ITの活用方法に悩む中小企業をコンサルティング

世界標準のIT戦略を、日本の中小企業に
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk
 
今回のインタビューは、ITのコンサルティングサービス、海外企業が日本で開発を行う際の架け橋となるオフショア事業に取り組むメガリスITアライアンスの信濃兼好氏にお話を伺いました。世界中で日々変化を遂げるIT産業。その中での日本の行く末を見据えながら事業を進める、同社の取り組みについて語っていただきます。

メガリスITアライアンス 代表 信濃兼好氏のONLYSTORY

%e3%83%a1%e3%82%ac%e3%83%aa%e3%82%b9it%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b9

中小企業のIT戦略を担うコンサルティング

–メガリスITアライアンスの事業内容を教えてください。

信濃兼好氏:メガリスITアライアンスのサービスは大きく分けて3つあります。

1つ目が、IT戦略のコンサルティングサービス「MegVIEW(メグビュウ)」。

2つ目が、海外企業にシステム開発を委託する(オフショア)際の仲介サービス「MegBRIDGE(メグブリッジ)」。

3つ目が、海外のお客様が日本でビジネスを始める際のお手伝いをさせていただくコンサルティングサービス「MegINT(メギント)」になります。

その中でも特に注力しているサービスは「MegVIEW(メグビュウ)」というIT戦略コンサルティングサービスです。


–その『MegVIEW』のサービス内容について詳しく教えていただけますか。

信濃兼好氏:こちらは平たく言いますと、企業内・組織内のIT戦略を代行するサービスとして、お客様が実際にOA機器を扱う段階よりも前の段階のコンサルティングを行っています。


例えばある会社がECサイトの導入を検討しているとします。その会社の業種にもよりますが、いざECサイトを始めるとなったときに誰が戦略を考えるのか、という問題が生まれると考えます。

しかし、実際に使える形にするために、誰がそのプロジェクトのリードを取るのかといった点に関しては、中小企業ではきちんと考えられていないケースが多いのです。



–どうして、中小企業であるとそのような問題が起きるのでしょうか。

信濃兼好氏:理由としては、2つあると考えています。

一つ目は、人が少ないから、そこに割く人員がいないため。

二つ目は、ITの事に関して、専門的にわかる人がいないため。

ITをおざなりにしようと考えているわけではないけれど、何をきっかけとして始めればいいのか、右を見ても左を見てもわからない…という会社が多くいらっしゃるというのを、実際に目にしてきました。


一方、IT戦略のコンサルティング自体はさまざまな会社が事業として取り組んでいますが、非常に価格が高く、中小企業にとっては導入する敷居もとても高いのです。


こういった現状がある中で、メガリスITアライアンスのMegVIEWは、それらの問題を解決し、中小企業のIT戦略をサポートするサービスとして展開しています。



–導入した際はどのようなメリットがあるのでしょうか。

信濃兼好氏:MegVIEWを導入するメリットとしては2つあります。

まず一つ目は、メガリスITアライアンスは小規模な組織なので、圧倒的な低価格でこのサービスを提供できるという点。

ITに詳しい人を会社で雇用したり、コンサルティング企業に依頼するとなると、それなりの価格になります。一方で弊社は、サービス内容によって変動はありますが、高くても月数十万、中には月数万といった低価格で提供しています。


その上、企業の課題解決においてどのようなIT戦略が適切かを、メガリスITアライアンスがチームとなりサポート致します。そのため、先述の中小企業が抱えやすいIT人材の不足も、同時に解決することができるのです。

二つ目は、サービス提供の期限が設定できるという点です。3ヵ月~半年ぐらいの短い期間で契約し、特に今注力したいものの戦略に対してサービスを利用し、契約を終了するという使い方も可能です。このようにフレキシブルに使っていただけるのがMegVIEWの大きな特徴のひとつだと思います。




クライアントに信頼されるIT戦略を考える

–起業に至った経緯について教えてください。

信濃兼好氏:わたしは15年ほど、外資系企業の日本支社でITディレクターとして働いていました。わたし自身がその会社のIT部門のトップになって、社内のIT戦略を見るという立場だったのですが、仕事に取り組むうちに考えたことがいくつかありました。

ひとつは、ITの業者はすごくお金がかかる上に、あまり責任は取ってくれないという不信感があること。その不信感の原因を考えたとき、依頼以上のことをやってくれる人がいないからだと思いました。つまり、会社にとって何が必要なのかをしっかりと考えて、システムの提案をしてくれる人が少なかったと感じています。

また、外資系の会社なので海外の人とやり取りをすることも多かったのですが、その中で「日本をターゲットとしてビジネスを始めたいけれども、障壁があまりに高いので簡単に参入できない」という事例をいくつも見ました。

言葉がまず違う、英語が通用しない。そもそも自分たちで売るものが日本で受け入れられるかどうか調査するのも、大きな費用がかかるという課題を抱えた海外企業が多かった。そこで、私わたしはこのふたつの課題を大きく解決するための組織を作ろうと考え、メガリスITアライアンスを立ち上げるに至りました。


–事業してから印象に残っているエピソードはありますか。

信濃兼好氏:嬉しかったことはやはり「メガリスさんに頼んで良かった」という言葉を頂けることですね。これ以上に嬉しい事はないです。
組織を作ってからより一層実感したことのひとつなのですが、人の笑顔や感謝はなかなかお金では買えないのです。
だからこそ、クライアントからご好評の声をいただけることは最上級の喜びであり、光栄なことだと感じています。



日本の中小企業にもう一度国際競争力を

–今後の目標について教えてください。

信濃兼好氏:ITを使うことで日本の中小企業の競争力を取り戻したいと考えています。

というのも、まず前提としては、日本のIT業界にはブラックという印象がついており、それによって産業自体の衰退が今後確実なものになっている点です。

そして、少子化でどんどんと労働人口も減っているため、日本のIT産業は衰退の一路を辿っていると言えます。

国内のIT産業を使う立場の中小企業としても、これは深刻な問題だと考えます。
 
一方、海外のIT産業の状況を見てみると、真摯で高い技術力を持つIT企業がどんどん生まれています。目覚ましいのは中国とインドで、この2ヵ国は人口だけでも世界の数割を占めています。そしてこの2か国に限らず、世界のIT企業では英語を普通に共通語として使い世界中で経済活動を行うため、優秀な人材が数多く生まれているそれらの国と、日本のIT企業は戦えなくなるでしょう。

そうなると、コストも安い海外企業に開発を依頼しようと考える日本企業が増えてくると考えますし、事実その通りとなっています。そして海外のIT企業では、日本市場への進出を真剣に考え、日本語ができるエンジニアを大量に雇用している企業もとても多い。しかし、お互いがどのようにお互いにリーチすればいいのか、なかなかマッチングする機会がない。そこで出てくるのが、海外へ開発を委託するオフショア仲介サービスです。私たちが積極的にこの事業に取り組んでいくことによって、日本の中小企業が競争力を取り戻せたらいいと強く考えています。

やはり中小企業が競争力を取り戻さなければ、日本に将来はないと思うのです。わたしたちは、ITという武器をどういう風に使えば良いのか、その方法を提供することによって、日本の中小企業にもう一度国際競争力を取り戻してもらいたいと考えています。「お仕着せ」や「意識高い系」ではない、本当の意味での「クールジャパン」を取り戻す。これが、わたしたちの大きなビジョンのひとつです。



執筆=スケルトンワークス


校正=笠原


住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:メガリスITアライアンス
日本語版会社案内動画:https://t.co/HRcpJoIUo0
英語版会社案内動画:https://t.co/9r491VlfBO

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる