TERRY's WAY株式会社

池田 和弘

節税のためのコンサル・ソリューション提供

資産の保全・運用のための商品を提案
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、富裕層や高所得層をターゲットに、ワンランク上のライフスタイルを提案するTERRY’s WAY株式会社です。代表取締役社長の池田和弘氏に、個人と法人で異なる合法的な節税についてや今後のビジョンについて伺いました。

TERRY’s WAY株式会社 代表取締役 池田和弘氏のONLY STORY

Terry s way%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be %e3%83%ad%e3%82%b4

富裕層へワンランク上のライフスタイル提案


–TERRY’s WAY株式会社のサービス内容からお尋ねします。

池田氏:弊社は富裕層や高所得者層向けにワンランク上のライフスタイルを提案しています。具体的には、BtoBでは法人税、BtoCでは所得税・相続税の軽減・節税できるコンサルティングサービス・ソリューション提供が主力サービスになります。

また時節柄、先行きの不安から法人、個人ともに内部留保を高めたいという動きがあるので、資産の保全や運用にもつながる商品を合わせて提案しています。

–節税や資産運用のコンサルティングがメインというところでしょうか。

池田氏:そうですね、一番わかりやすい節税の話からすると、節税のつもりで内部留保を少なくしている人が多く、例えば法人用の節税保険を間違って使うと、キャッシュアウトが多くなってしまうことがあるんですね。これでは適切な節税とは言えません。

弊社の顧客には自分で創業したオーナー経営者が多いのですが、業績が伸びてくると節税したいというニーズが生まれます。ただ、会社が成長すると財務担当ができて公認会計士が入るなどで、これまで経費としてあげていた領収書が通りにくくなったりと・・・。もちろん、そうやって通らなくなったものは、元々私的利用と誤認されるような不適切なものだったりするわけですが、これまで経費で支払っていたものを、個人としての出費に切り替えていくと、今の役員報酬では足りず、結局個人のキャッシュフローが悪化するという経営者は珍しくないんです。もし、個人で何か投資しようとした時に貯金がない!なんてことも。笑

一方で会社も、役員報酬をしっかりと払えば、利益は個人に移ります。しかし、そのままでは所得税だけが高くなり、今度は経営者ご本人の税金問題が生じてくるわけです。ただ、そこでしっかりと個人の対策を行えば、税金を抑えることが可能で、結果として法人・個人の減税に繋がるわけです。しかも、個人の資産形成にも繋がりますので、経営者にとっては一石二鳥です!
例えば、5000万円の役員報酬をもらう人は2000万円近くの税金を天引きされていますが、当社がコンサルティングをして、1000万円強が戻ってきた!なんてことはよくありますよ。笑

もちろん、全てを専門家である税理士や会計士らとも連携しながら行い、適切な税務処理の中で、個人と法人を守るのが弊社の使命です。

–先ほど、資産の保全や運用にもつながる商品を提供されていると伺いましたが、どのような商品を提供されていますか。

池田氏:コンテナ・コインパーキング・LEDなどのレンタル事業案件や事業委託スキーム案件などですね。ここでは詳しく説明すると長くなるので、詳細は割愛しますが、いずれも事業という形で行なってもらい、結果として、そこに減価償却や人件費などの経費が発生するので、PL上の短期的なマイナスが生まれ、損金が取れるという形です。もちろん、しっかりと利回りが生まれる仕組みができているものばかりです。

–競合する他社と比べて、御社の強みは何でしょうか。

池田氏:何と言っても、弊社の強みは多様性と柔軟性です。税金と言っても所得税、法人税、相続税、贈与税など色々でそれぞれに対して提案は変わってきます。しかも、税法はよくルール変更がされます。その辺も柔軟に対応しています。加えて、弊社は国際税務に長けた会計事務所や国税・財務省出身の専門家などもパートナーでいるので、様々な税務・財務の視点から見たアドバイスができることも特徴ですね。もちろん、税務調査対応・アドバイスなども可能です。

「乗っ取る勢い」でTERRY’s WAYへ


–TERRY’s WAYの代表取締役になった経緯をお聞かせください。

池田氏:元々は大手広告企業の営業マンとして、弊社の以前の事業であるメロンパンの移動販売のフランチャイズ事業をお手伝いしていました。同社を退社して起業した後も、フランチャイズ事業のコンサルティングをしていたんですが、10年ほど前にシンガポールに設立する会計サービスの事業の立ち上げを手伝うことになり、その後正式にTERRY’s WAYの役員になりました。

–もともと独立志向があったのでしょうか。

池田氏:そうですね、大学時代に知人と家庭教師の派遣事業を3年ほど経営していましたが、辞めることになり、独立するための社会経験を積もうと、広告企業に入社したほどなので。

そこでの担当がフランチャイズや代理店を募集する媒体だったので、そこで得たノウハウを使ってフランチャイズ本部や代理店本部向けのコンサルティング、営業代行をする会社を立ち上げました。

–金融、会計という畑違いのTERRY’s WAYに入ったのはなぜでしょうか。

池田氏:弊社の顧客は多くは年収3000万〜5000万以上の人たちばかりで、そうした富裕層にアプローチできる事業に魅力を感じたからです。業界としての面白さは感じていたので、畑違いではあっても挑戦しようと思いました。

それに広告企業時代から大変お世話になっていた弊社の伊藤オーナーに誘われたことも大きいですね。役員として入ると決めた時にも、伊藤オーナーには「会社を乗っ取ります!」と宣言し、実際にそのくらいの気持ちで今日まできましたね。

AIがアドバイスする情報PF構築を


–今後の目標をお聞かせください。

池田氏:経営理念である「ワンランク上のライフスタイルを提案する情報企業」の実現です。弊社のサービスはお金に関することがメインですが、ワンランク上のライフスタイルを送るためには、健康や趣味などで生活を豊かにすることも大切です。

今後は富裕層は美容や健康に興味を持つ人も多く、旅行や趣味に多くの費用をかけるので、その領域にも事業進出を果たしたいと考えています。

まずは手始めに、健康・美容の領域では数少ない許認可を持つクリニックをパートナーとして、最先端医療の幹細胞治療を提案したいと考えています。趣味の領域に関しても、資産防衛を兼ねたアンティークコインを日本のアンティークコインのパイオニアと言われる方と提携することが出来ましたので、今後積極的に提案していきたいと思います

–では、10年以上先の長期展望をお伺いします。

池田氏:弊社が最終的に目指したいのは、富裕層がわざわざ問い合わせなくても、「現状はこうだから、〇〇をすべきです」と、AIアプリを使ってアドバイスできる情報プラットフォームの構築です。現在は人為的に行われているものが、フルオートメーションでできるようになるイメージですね。「税金が高いなあ」とつぶやいたら、「こうしたらいいですよ」と答えてくれるなんて面白いと思いませんか。

–最後に、読者へのメッセージをお願いします。

池田氏:今の時代、年金然り、今回の緊急支援然り、国からの支援が限られています。不測の事態に際して生き残れるか否かは自分次第。従って、ムダな支出を削減して、財務的に強くなくてはなることが生存戦略と言えるでしょう。

知っているか知らないかで、法人の財務状況、個人の預貯金は大きく変わってしまいます。そうしたソリューションや提案を弊社は顧問料、相談料なしで提供しており、お客さまのニーズがあったときにだけ手数料をいただくことになっていますので、お困りの方はぜひご連絡ください。

執筆=増田
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:TERRY’s WAY株式会社

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる