株式会社エイムプレイス

奥野健太

『ありがとう』と『おもしろい』。二兎追う戦略の裏側

突き抜けたナンバーワンだけが手にできるオンリーワン
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

複業、フリーランス、自営業。働き方が多様化する中で、個人が企業に務める意義や企業を選ぶ理由が求められている。それらを語るうえで避けて通れないのが「やりがい」「働きがい」だが、面談とHPの情報だけでそれらをイメージすることは難しい。

そこで今回は、現在事務職を募集している企業に取材し、「やりがい」「働きがい」を想像できるようなお話を伺った。

お邪魔する企業は、独自のレッドオーシャン戦略とユニークなアイデアを展開する株式会社エイムプレイス。同社取締役・奥野氏と事務・田中氏に聞く。

オンリーワンを手にするために、ナンバーワンになる


2020年2月、同社は脱毛サロンのウェブサイトの認知向上・閲覧者増加を目指すアプローチとして「全身脱毛レビューガールズ」の結成を発表した。サロンのレビューだけでなく、脱毛に関するクイズの企画やオリジナルソングの制作も展開していくというユニークな企画だ。

「弊社のミッションは、一言でいうと『おもしろい』と『ありがとう』の言葉を頂けるような価値を世に提供すること。この『全身脱毛レビューガールズ』の企画は、まさにその弊社の姿勢がよく表れているもののひとつだと感じています」

086

そう話すのは、株式会社エイムプレイスの取締役・奥野健太氏。そのような独自のアイデアが事業の中で形になるまでのプロセスに触れ、こう続けた。

––奥野氏––

「この『おもしろさ』を創り出すまでには、3つのステップがあります。

まず、1つ目はレッドオーシャン領域に参入すること。次にその中で勝ち進み、圧倒的な実績を得ること。そして、最終的には領域内で独自のポジションを確立し、そのポジションを確保する。この3つです。あえて、レッドオーシャンから入るというところがポイントです」

同社が競争率が高いレッドオーシャンに飛び込むのには、ワケがある。

どんな戦略にもメリット・デメリットがある中、ブルーオーシャン戦略のデメリットや難しさが語られる機会は多くない。あえてその裏側に触れていくと、まず新しい市場自体を見つけることが困難な点が挙げられる。新しい市場を見つけたとしても、実際にその市場でアイデアを形にすること、ユーザーを獲得することもまた難しい。「新しさ」が故に、ニーズと営業ルートを創出・発明する必要があるのだ。

––奥野氏––

「新規事業、創業を考えている方の中には、ブルーオーシャンを探している方やレッドオーシャン領域を避けるように構想を練っている方もいらっしゃると思います。皆さんさまざまな狙いと背景があると思いますが、弊社の社長・河上は『レッドオーシャンで一番になろう』という考え方です。

レッドオーシャンということは、多くの企業が参入するほどの需要があるということ。需要が無ければ存在できないのがビジネスですから、多くの需要がある場所でビジネスをするという発想は自然ですよね。弊社は、需要を一度掴んだところからレッドオーシャンの中を突き進みます。地道に、一歩ずつ、トップを目指して。

そのトップを取り切った先にあるフィールドこそが、ライバルのいないブルーオーシャン。ここで確固たるポジションを確保するために行うのが、ユニークな企画・アイデアによる差別化です。先ほどお話しした『全身脱毛レビューガールズ』はレッドオーシャンで戦うための手法ではなく、手にしたナンバーワンポジションを確保するための戦略なんです。

023

ナンバーワンを取り切るまでの期間は大変なことが多いですが、取り切ってしまえば遊ぶような感覚で仕事を楽しめる自由なフィールドが手に入ります」

同社にとっての「独自性」は創業初期の差別化のためにあるのではなく、レッドオーシャンを突き抜けた先に掴んだポジションを確固たるものにするためにある。

「おもしろい」と「ありがとう」の二兎を追うスタイルは、そのような戦略と考え方によって形作られていた。


会社説明会、商談現場…。どこでも貫く『おもしろさ』


奥野氏は飲食事業やコールセンター事業などを展開する企業を経営した経験を持ち、現在も自らが経営者でもある。なぜ奥野氏は経営者でありながら、同社の取締役を務めているのか。

––奥野氏––

「入社の決め手は、社長である河上の存在が大きかったですね。直感的に『この人は、すごい』と感じることってあると思うんですが、河上がまさにそういう存在。自分自身が尊敬できる人の元で働けるならばと思い、入社を決めました。

そのうえで、おもしろく、楽しく働くことができそうだったことも決め手の1つでしたね」

おもしろく、楽しく働く。これが実現できるのは、先ほど触れた同社の生存戦略が関係している。

ナンバーワンの先にあるオンリーワンポジションを手中に収めることで安定した経営を実現することができ、さまざまなシーンでユニークさを発揮することができる。

––奥野氏––

「例えば、採用イベントの会社説明資料でも『どれだけ面白くできるか』という点は意識して作成しましたね。資料の中にクスッと笑える工夫を凝らし、締めの言葉も「一緒にモテましょう」でした(笑)他企業様のプレゼンと比べたらちょっと異質だったかと思いますが、弊社の個性が出せたと思いますね。

もちろんこの時は事業の話もしていますが、説明会が終わった後に私たちの印象を覚えておいて欲しいんです。そのための『おもしろさ』。ビジネスにおける商談・提案資料にも、印象に残していただくためにこの『おもしろさ』を盛り込んでいます」

045

一見すると、『ありがとう』と『おもしろさ』を追求する同社らしさが感じられる場面。しかし一方で、商談・採用活動で他社とは違う手法をとることへの不安はないのだろうか。

––田中氏––

「私は、奥野たちが商談・提案に臨む際にフォローを行っています。ここまで奥野が話していた表面的な部分は伝わっていたかと思いますが、実はその裏側で私たちが地道な調査をしているんです。お客様にとって最適なご提案をできるよう、一社ごとに事業概要から市場まで細かく調査をして、提案内容をまとめています」

提案自体が緻密で的確なものだからこそ同社のユーモアを引き出す余裕が生まれ、一方で相手側からも受け入れられるのだ。


事務職を募集。コミュニケーション・身だしなみを重視


奥野氏らのユニークさを支え、活かす土台を作っている営業事務の田中氏。現在、一緒に事務職を担える人材を募集しているという。

––田中氏––

「現在、私と一緒に事務業務に取り組んでくださる方を募集しています。弊社の採用基準においては、能力や経験はそんなに重視されません。それよりも、身だしなみやコミュニケーション能力が重視されます。

実際に、私自身は前職での事務職経験はありませんでした。前職で営業事務を務めていたある先輩に憧れていて、弊社のフレンドリーな雰囲気も合うと感じたので応募させていただきました。

私のように前職で事務職経験がなくても入社後に学ぶことはできますし、分からないことを尋ねることができる環境もあります。

113

弊社の雰囲気や考え方、事業内容などに興味を寄せてくださる方がいれば、ぜひお気軽にご連絡ください。お待ちしています!」


住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


株式会社エイムプレイス

124


企画取材・企画記事作成をご希望の方はこちら↓


執筆=笠原
取材・編集=山崎
撮影=吉田

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk