株式会社サーベイジシステム

武田 敏典

ワンストップサービスで目指すはIT業界のコンビニ

高度なネットワークサーバインフラサービスを、世界へ
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

株式会社サーベイジシステム・武田敏典代表取締役社長のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%99%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0 %e7%a4%be%e9%95%b7

既存の企業の枠に囚われない、新しいプロダクトを自分の手で作る

株式会社サーベイジシステムは、高度なネットワークサーバインフラの設計から構築までをワンストップでお受けできる会社ですので、非常にシンプルに言い表すと「IT業界のコンビニ」といったイメージの会社です。まずは、私自身がこの会社を起業するに至った経緯からお話しします。

私自身はもともとITエンジニアではなく、日本国内と中国上海でマーケティングリサーチ事業を展開する会社で働いていて、上海支局を任されているような立場でした。刺激の多い職場で非常に勉強になった経験だったことは今でも覚えています。インターネットの発達により、ますます時差やローケーションに囚われない働き方が出来る様になり、連絡手段も国際電話(固定電話)からメッセンジャーやIP電話なども選択肢に入るようになり、ITへの興味が強く湧いてきました。

その後、もともとは自分でものを作りたいという思いもあり、将来的にもまだまだ発展していくであろうIT業界で働きたいという想いも強くなりました。そういった訳で自発的にITの事を勉強し始めました。

上海での仕事が落ち着いて帰国したタイミングで転職し、法人のインターネットの開通工事を行う会社で働き始めます。1000社近くを回っていたのですが、それほど高いスキルを求められるわけではなく、このままこの仕事を続けていてもエンジニアとしてステップアップできないのではないかという疑問を感じるようになりました。

そこからキャリアアップの転職を行い、何社か大手上場企業のSIerで経験を積むことになります。

自分でも20代前半の頃から漠然と将来は自分で会社を立ち上げたいと考えていた私は、このSIer業界で何年か経験したのち、独立を決意します。

世の中にないものを作るというと大げさかもしれませんが、従来の企業の枠に当てはまらないものを自分の手で作り、プロダクトを世界に波及させていきたいという想いはこの頃からありました。

業務を内製化することで、ITのワンストップサービスを可能に

株式会社サーベイジシステムは、「サーベイジシステムへ相談をすれば解決策が見つかる!」をモットーに、ITシステムのワンストップトータルサービスをご提供しています。非常にシンプルに言えば、「ITのコンビニ」といったところでしょうか。扱う製品、サービスが多岐に渡り、ライトなものから複雑なものまで扱うため「コンビニ」と形容しておりますが、実際にはかなりマニアックな専門店でもあります。

まず、社名にある「Survage」という言葉は。「Survey」「Salvage」「Survive」という3つの言葉を組み合わせて名付けました。Surveyは調査、分析です。分析によって、最適化、最適投資をします。Salvageは造船用語では船の引き上げや復旧などの意味をしますが、クライアントである企業の潜在的な力を、ITを使って掘り起こし、ITによって効率化することで、企業の付加価値を付けます。Surviveは、変化を求められる混沌とした時代を生き抜きましょうという意味を託した言葉です。

グローバル化・多様化・複雑化など目まぐるしく変化する社会に対応し、様々な人、組織、企業が最適なパフォーマンスを発揮出来る様に、ITを使った支援をしていきたい。

そのような想いを込めて、サーベイジシステム[Survage system]という名前に行き着きました。

私たちはネットワークやサーバーといったインフラの設計、構築、運用、保守を一括で受けられる。これは、私たちのもっとも大きな特徴であり、強みです。

IT業界では、エンジニアが客先に常駐して業務を進めるケースが多いと思います。サーベイジシステムはクライアントから受けた案件は社内で内製化[受託]で対応しております。こうすることで、エンジニアとして入社すると他社に派遣されるというイメージがあるかもしれませんが、弊社では社内にしっかりと腰を据えて働くことができます。

ITのワンストップサービスという他にない特徴から、上場企業や金融機関、官公庁、大学、研究機関など、クライアントは多岐にわたります。

現在のビジネスに更なる価値を加え、ゆくゆくは新分野、海外進出へ

株式会社サーベイジシステムは設立して10年を迎え、次の10年を新しいステージに進みたいと考えております。

私自身としては、新規の事業に着手しながらも、弊社のコアコンピタンスであるITインフラのビジネスに、さらなる付加価値を加えていきたいという展望があります。我々の規模だからこそできることがあるはずなので、それをどのように作っていくかを考えています。

具体的には、金融とテクノロジーを掛け合わせたフィンテックはITインフラとの相乗効果も高いため、そのシステムを支えるブロックチェーン技術などを活用したシステム、サービスのリリースを検討しております。現在はまだ準備段階ですが、そのシステムを一緒に開発していけるエンジニアを探しているところです。

いずれかは海外でも活躍の場を増やして行きたいと考えております。私も上海で働いていたこともあり、マーケットは国内だけでなくグローバルに見据えるべきだという考えは以前より念頭にありました。過去に海外でのシステム構築の実績もありますし、まだITインフラが未発達の国に情報基盤を構築したいといったご要望も頂いておりますので、さらに広い世界でサーベイジシステムのサービスを提供できる環境を整えていきたいと考えております。

住所や電話番号、採用・求人などの詳細情報はこちら↓

会社名:株式会社サーベイジシステム

ONLY STORYサイトへのインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる