「NIKEを超える」がテーマ

スポーツ産業のリーディングカンパニーへ
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回ご紹介する株式会社Aspoleは、スポーツを新しく始めたいと思っている人達、スポーツ業界を変革したいと思っている熱意ある人達、何か充実感を得たいと思っている、特に学生達に知ってほしい会社です。

何かにチャレンジしたいという気持ちはあるが、一歩が踏み出せない。今回はそんな気持ちを持っている人たちを後押ししたいと語る、中西代表取締役にインタビューをしました。

株式会社Aspole 代表取締役 中西 裕太郎氏のONLY STORY

Aspole logo blk y

NIKEを超える


株式会社Aspoleは「NIKEを超える」をテーマに自社ブランドの開発を行なっております。

目指すのは、莫大な広告宣伝費をかけて商品を販売するスポーツメーカー業界の仕組みを、テクノロジーによって現代社会に最適化することです。

ものづくりや流通を透明化・効率化し、自社のメディアプラットフォーム、そしてデータを活用するとにより、弊社のミッションである「Make Your Sports」、あなただけの商品を、最高の品質で、最適な価格で提供できる世界の実現を目指します。





スポーツに対する熱い想いが原動力


起業に至った経緯は大きく、外部要因と内部要因に分けることが出来ます。

外部要因に関しては、スポーツ産業自体の構造についてです。

スポーツにはW杯やオリンピックといっ全域的なエンターテイメントが提供できる面と、地元に根差した応援できるクラブチームがあるといった局所的な面があるのが魅力で、ほかの産業にはない希少性があります。だからこそ、人々は魅了されるし、私もその一人です。

しかし、私はスポーツ界の産業構造に大きな課題をいくつか感じています。

稼ぎたくても稼げない。続けたくても続けられない。お金をかけてコーチをしてもらわないと本格的には上達できない。こういった課題に向き合っている団体はまだまだ少ないのが現状です。

特に私の場合は周りにプロの卵のような人達が大勢いました。大抵の場合は特定のスポーツに打ち込んできた代わりに、他の就職口に関して持っている情報が少ないため、その人が持っている強みを生かせるような職に就いていない場合がほとんどです。

こういったスポーツの課題をいくつも意識することがあり、この現状をITの力で変えたいと思ったのが外部要因です。

内部要因に関しては自分自身の経歴が大きく起因しています。

私は元々、選手権大会(全国大会)に出場した経験があるサッカー選手でした。

当時はプロからも声がかかるレベルでしたが、高校3年のタイミングで病気にかかってしまったのです。そのため、進路も全てなくなってしまい途方にくれました。しかし、これからの時代に自分が生き残っていくには何をしたらいいかということを考え、プロギラミング学習を開始しました。

同じような境遇の方へ機会提供したいと、Infratop(現DMMグループ)の創業に参画しました。その後WEBCAMPの立ち上げを経て、リクルートキャリアで事業開発や商品企画を経験しました。

こうしてスポーツをITの力で変革していく必要性を感じ、Aspoleを起ち上げます。

一緒に働いていく未来の仲間に向けて


私は、スポーツが好きで、かつ、自分を変えたいと考えている人と一緒に働きたいと思っています。挫折を経験し、そこから這い上がってきた人との仕事はエネルギーに満ちており非常に楽しいです。

自分を変えるためには、心から本当にやりたいと思ったことに全力を注ぐことが必要です。そのために環境を変えることや情報を得ることはとても重要になってきます。

そういった人に自分自身もなりたいですし、そういった人達を増やしていきたいと考えているので、私は会社を立ち上げました。

例えば、セパタクローが好きだけど、それだと生活できないからという理由で、他の生き方を考えざるを得ないセパタクロー経験者が、夢を諦めないような後押しが出来る世界を作るのが夢です。

こういった私の考えに共感をしてくれる若い方達と是非一緒に働きたいと思っています。




執筆:西山、勝野

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社Aspole

ONLY STORYサイトへのインタビュー希望の方はこちらから↓

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる
ONLY STORYご協力企業・団体様