ふれあい総研株式会社

才木浩子

日本の若者よ、中国でチャンスを掴め!

「楽々起業パッケージ」で起業家の中国進出をまるごと支援。
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

新しいことは、最初にするから面白い。



〜ふれあい総研株式会社 代表取締役 才木 浩子(さいき ひろこ)様〜
===========================================


===========================================

私は、なんでも「最初」が好きなんです。完成して安定したものには魅力を感じないと言うか。新しい事に一番に挑みたいんですよね。

19歳で起業した時も、今で言う学生社長の走りでした。
不登校や成績不振に悩む子どもたちのための塾、ベビーシッターの派遣、リサイクルブティックのフランチャイズ経営。
中学時代にアメリカで暮らした経験を活かして、日本になかった事業をいち早く手がけては、M&Aで譲渡して、次の事業へ挑んできました。


2000年に「ふれあい総研株式会社」を立ち上げた時も、千葉県にはM&Aの専門家はいませんでしたから、新しい挑戦でしたね。
実は、中国に初めて有機農法の野菜を紹介したのも私なんです。
宇宙飛行士を目指して、バイオマスによる循環型農法を研究していた経験から、農水省とJETROと千葉県が運営する千葉県農水産物食品輸出協議会のメンバーとして、千葉県の農産物の輸出事業に携わったのがきっかけです。

私は、有機野菜や無添加加工食品なら、富裕層の目に絶対止まるという自信がありました。
当時の中国はまだそういう意識が低かったので、周囲には「上手くいきっこない」と言われましたが、反対を押し切って持って行ったら目論見通りで。
一般人は価格を見て否定するのですが、富裕層は品質を見て興味を持つんです。
今や食品ビジネスは一大事業に成長しましたね。

日本では、事前に綿密な計画を立てる事や、創業時の理念を最後まで貫く事を良しとする傾向がありますが、私は、瞬間瞬間のヒラメキが大事だと思っています。
何事も計画通りになんていきませんし、創業時は新しかった事業も次第に競合が増え、時代に合わなくなることもあります。
そこにしがみついて消耗する必要なんてないですよね。
新しいことに挑戦すれば競合も少ないですし、新たな人脈も生まれます。
だから私は「最初」になるのが好きなんです。

中国でのビジネスに人脈は不可欠。


ふれあい総研株式会社では、日本から中国へのビジネス進出のコンサルティングを行っています。
現在展開しているのが、若い起業家向けの「楽々起業パッケージ」です。

最近中国人による「爆買い」が注目を浴びていますが、ああいう人たちは、あくまでもアッパーミドル層。
中国の本当の富裕層は、すごくプライドが高いんです。本当の富裕層をターゲットにビジネスをするには、まず中国の懐に飛び込まなくてはいけませんし、確かな人脈も必要です。
中国は、実力よりも人脈がものを言う国ですから。
私の場合、家系上幅広い人脈がありましたし、国の事業で上海へ行きましたから、中国の高官たちと知り合うチャンスにも恵まれました。
また、中国交際事業促進会という、中央政府直轄の社会貢献事業体で顧問をしていますし、高級官僚と富裕層でできた集まりのほとんどに入っています。財界や政界の方々との人脈も強いです。

「楽々起業パッケージ」であればそれもフル活用できます。

現在、中国では、日本の大手ハウスメーカーによる都市計画が進んでいます。
弊社は、第一期エリアの商業施設への日系企業の誘致を手がけているのですが、「楽々起業パッケージ」であれば、国の支援策として、事業の内容に応じて1年ないし3年までは無償で、会社を立ち上げる際の人材、建物、住まいなど、ソフトからハードまで全てパッケージしているんです。

意外かもしれませんが、今の中国の富裕層は若い世代。日本の若者の意識が、即商売につながるチャンスがいっぱいあります。
「楽々起業パッケージ」に「日本の若者の意識」をプラスして、中国で成功してほしいですね。

「楽々起業パッケージ」を世界へのとっかかりに。


「楽々起業パッケージ」の種類を増やして、就労に頼らず収益を上げる情報を、日本の若者に発信できればと思っています。

1回起業すると、その面白さがわかると思うんです。第2段階で、自分たちの独自のアイデアを活かした展開をすればいいんですから。
起業のきっかけとして「楽々起業パッケージ」が浸透したらいいなと思います。
今フリーターという方も、きっかけがないと次の段階へ進めないと思うんです。

収益を増やすためのトライアルとして「楽々起業パッケージ」を活用してみるのもいいんじゃないかと思いますね。

また、日本に縛られずに、国をまたいで働くことも視野に入れてほしいですね。
日本は縛りの多い国ですし、将来性を考えれば、中国やベトナム、カンボジアなど、将来性の大きな国で自由な発想を持って、収益を上げていくことも必要です。
どんな職業でも、向き不向きがあるもの。
ストレスを感じながら苦手な事をするのではなく、自分が楽しくできる仕事を、世界中で見つけながら生きてほしいです。
そのとっかかりに「楽々起業パッケージ」がなれたら嬉しいですね。



ふれあい総研株式会社
http://fureai-souken.com/

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる