株式会社ページワン

小澤 智哉

“心が通じるスピーチ”をサポートするプロンプター

ノウハウがあるからこそ提供できる、安心感が強み
SHARE ON
今回のインタビューは、プロンプターの企画・組み立て・販売や歌詞検索サイト『歌ネット』の運営を行う株式会社ページワン小澤氏にお話を伺います。事業継承業務を行なっていたある時に、とある縁から同社を引き継ぐことになったという小澤氏に、まず株式会社ページワンの事業内容についてお聞きしました。

株式会社ページワン 社長 小澤 智哉氏のONLY STORY

【経歴】

1988年生まれ、東京都出身。2011年に大学を卒業後、新卒で専門商社に入社。3年間の新規開拓営業を経験後、事業開発部門へ異動。事業承継のM&A業務をメインとし、数社の事業承継M&Aを経験。現在は、自身がソーシングから関わった株式会社ページワンへ出向しPMIを実践中。

スピーチを助けるプロンプターサービス

–まずは株式会社ページワンが手がけている事業について、お聞かせください。
小澤氏:弊社は2つのサービスを展開しています。1つは、プロンプターのハード・ソフトウェアの企画・組み立て・販売です。プロンプターとは主にスピーチの時に話し手が使用する、話したい内容が映し出される装置のことです。

プロンプターを使うことで、原稿を暗記していなくても前を向いたままスピーチすることができるようになり、ふとスピーチの途中にアドリブをして原稿に戻ってきた際、「あれ、どこを読んでいたんだろう」といった課題を解決することができます。

2つ目は、『歌ネット』という歌詞検索サービスサイトの運営で、現在、26万曲の歌詞情報が検索できるようになっています。その歌詞のほとんどが私たちの元へレコード会社さんが直接連絡してくださり、ご共有いただいたものになります。

『歌ネット』の歌詞検索サービスはとても充実していると考えていますが、それだけでは終わらせたくないという想いを持っています。なので歌詞以外にも作詞家さんやアーティストのインタビュー記事や特集記事、コラム記事なども公開しています。

–プロンプターに関して言えば、あまり聞きなれない装置だと思います。どのように使われているのか詳しく教えていただけますか。

小澤氏:はい、もっとも多いお客様は経営者の方で、株主総会や決算発表などのフォーマルな場所で使用されます。経営者は人前に立つ機会が多いので、そういった機会にきちんと前を向き来席者の目を見て話す、堂々したスピーチやが重要です。

ほかには政治家や医師、弁護士、外交官、またYouTuberにもご利用いただいています。
–競合他社と比較した際に御社の強みはどこにあるとお考えですか。
小澤氏:一言で言うと、安心できるというところですね。プロンプター事業は、とある音楽番組でアーティストの方に歌詞を出す、ということがきっかけで始まりました。以来20年以上現場でプロンプターを使って歌詞や台本を出しているので、「どのタイミングで話す内容を表示したらいいか、スピードはどのくらいがいいか」、などを熟知しています。そうした経験があるので、実際に「こう使うと効果的ですよ」というノウハウをお伝えすることができます。製品にも拘っていて、ハードは全て国産部品を使用し社内で企画、組み立て、販売、サポートまで行い、ソフトについてはスピーチに特化した作りになっています。一度お使い頂くと感じて頂けるのですが、パワーポイントなどで代替できない圧倒的な使いやすさがあります。

–御社の経営にあたって、一番重要視していることを教えてください。
小澤氏:安心できるサービスを届けられることが弊社の強みなので、ここを常に意識することが大事だと思っています。同時にその意識を社員一人ひとりの共通認識とすることも重要だと考えています。

実際に、つい先日「私たちのサービスはどういうものなのか」というテーマで話し合う機会があったのですが、「安心」という言葉がしっくりくるという意見で一致しました。

やはり会社のトップがある考えを一人で持っていたとしても意味がないと思います。商品を作ったり届けたりする社員が同じ考えを持つことで、初めてより良いサービスとして提供できると思っています。

素敵な仲間に恵まれている日々に感謝

–経営者になるまでの経緯について教えてください。
小澤氏:ページワン自体は1993年に創業した会社で、私は事業を引き継いだ形になります。前職時代にたまたまページワン創業者の紹介を受け、お話をさせていただいたところ意気投合し、この業界での経験はありませんでしたが、事業を譲っていただいた、という経緯になります。

–事業継承から今までで印象に残っていることはありますか。

小澤氏:エピソードではないのですが、弊社主要メンバーは私よりも年上のベテランプレイヤーばかりです。そこにある日、業界経験のない人間がきたわけですから、最初はみんな思うところがあったと思います。

それでも、徐々に考えていることや会社の課題を共有してくれるようになり、私としても会社としても前進することができていると感じています。そんな風に感じられるのは、やはり素敵な仲間に恵まれているからだと、日々メンバーには感謝していますね。

業界に変化の風を吹き入れる会社へ

–今後の展望について教えて下さい。
小澤氏:現在はプロンプターと歌ネットの2つのサービスを展開していますが、今後は新たな事業をどんどん作っていきたいと思っています。

2001年に歌詞サイトを始めて、プロンプターはもっと前から始めて、どちらも大きく道を変えることなく、今日までサービスとして提供してきました。今後より成長していくカギは、絶えず変化していくことだと思っています。

–最後に読者にメッセージをお願いします。
小澤氏:弊社は、誠実でコツコツと丁寧に仕事をする人間が多い会社です。これを読んで少しでも心が動いた方、ちょっと良いなと思った方は、ぜひ連絡してほしいですね。

執筆=スケルトンワークス
校正=6483works・笠原

株式会社ページワンの住所や電話番号、採用・求人等が載っているホームページはこちらから↓

SHARE ON

この決裁者とコンタクト

メッセージを送るためには決裁者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる