株式会社C.D.UNITED

百田系一

企業価値を100倍にするITソリューションを提案

クリエーターの地位向上を目指すWeb制作会社
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk
 
今回はWeb制作を通してクライアントの企業価値を高める株式会社C.D.UNITEDの百田氏にお話を伺いました。クライアントと共にブランディングや問題解決のアプローチを考える同社のサービスや事業に対する想いについて語っていただきます。

株式会社C.D.UNITED 代表者 百田系一氏のONLYSTORY

%e3%83%ad%e3%82%b4

広告業界のグラフィックデザイナーから、インターネット黎明期にウェブデザイナーに転身。フリーランスやいくつかの大手IT企業を経て、2001年に株式会社C.D.UNITEDを創業。バンダイナムコグループを中心に、数千のウェブサイトのプロデュース、制作、運用を手がける。携帯電話コンテンツ、アプリ開発、SNSコンテンツなど、時代の先端にあるコンテンツ制作に携わり続ける。

最適なアプローチを考えクライアントの価値を高めたい


ーまずは、株式会社C.D.UNITED様のサービス内容について、お聞かせください。

百田氏:私たちはWeb制作をメイン事業としており、個人と法人の両者からご依頼をいただいています。クライアントの課題や悩みをヒアリングして、その解決につながるブランディングやアプローチの仕方から考えていくので、コンサルティングの要素もある点が弊社の特徴ですね。Web制作が終わったあとの日々の運用も任せていただく場合が多いです。

マーケティングやプロモーションも手掛けているので、クライアントのお困りごとをワンストップで解決する提案ができます。
 
−業界内での強み、他社との差別化ポイントについて教えてください。

百田氏:お客さんにどれだけ貢献できるかを考えているところですね。例えば、弊社にはいくつかオフィスがあるのですが、なるべくクライアントの近くにオフィスを構えて、呼ばれたらすぐ話ができるような環境を作っています。

こうした取り組みは、お客さんに喜んでいただけるだけでなく、しっかりとした信頼関係を築くことにも繋がります。そこから、お客さんの潜在ニーズに気づけたり、最適な解決策を提案することができるのです。
 
−事業に対して一番大切にしていることについて教えてください。

百田氏:クライアントの強みを伝えられる仕組みを作ることですね。そのために、まずクライアントの商品やサービスをきっちり理解することから始めています。

その甲斐があってか、10年以上のお付き合いがあるお客さんが多いですね。某大手玩具メーカーさんとは立ち上げから10年ほど付き合いがありますが、初期と比べて売上が約100倍になりました。

このようにお客さんが目に見える成果を出せるよう、弊社では価格ではなくサービスのレベルで勝負するようにしています。クライアントの魅力を引き出すことで新しい価値や今よりも高い価値を提供する会社でいられるように、日々努力していますね。

お客さんとのコミュニケーションを大切にした会社へ


−百田氏の経歴について教えてください。

百田氏:私はもともと広告業界で働いていました。当時、制作プロダクションに所属していたのですが、広告業界は仕事が細分化されているので、クライアントが「どういったものを求めているか」などの情報がほとんどないまま仕事をしていました。

クライアントのニーズがわからないまま仕事をすることに行き詰まりを感じていたときに、インターネットに出会いました。その頃はまだ普及していなかったのですが、インターネットは世の中を変えると直感し、そこからWebデザイナーに転身しました。その後フリーランスになり、いくつかのIT企業で仕事をして2001年に今の株式会社C.D.UNITEDを創業しました。
 
−起業に至った想いについて教えてください。

百田氏:私はクリエイター気質で、サラリーマンには向いていないと思ったのがきっかけですね。私はサラリーマンのようにバランスをとって生きていくことが少し苦手なのです。しかし、独立してひとりで仕事を続けるのも難しいと感じました。だからクリエイターが活躍しやすく、長く働ける組織を作ろうと決意し、起業に至りました。
  
−社名の由来について教えてください。

百田氏:C.D.UNITEDという部分は、クリエイティブディレクションという意味が込めてあります。クリエイターとディレクターが共存するチームで、それぞれの能力と長所を活かし、プロジェクトに取り組んでいく会社を作りたいという想いを表しています。

クリエイターが働きやすい社会を目指す


−御社の今後の展望について教えてください。

百田氏:現在はWeb制作会社という看板を掲げていますが、今後は株式会社C.D.UNITEDが幅広い案件対応ができることをアピールしていきたいですね。

それに伴い、案件ごとに最適なチームが作れる体制を整えていきたいと考えています。プロジェクトごとに適任者が集まり、その仕事が終わるとまた別のプロジェクトチームを作るという形を実現していきたいですね。

また、IT事業の特徴でもある多様な働き方をさらに取り入れていきたいです。具体的には、今後10年で、スタッフが国内外を飛び回りながらオンライン、オフラインでコミュニケーションをとり、案件に取り組む働き方を定着させていきたいと思っています。

−御社をどのような会社にしていきたいですか。

百田氏:クリエイターの地位向上に貢献できる会社にしていきたいですね。私の中のクリエイターというのは、お金でも時間でもなく、アイデアで問題を解決していく人たちのことです。そういった人たちの社会的地位がまだまだ低いので、クリエイターのための環境づくりをしながら、私も含め彼らの地位向上もはかっていきたいですね。
 
−最後に、読者の方に向けて何かメッセージはありますか。

百田氏:株式会社C.D.UNITEDはクライアントの企業価値を100倍に高めることを目標としています。ぜひ一緒にお話を進めながら問題解決をしていきましょう。
 
 
執筆=スケルトンワークス
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社C.D.UNITED

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる