株式会社コーデュケーション

石川 英明

組織コンサルティングで、楽しく働ける企業を増やす

組織づくりに悩む経営者を総合サポート
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、企業向けに組織コンサルティングを提供する株式会社コーデュケーションの石川氏にお話を伺います。展開する事業内容はもちろん、企業の経緯や今後のビジョンについても語っていただきました。

株式会社コーデュケーション 代表取締役 石川英明氏のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%a5%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3 %e7%a4%be%e9%95%b7%e7%94%bb%e5%83%8f

【経歴】

中央大学を卒業後、アクセンチュア株式会社に入社。製造流通本部にて、大企業のコンサルティング業務に携わる。ヒューマンパフォーマンスグループに異動し、人・組織を対象としたコンサルティング業務に関わる。人材紹介企業に転職し、ビジネスパーソンのキャリア構築の支援を行う。この頃より、コーチング、カウンセリング等について学び始め、心理学や、リーダーシップ論などへの知見を深める。株式会社ヒューマンバリューに転職し、人材開発・組織開発について探求し続ける。大企業の組織変革の支援に従事しながら、「学習する組織」「U理論」「ユング心理学」「自己組織化」「ポジティブ心理学」「ホールシステムアプローチ」などの学習を続け、探求し続ける。2008年に独立後、大企業向けの管理職研修やロジカルシンキング研修などを提供し、また中小企業向けの組織全体を活性化させる組織コンサルティングを提供。傍ら、学生に向けた就活塾事業も展開。現在は、組織規模が10名~100名程度の企業に向けた総合的な組織コンサルティングを提供している。ビジョン策定、ビジョン共有支援、人事評価制度策定、管理職育成、全社チームワーク向上など、組織力向上に必要な施策を提供している。

6つの観点で効果的な組織づくりを支援


–まずは、株式会社コーデュケーションの事業内容をお聞かせください。

石川氏:弊社は、企業の組織全体の活性化を支援する組織コンサルティング会社です。

具体的には、「やりがいを持ってイキイキと働いて欲しい」「幸せでいて欲しい」という社員への想いがある企業の経営者の方をサポートしています。

–どのような手法を用いてコンサルティングを行うのでしょうか。

石川氏:組織づくりには、会社のビジョンや人に対する価値観など、すべての施策が総合的に一貫していることがとても大切です。スピード感を持った人材を採用したのに、評価制度では慎重に丁寧にやる人を評価していたらおかしいですよね。

そのため、組織づくりの6つの観点である①ビジョンの共有 ②部署間の連携 ③部署内のチームワーク ④個人の意識・スキル ⑤採用 ⑥評価制度 をトータルで考えて施策を行うことで、効果的な組織づくりを進めていきます。

この6つの切り口の優先度は会社の状況によって変わるため、ヒアリングを中心に、場合によってはアンケートなどを行って組織の状態をできる限り把握させていただいてから、その企業にあった進め方で進めていくように、柔軟に対応しています。

実際には、チームワークを高めるためのワークショップを行ったり、ビジョンをみんなで作ることをしたり、評価制度を刷新するプロジェクトをお手伝いしたり・・・ということをしています。

–御社の強みや特徴を教えてください。

石川氏:組織マネジメントをする上で、経営者の想いや考え方による影響力は、会社の規模を問わずとても大きいんですね。そのため、まずは経営者の方の想いを大切にすることから始めています。

どのような未来像を描いているのか、事業のビジョン(事業ドメインや、売上規模など)と、組織のビジョン(会社の文化や、社員の状態など)の大きく二つの観点からお聞きしていきます。

また、私たちは答えを与えるのではなく、皆さんで考えていただくことが大事だと考えているため、コーチングやファシリテーションの技術を用いて、考えるプロセスをスムーズに進められるようなお手伝いしています。

会議やワークショップなどで直接的に支援する際は、話し合いが混乱しないようロジカルに整理をしながらサポートいたしますので、「自分たちで会議をするよりもすっきりとスムーズに進む」とおっしゃっていただくことは多いですね。

–他に、お客様からどのような声をいただくことが多いですか。

石川氏:これまで支援実績は50社以上、各社基本的に6ヶ月以上はご支援を継続をしており、顧客企業様からは「離職率が低下した」「幹部が成長した」「全体の一体感が増した」「組織が活性化した」「こういう職場にしたかった」とご満足いただいております。

–事業を運営する上で、大切にしている想いはありますか。

石川氏:「働くことがもっとポジティブな社会にしたい」という私の想いに共鳴してくださる経営者の方とのご縁に感謝をし、私自身深いやりがいを感じながら全力を尽くしてご支援をしていきたいと思っています。

独立して気づいた経営者の本当の気持ち


–起業した経緯について教えてください。

石川氏:自分で事業をやってみたかった、というのが正直な気持ちです。

独立して初めて気づいたことは、当たり前ですが、売上が立たないと給料がないこと。理屈としては分かっていても、会社員の立場からでは実感としてはなかなか分からないところだと思います。

創業当初の経営者が抱える「いつ倒産してもおかしくない」という怖さを本当の意味で実感したおかげで、経営者の方と同じ感覚でお話ができるようになったのは、私の大きな財産です。

–1番印象に残っている案件はありますか。

石川氏:「一番」というのはなかなか難しいのですが、企業によって皆さんの個性や背景、キャリアが違うため、同じようなフレームを持ってきても組織づくりは上手くはいかないんですよね。今でこそバリエーションは豊富にありますが、昔は1~2パターンほどしか持っていませんでした。

例えば相互理解を深めるためにプライベートな趣味を話してもらうワークでも、ある企業ではそれを行うことで会社の雰囲気が良くなったことがあったのですが、ある企業では「プライベートな話はしたくない」と雰囲気を悪くしてしまったことがありました。

話し合うテーマ設定や順番をしっかりと考慮することで、段々と場が温まっていったり、心理的な安全性が高まっていったりすることを、失敗を通じてお客様から学ばせていただきましたね。

どの案件であっても大切なものなのですが、印象に残っている「場面」はあって、やはりイマイチ連携がうまく取れていなかったような組織が、対話を重ねて、自分たちでどうありたいか、そのためにどうしていけばいいかがどんどん見えてきて、実際に行動して、組織が変わっていった、というような場面をご一緒できると、本当に感動します。

「この仕事をやっていてよかった」と何度でも思いますね。

大人が楽しく働ける社会を目指す


–今後の目標を教えてください。

石川氏:引き続き継続して企業の組織コンサルティングを行っていくことが1つ。もう1つは、2020年から組織開発に関する勉強会を始めることです。

経営者の方や、同じファシリテーションを行っている同業者の方たちにもお越しいただき、「大人が楽しく働ける社会」という想いを共有できる人たちと学び合い、実践できる基地の1つにしていきたいと考えています。

–社会にどういった影響を与えていきたいでしょうか。

石川氏:「働く人」と「生活する人・買う人」は、同じ1人の人間の別の側面です。ワーク・ライフ・バランスという言葉があるように、人間が幸せであるには、労働者としても生活者としても満足度の高い個人をより多く生み出していくことで、日本社会をより良くしていけると思っています。

また、社員を一人の人間として大切にされている経営者様とのご縁を大切にして、「生活者としても労働者としても素晴らしい会社」を増やすことで社会に貢献し、その喜びを経営者の方と共にしたいと思っています。

–ありがとうございます。では最後に、メッセージをお願いします。

石川氏:多くの経営者の方が「利益を出すのは当然の義務」と市場の中で戦いながらも、一方で「社員にやりがいを持って充実を感じて過ごしてほしい」と思って悩まれていることを、この仕事を10年ほどする中で痛感しています。

「どうしたら質の高い会社にできるのだろうか」と日々考えていらっしゃる経営者の方に、ぜひ一度お会いできれば幸いです。

また、学生の方には、これからの時代は会社に依存しなくてもプロ意識が高い人は楽しめる時代になってくると伝えたいですね。それと同時に、組織に所属しているからこそ得られる恩恵を意識できれば、良いキャリアを築いていけるのではないでしょうか。

執筆=山田
校正=米山

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓


会社名:株式会社コーデュケーション

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる