株式会社フライト

嶋村卓亮

日本人に最適な英語学習・フィリピン式英会話スクール

英語学習で可能性を広げ、ひとりひとりの人生を豊かに
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、BtoBとBtoC両方に向けたフィリピン式英語学習サービスを提供する株式会社PHLightの嶋村氏にお話を伺いました。英語学習を通して可能性を広げ、豊かな人生を送ってほしいという想いのもと展開する同社の事業について語っていただきます。

株式会社PHLight 代表取締役社長 嶋村卓亮氏のONLYSTORY

 img 0188

BtoB・BtoC両方に向けた英語教育


株式会社PHLightの事業内容を教えてください。

嶋村氏:弊社は英語教育事業、インバウンド事業、編集プロダクション事業の大きく3つを柱に事業を展開します。今回はその中でもBtoBとBtoCそれぞれに向けて行うフィリピン式の英語教育事業についてお話させていただきます。

–ありがとうございます。まずはBtoB向けの英語教育サービスについて教えてください。

嶋村氏:はい。BtoB向けでは、一般企業や自治体に対するビジネス英語研修、学校・塾に対する英語プログラムの提供を行います。

前者の英語研修については、電話での英会話や英語でのプレゼンの仕方など業務に必要な英語を学ぶこともできますし、TOEICなどテスト対策をすることも可能です。また、外国人の取引先の方と食事に行くときにどういった英語が必要かなど、シチュエーション別にレッスンをすることもできます。

研修の形としては、講師を企業に派遣するかたちと、株式会社フライトの学校に来ていただくかたちの2パターンがあります。

–続いて、BtoC向けの英語教育サービスについて教えていただけますか。

嶋村氏:BtoCについてはサービスが2種類あります。まず1つは、プロのフィリピン人講師がマンツーマンでオーダーメイドのカリキュラムにそって英会話を行う「PHLight英会話スクール」です。

もう1つは高校生をターゲットにしたサービスで、115万部のベストセラー英語教材など,30冊以上の信頼できる著作を持つ米山先生が直接英語を教える「米山達郎英語塾」です。こちらでは、一生モノの絶対英語力と自律学習力を身につけることができます。

‒御社ならではの英語教育サービスの強みはどにあるとお考えですか。

嶋村氏:やはりフィリピン式の英語学習サービスを展開するところですね。

フィリピン式の英語学習の最大の特徴は、いわゆるネイティブ講師ではなく、第二言語として自身も英語を身につけてきたESL(English as second Language)講師が英語の指導を行う点にあります。

自分も英語の学び手だったからこそ、以前の自分と同じ学習者が、どこで躓くのか、なぜ分からないのかが理解でき、その上でしっかりとフォローすることができる。そこがネイティブスピーカーが指導する英語学習との大きな違いです。つまり、ESL講師は指導力と共感力があります。

また、フィリピン人の国民性として、ホスピタリティやコミュニケーション能力が高いんですね。そういった部分でも、フィリピン人講師はシャイな日本人にはよく合っていると思います。

その他、フィリピン式英語学習の特徴としては、マンツーマンでたっぷりと話す「トレーニング」型のレッスンである点や、知識をインプットするタイプのカリキュラムではなく、実践的なシチュエーション・ベースドのカリキュラムになっている点もあります。これらの特徴があるので、「楽しく続けられ」「実践的で使える英語が身につく」と考えています。

‒嶋村様が事業を進めるにあたってやりがいを感じるのはどのような時ですか。

嶋村氏:当社は「OPEN YOUR EYES」をValueに掲げています。その人にとっての新しい気づき・楽しい学びは、その人の視野を広げ、人生を豊かにすると考えているからです。

プロの外国人講師とレッスンを行うことで、多面的視野、主体性、自己肯定感などを高め、その人の可能性を広げる。ここに、企業の存在価値、やりがいがあると感じています。

受講者の方が単によい点数がとれるようになるだけではなく、英語ができるようになり、選択肢が増えたり、新しい視野を得られるようになる。そうやって人生が豊かになることに貢献できるというのが、この仕事の喜びですね。

ちなみに、私個人の仕事は経営ですので、顧客・社員・会社の三方良しの状態をつくっていくことが大切です。お客様に社員一丸で貢献する、社員自身もそこに喜びや成長がある、そして結果として利益があがる。この健全な状態をずっと作り続けることが、私にとってのもうひとつのやりがいです。

より楽しく英語を学ぶ機会を作りたい!


–起業のきっかけについて教えてください。

嶋村氏:私は新卒で大手教育系企業に入社し、8年間英語の教材やオンラインの英会話サービスに携わっていました。そこでは「如何に短時間で効率よくテストで点数をとれるようになるか」に重点をが置かれていました。

ただ次第に私は「勉強をやりたくない人にちょっとで良いから暗記しなさい」というのは有効ではないと感じるようになりました。「英語を楽しみながら学べるような教育を提供し、英語学習を通して人生の可能性を広げるようなサービスを作りたい」と考えるようになったのです。

そのような考えを持ち始めたころに、マニラへの出張があり、フィリピン人が子供たちに英語を教える姿を目にしました。フィリピンの講師たちはみんな教えるのがとても上手くて、英語に興味がなかった子供もとても楽しそうに授業を受けていたのです。

それを見たときに「押しつけるような教育ではなく、自発的に楽しく学べる機会を作りたい」という気持ちが一層大きくなったんですね。そこからフィリピン式の英語学習を確立させたいと考え、この事業を立ち上げました。

心も言語もグローバルになる取り組みを


–今後の目標について教えてください。

嶋村氏:より多くの人に楽しく英語を学ぶ機会を与えられる取り組みをしていきたいですね。英語学習を通して、心も言語もグローバルな広がりを持つことで、その人の人生が豊かになる。その先に、日本全体がより豊かになるだろうという期待もしています。

また外国から日本にくる人たちにとっても、国内に心と言語がグローバルになっている人が増えることでより住みやすい国になります。株式会社PHLightはそのサポートも行っていきたいですね。

‒今、社外に向けた目標・展望を教えていただきましたが、社内に向けた目標は何かありますか。

嶋村氏:社内に関しても手段は同じで、事業を拡大することで、多くのフィリピン人講師に日本で活躍するチャンスを与えたいと思っています。

日本人に最適な英語学習を提供できる優秀なフィリピン人はたくさんいるのに、彼らがまだ日本に来られていないというのはとてももったいない。だからこそ、彼らが日本で活躍できるチャンスをたくさん作って、その経験でより豊かな人生を送ってもらえるようにしたいと考えています。

会社としては、顧客満足度〇以上、従業員満足度〇以上、3年で〇億円売上、という具体目標を常に全員で共有し、三方良しの状態を保ち続けることが目標になっています。

‒ありがとうございます。最後に、読者にメッセージをお願いします。

嶋村氏:ご一読いただきありがとうございました。少しでも事業に共感いただけた方、何かご一緒できることがあればぜひお声がけください。

執筆=スケルトンワークス
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

会社名:株式会社フライト|PHLight Inc.
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-3-7 隅越ビル6階

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる