株式会社CONIT

倉持 佳典

建設現場管理のお困りごとをITツールですっきり解決

情報共有でコミュニケーションを楽にする『SITE』
SHARE ON

株式会社CONIT 代表取締役CEO 倉持 佳典氏のONLY STORY

現場管理システム『SITE』の3つの機能


–株式会社CONITの事業内容をお聞かせください。

倉持氏:弊社は建設業界向けSaaSサービスとして、現場管理システム『SITE』を提供しています。アナログと言われている建設業界の皆様でも、簡単に導入・ご利用いただける点が大きな特徴です。

『SITE』の具体的な機能は3つ。1つ目の「チャット」では、テキストメッセージだけでなく複数人での音声通話やビデオ通話を行うことができます。遠隔地でも図面や資料を共有しながら通話ができ、画面をタッチした位置が相手にも伝わる機能が付いているため、従来の対面での打ち合わせに必要だった時間が減らせます。

2つ目の「スケジュール」は、自社社員や協力会社、現場関係者とスケジュールを共有できる機能です。外出先でもアプリで予定を確認できます。

3つ目の「案件整理」は、現場ごとの関係者リストや図面、データ、現場写真などの情報を一元化し、ビジュアル的に分かりやすく管理できる機能です。施工管理会社は一度に多くの現場に関わっているため、この機能は重宝されていますね。

このように、『SITE』はクラウド上で情報共有をすることで、建設に関わる方々のコミュニケーションを円滑にするサービスになっています。それぞれの機能は他社の無料アプリでもありますが、それらを一つのサービスにまとめている点が強みですね。

–建設業界では、どういった課題を抱えている企業様が多いのですか。

倉持氏:建設業界では昔から「言った言わない」「聞いていない」といったトラブルが多く、何が正しいか分からなくなってしまうことが多いんです。

他にも、最新の図面が共有されておらず、古い図面のまま工事を進めてしまって結局やり直したり、情報が一元化されていないために担当者じゃないと分からないことが多かったり、コミュニケーション面で多くの課題があります。それらを改善できるシステムが『SITE』です。

–IT化が遅れていたり、コミュニケーションにコストがかかっていたりするのが課題なんですね。

倉持氏:そうですね。未だにFAXを使っている会社もありますし、会社からスマホが支給されていても使っている機能はショートメールと電話だけという方もいます。

『SITE』は、そういったITが苦手な職人さんでもすぐに使えるアプリになっています。

–料金について教えていただけますか。

倉持氏:初期費用20万円と、年間2万円×ユーザー数(最低10人〜)になります。初期費用には、担当者へのレクチャーや利用者向け説明会の実施、初回登録料が含まれます。

当サービスは、現場管理者などシステムが必要な人だけが導入していただければ、職人さんなどのアプリのみの利用者は無料で100人まで登録が可能です。他社サービスでは、システムをあまり使わない職人さんにも有料のアカウントを付与しなければならない場合が多い中、当サービスではその分のコストを抑えることができます。

建設業界の課題をクラウド上で解決したい


–現場管理システム『SITE』を立ち上げた経緯を教えてください。

倉持氏:『SITE』は弊社取締役の3名が建設業界の課題をクラウド上で解決するために立ち上げたサービスです。2017年7月に株式会社CONITが設立され、2019年10月末にサービスをリリースしました。

私は創業者ではなく、弊社の親会社にあたるイズミシステム設計という会社の社員でしたが、そこから移籍し2020年7月16日付で代表取締役に就任しました。

–実際にサービスを利用されたお客様のお喜びの声を教えてください。

倉持氏:シンプルなアプリなのですぐに利用でき、社員や職人間での定着もスピーディーだと好評です。

特に「案件整理」における自動写真整理機能は、現場からチャットで写真を送るだけで自動的に写真が整理されるため、喜ばれていますね。これまでは、現場で撮った写真を事務所のパソコンに移してから整理をしなければならなかったので、「すごく楽になった」というお声をいただいております。

その他にも、これまではホワイトボードでスケジュール管理をしていた会社が、クラウド上でスケジュールを共有することになり、「予定が見えるようになった」「スケジュール調整が必要なくなった」といった嬉しいお声もいただいております。

–今後導入を考えている機能はありますか。

倉持氏:今年中にリリースを予定しているのが、電子小黒板アプリです。

これまでは工事の詳細を記した小黒板を持って工事写真を撮影するのが一般的でしたが、小黒板データを電子化できれば、小黒板を持っていない写真でも電子納品が可能になります。来年早々には『SITE』と連携できる仕組みを作っていこうと思います。

建設業界全体をITでつないでいく


–短期的な目標を教えてください。

倉持氏:建設業界の50%以上の人に、弊社の『SITE』を認知していただくことが目標です。そのために、現場管理者に『SITE』のシステムを導入していただくのと同時に、より多くの職人さんに無料アプリを使っていただきたいです。

–長期的な目標を教えてください。

倉持氏:私たちのビジョンは、「建設にかかわるすべての人が、ITでつながり、よいモノづくりが出来る世界を創る。」ことです。

建設現場の担当者だけでなく、デベロッパーや不動産屋、施主、メーカーなど、建設に関わる全ての人がつながれば、もっと社会は効率良く、上手く回っていくと思いますね。

–最後にメッセージをお願いします。

倉持氏:『SITE』 は建築・建設に関わる全ての人をサポートできるサービスになっています。何かお悩みや課題を抱えている方は、ぜひお声がけください。なお4週間の無料トライアルも実施しております。ぜひ導入前にお試しください。

これまで建設業はネガティブなイメージを持たれてきましたが、ITツールを使うことでそのイメージをガラっと変えられると思っています。それを変えられるのは学生さんや新しい世代の人たちです。ぜひ我々のようなITツールを使って、建設業界を変えてもらいたいと思いますね。

執筆=山田
校正=米山

現場管理システム『SITE(サイト)』が載っているホームページはこちらから↓

株式会社CONITについて詳細はこちら↓

無料の経営者マッチングサイト~ONLY STORY~への登録はこちらから↓


ONLY STORYは国内最大規模の経営者マッチングサイトです。
登録料無料で、記事の掲載・修正や経営者同士のマッチングが可能です。

SHARE ON

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる