーム、ボディークリームに応用。

お肌への浸透率が非常に高い基礎化粧品を実現しました。

主成分は、日本古来の椿油。潤い、ツヤ、保湿という3つの効果を発揮します。

開発から1年、ようやく製品化にこぎつけることができました。

今は、新たなカイテキと笑顔を女性の皆様にもお届けできる喜びでいっぱいですね。

カイテキと笑顔を世界中に届けたい。

今後は、従業員規模は維持しつつ、主軸事業である大規模修繕の売上げを増やしていきたいです。

特殊塗料販売に関しては、中国、インドネシア、ベトナムといったアジアを中心に、海外にも事業展開をしていく予定です。

私たちが取り扱っている「断熱遮熱防水塗料」を世界に広める事は、CO2を削減し、地球環境を守る事にもつながります。

まずは、東京以上にアツい市場である東南アジアを皮切りに、地球規模でカイテキにしていけたらと思いますね。

 

弊社の事業は、一見するとバラバラに見えるかもしれません。

でも、その根底は「皆様にカイテキと笑顔をお届けしたい」という思いでつながっておりどれも長年に渡る大規模修繕事業から派生しているものばかりです。

これからもより多くの方々にカイテキをお届けできるよう、私たちの経験と実績を活かしていけたらと思っています。

住所や電話番号、採用・求人などの詳細情報はこちら↓

カイテキ産業株式会社

http://www.kaitekisangyou.jp/

この経営者とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる