永続経営サポート事務所

小林弘始

オリジナル研修が企業を爆発的に成長させる

労使の意思疎通を図る大胆な改革で組織活性化実現
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、人事戦略で人と企業を爆発的に成長させる永続経営サポート事務所代表の小林氏です。人事制度改革によって会社がどう変わるのか、オリジナルの研修とは、夢実現コーチとは何か、などについてお聞きしました。


【経歴】

神奈川県出身、高校卒業後製造業に約10年従事し、その後フランチャイズ展開している食品会社2社にて生産体制や店舗運営を経験。ブランディング会社にてショッピングモールでの現場責任者として売上、作業量、事業展開に合わせた人員配置、人材育成などを一貫して担う。

そして、明治神宮を始め大手企業をクライアントに持ち、国から表彰されているグループ会社会長に新規事業のマネージャーを任され、3週間で3,000万円の売上実績をあげる。現在は、永続経営サポート事務所の代表。従業員数約100名の企業にて、人事部、経営戦略部、財務管理部の責任者。グループ8社連結4000人の大手上場企業の子会社(大企業向けコールセンター事業)の顧問を兼務。

永続経営サポート事務所 代表 小林弘始氏のONLY STORY

離職率20%削減、売上8千万増などの実績


–永続経営サポート事務所の業務内容からお伺いしたいと思います。

小林氏:はい。当所は人事制度改革や夢実現コーチ、目標達成コーチなどによって、人と企業を爆発的に成長させる人事戦略を提供しています。

–まず、人事制度改革はどのように進めるのか教えてください。

小林氏:組織開発から、チーム作り、組織活性化、育成、評価まで行います。はじめに人を選定して部署を作り、次に部署の中にチームを作ります。チームは、企業の特徴を見極め、その企業に合ったもの、やりたいものを一緒に考えて作っています。

組織の活性化のためには、従業員個々の特徴を生かしながら、働きやすさの模索や、生産性向上の追求をします。過度な目標設定をしないことも大切ですね。

–育成や評価についてはどのような方針でしょうか。

小林氏:育成については、人は個性も能力も異なり、また部署ごとでも課題が違うので、それぞれに合わせたテキストを作成しています。ひとりひとりの理解度に合わせて、フォロー研修も実施します。

評価においては、いわゆる人事評価システムではなくて、会社や部署、チームの成長段階に合ったオリジナルの評価項目、評価シートを作成します。

–御社の強みはどういうところにあるのでしょうか。

小林氏:第一に、オリジナルであることが挙げられますね。型にはまらず会社や人に合わせて研修テキストや評価項目、評価シートなどを作ります。その成果は、離職率を1年で20%削減、採用コストを80%削減、売上を6か月で8,000万円増加、などの実績に表れています。

もちろん、これらは私ひとりで出来ることではなく、社内に協力してくれる方が多くいることが原動力になっているからだと思いますが、そうした態勢を作り上げる点については自信を持っていますね。

–続いて、夢実現コーチとは何か、お聞かせください。

小林氏:簡単に言えばエグゼクティブコーチングですが、あえて「夢実現」としたのは、売上や利益だけに特化するのではなく、「経営者が本当にやりたいことを実現するサポート」という意味を込めているからです。私は経営者がやりたいことをサポートしたいと思って真摯に経営者と向き合っています。また経営者だけでなく社員向けのコーチングも行っています。

–人事制度改革やコーチングを実際に導入したお客さまの声はどうでしょうか。

小林氏:とある経営者からは、「自分の気づかなかったことが見えるようになって、お願いした甲斐があった」と言っていただきました。またつい最近、仕事がつまらなかったという経営者の方から「今は楽しい」と言っていただけたんです。これは本当に嬉しかったですね。

不満や苦労があってもなかなか社長や上司に直接は言えないものですし、経営者も従業員には相談できない部分があります。私が入ることで相互の考えを知ることが出来て、労使間の認識のすれ違いも解消し、双方から感謝の言葉をかけてもらえます。こうした言葉は何より嬉しいものです。

「感情ベースの熱い研修」が効果生む


–今までの中で、特に印象に残っている案件を教えてください。

小林氏:人のトラブル、賃金や人事制度、教育体制など多くの問題を、複数の事業所や部署で抱えていた会社がありました。当然ながら仕事の面白味や目標、チームワークなんてない状態でした。

そんな中で、私と一緒に頑張ろうって言ってくれた従業員が2人ほどいらっしゃり、1年半一緒に、多くの事業所を回り、レベルに合わせたテキストを作り研修を続けたことで、成長の兆しが見られるようになったんです。

それに加え、就業規則や手当の項目、基準、金額などを見直し、テレワークの型まで作って、働き方も変えるなど大胆な改革も実施しました。そうして社内が整ったことで、元は50人ほどの中小企業だったんですが、今では100人規模にまで成長しています。

–その過程では苦労もあったと思いますが、いかがですか。

小林氏:やはり研修に臨む真剣度や理解力には差があるので、異なるレベルで一緒の研修は難しく、人によっては回数を重ねる必要もありました。しかし、各人に合わせたオリジナル研修やチームミーティングを続けた結果、繁忙期に毎日ミスが出ていた部署のミスがゼロになりました。

人事基軸の制度作りが企業の成長につながる


–今後の展望をお聞かせください。

小林氏:人事支援のコンサルタントとして、爆発的に人と企業を動かせる会社の支援を、2年以内にもう1社手掛けたいと思っています。現在、2000人規模の会社の話も出ています。3年以内であればさらにもう1社、数百人クラスの中堅企業も手掛けたいと思います。

そのためには、会社、経営者、社員ひとりひとりに全力で向き合う努力を、今後も変わらずに続けることが必要だと考えています。

また、10年後には10万人規模の会社、3000人の管理職に人事コンサルとして、楽しみながら携わりたいと思っていますが、それにはさらに研修の柔軟性や手法などに工夫を加えて、研修効果を上げる必要がありますね。

–その先の将来、社会にとってどんな存在でありたいと考えているでしょう。

小林氏:働き方改革、ワークライフバランス、出生率の低下、GDPの下落など、今、日本にとって多くの課題が露呈しています。その諸課題を解決しGDPが上昇して、国全体が発展するには、人の成長、企業の成長がキーワードになると考えています。

私は人にフォーカスし、人事に基軸を置くところで企業の成長に寄与しながら、多くの人の働き方、ライフスタイルの改善が出来る制度作りに取り組んでいきたいと思っています。

–ありがとうございます。最後に、読者へのメッセージをお願いします。

小林氏:人に関する問題は、組織の在り方をはじめ採用、教育、育成、評価など多岐に渡って数多くあると思います。そのような人に関する問題や悩みをお持ちであれば、ぜひ声をかけてほしいと思います。私と力を合わせて解決し、経営者さまの夢を一緒に実現しましょう。

執筆=増田
校正=6483works

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:永続経営サポート事務所

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる