株式会社デザインワークス

棟久直人

教材が社内で完結する人材教育を実現

世界に一つだけのオリジナル商材活用し研修の内製化を
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、社内研修教材を制作・販売する株式会社デザインワークスの営業部長・棟久氏にお話を伺います。同社のサービスである「ジョブトレシステム」のお得なメリットや、今後のビジョンについて語っていただきました。

株式会社デザインワークス 営業部長 棟久直人氏のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9  %e3%83%ad%e3%82%b4

業種別研修教材(250業種)


–まずは、株式会社デザインワークスの事業内容をお聞かせください。

棟久氏:弊社は、人材育成に特化した教材を制作・販売する会社です。おもにアルバイトやパート従業員向けなどの非正規雇用者に対して行う社内研修で活用する教材「JOBトレシステム」を扱っています。

–ありがとうございます。続いて「ジョブトレシステム」についてさらに詳しく教えていただけますか。

棟久氏:はい。一般的な人材育成研修は、外部の講師を招いたり、外部へ出向き研修を受けたりしなければならず、何らかの都合で研修へ行けなくなればその分費用もかかりますし、そもそもその日程を抑えるのにも工数がかかります。

しかし、弊社の「JOBトレシステム」であれば、自社内で手軽に本格的な研修ができ、さらに大幅な費用軽減ができます。

その上、研修教材は250業種以上とあらゆる業種や職種に特化しているため、お客様の様々な要望に対応したオーダーメイドの教材制作が可能です。教材自体も漫画を交えた「楽しく学べる」ような設計も可能ですので、吸収率も高くなります。

社員への研修は聞くものの、非正規雇用者に対しての研修はそう多くは聞かないですよね。それをもっとわかりやすく自社内で行えるような形にするのがJOBトレシステムです。

–たしかに、多くの企業では正社員の方と比べてアルバイトやパートの方への研修が少ないように感じます。

棟久氏:もちろんアルバイトやパートの方への研修がまったくないということではありませんが、ただどうしても現場での指導が多くなってしまうんです。そこを改善し現場で教えるだけでなく、座学を交えて論理的な説明ができれば、受ける側も納得ができ、理解力も変わる。

また、人を雇っても上手に業務内容を教えることができず、新人スタッフがミスを起こしてしまい、面白くないからと辞めてしまうこともあります。そうすると新たに人材を採用しなければならず、再びコストがかかってしまいますが、研修教材を作れば、新人スタッフの理解力が促進し、離職率の低下と募集コストを減らすことにもつながるんです。最近だと、いわゆる「バイトテロ」を警戒してご契約いただけるお客様も多いですね。

–実際にジョブトレシステムを利用するお客様はどういった業界の方が多いのでしょうか。

棟久氏:飲食業界や美容業界、小売店などが多いですね。また250という様々な業種の中の様々な職種に対してもご利用いただける教材を作ることができます。

例えば美容師と一言でいっても、美容師のアシスタントもいれば、スタイリストもいますし、経理だけをやっている方もいらっしゃいます。いろいろなパターンがある中で、ジョブトレシステムはそのすべてのパターンに対応できる形になっています。

–業界他社と比べた時の御社の強みを教えてください。

棟久氏:強みとしては大きく2つあります。

まず1つは、教材作成に関わる莫大なデータを保有している点です。一般的には教材を作成するとなると半年ほど期間がかかりますが、弊社のお任せプランであれば、最短で1カ月の期間で制作ができます。また一から教材を作る手間がないので、最安20万円というお手頃な価格でご提供できる点もこのサービスの特徴だと思います。

もう1つ強みは助成金の活用ができる点です。人材の育成には時間も費用もかかりますが、弊社のジョブトレシステムは、人材開発支援助成金とキャリアアップ助成金の二つに対応しているため、導入することで助成金の支給を受けることができます。

それぞれご説明いたしますと、人材開発支援助成金は、社内の研修訓練に対し厚生労働省にカリキュラムを提出して助成金を申請するもの。

キャリアアップ助成金の正社員化コースは、訓練後に正社員になることで受給できる助成金です。

人材開発支援助成金とキャリアアップ助成金を合わせると100万円前後の助成金受給が可能です。

これらの助成金に関して取扱いができるのは、社会保険労務士さんですので、企業の顧問である社労士さんと打ち合わせをしていただき、それに対して弊社はカリキュラム内容を提案いたします。

国の助成金を賢く使って人材育成を


–棟久様がデザインワークスに入社された経緯を教えてください。

棟久氏:入社の理由としましては、やはり商材内容が他にはない素晴らしいものだと思ったからです。実際に営業で販売しますと、人材が育成でき、助成金が活用できると、お客様からは喜んでいただくことが多いんです。

また助成金は企業を元気にするための国の施策ですが、経営者の方でも助成金制度を知らない方はたくさんいらっしゃるんですね。制度について知ってても、「助成金の申請に手間がかかる、面倒だ。」とイメージを持たれる方もいます。

そういったところを含めてすべて説明をさせていただき、今後もジョブトレシステムをうまく活用していただければと思いますね。

–お客様からはどういったお声をいただきますか。

棟久氏:講師役をつとめる先輩社員には、講師用の教材もセットで販売しているのですが、その講師用の教材に対して「初めての講師でも教えやすい」とのお声をいただきます。

そのほかにも「社内でのコミュニケーションが取りやすくなった」「分からないことを誰にでも聞ける雰囲気になった」といったご好評もいただいております。お客様に喜んでもらえることは本当に嬉しいです。

正社員になりやすい社会に変えたい!


–今後の目標について教えてください。

棟久氏:ジョブトレシステムを活用していただくことで、アルバイトやパートの方の意識を向上させることができれば、当然動きも組織力も変わってくると思います。そこを少しでもお手伝いできればと考えています。

–社会的にどのような会社にしていきたいとお考えでしょうか。

棟久氏:社会を変えたいと思っています。今、責任が重くなるのは嫌だと、あえて正社員にならず非正規雇用を選ぶ方が増えているんです。

しかし、これから日本の人口がだんだん減って行く中で、年金をはじめ様々な問題に対し、それぞれが稼いで税金を納めないと、国は回らなくなるのではないでしょうか。

そのためにも、正社員になっていくのは必要なことだと思います。ジョブトレシステムを通して、正社員になりにくくなっている世の中を変えていくことができればと思います。

–ありがとうございます。では最後に、読者の方にメッセージをお願いします。

棟久氏:経営者様におかれましては、従業員の人材育成に関心がありながらも、なかなかできていないのが実情だと思います。

アルバイトやパート従業員に限らず、正社員の方でも弊社の研修教材を使って知識や理論を身につけることができますので、人材を育てていきたいと思われている企業様がいらっしゃれば、お気軽にお声掛けください。

執筆=山田
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社デザインワークス

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる