株式会社YAZ

田中康之

「300年企業」を見据えて経営します!

アプリから社会を変える会社
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

口コミや評判だけではわからない、株式会社YAZ 田中康之社長の物語

Thumb 96d4d32a 307d 4ed4 a908 08ef41d87b64

システムからスマフォへの変遷


スマートフォンのアプリ、会社や学校の社内システムなど、世の中にはシステムが溢れている。開発している会社は様々だが、株式会社YAZ<ヤジュ>も、社会のインフラとなるシステムを開発している会社の一つだ。

主力事業は、Web、スマフォのアプリ開発である。グループウェア、社内のコミュニケーションを促進させるシステム開発で業績を伸ばしてきた同社だが、現在はAndroid、iOSのスマフォアプリ開発にも力を入れている。

「創業当初からシステム開発を手がけてきましたが、今はスマフォアプリ開発を主軸で行っています。創業した当初はシステム開発を行なっていましたが、スマフォの流行りに合わせてスマフォアプリ開発を始めました。Webだけではなく、スマフォアプリ開発も行うことで事業の幅も広がり、より多くのチャンスが舞い込んできます」

150413apr041428920393201410スマフォ検討

起業のルーツは生徒会にあり


田中社長の起業のルーツは、学生時代に気づいた「組織」の楽しみだった。組織を引っ張り、行動し、成果を出す。そしてその組織を通じて、社会に影響を与えることに、小学生のころから価値を見出してきた。

「小中高と、生徒会をやっていたんですね。そこで、組織の面白みっていうものを知りました。大学でも、サークルのリーダーをやっていたりして、その時、将来は社長か政治家になりたいと考えていました。そこで、世の中の政策面ではなく、経済面から社会に貢献したいと考え、社長になろう決めました。なので、大学生の頃から決まっていたんです」

ただ、当時はインターネット創生期の真只中。ベンチャー起業はもちろん、ネット企業への就職さえも社会的には皆無であった。
情報システム系の学部に所属していた田中社長は、起業を胸に抱きつつも1人で独立しやすいシステムコンサル企業に就職をすることを決める。

「新卒の時しか入れないから、大手企業に入ったんです。でも、入社してすぐに、これは違うなと思いました。1年目はしっかりとサラリーマンをすることに決めていたので、上司に付き合って飲みに行ったりしていたんです。2年目以降は、起業の準備に取り掛かりましたね。創業の勉強会とか、コミュニティに入ってみたり、中小企業を回ったりと。それで、仕事をもらえるような状態が、3年目にはできました。それで、エンジニアとして生きていける状態になったんで、独立をしました」


アジア進出を見据えて


現在社員は50名。まずは100名を目指して事業を推進していく。
成長の道筋の中に、アジアへの展開も見据える。

アジアといえば、海外に開発拠点を構え、賃金差を利用して安い値段でシステムを発注することができるオフショア開発が日本でも活用されている事例として有名である。しかし、システム開発に主軸を置く同社は、オフショア開発には興味がないという。

「オフショア開発は、賃金差を利用しているビジネスですけれど、海外は成長率が高く、賃金の向上も早いんですね。なので、今はビジネスとして成り立っても、各国ともに5年程度で差額がなくなり、ビジネスとしては成り立たなくなる。それは永続的なビジネスではないので、うちがやることではないと思っています」

一方で、アジアの市場には前向きな姿勢を示しているようだ。

「今で言えば東南アジア。特に、ベトナムやインドネシアのマーケットに価値を見出していくのはありかなと思っています。例えば、日本のサービスを持っていってみるとか、メディアやサービス、スマフォのアプリなどを展開してみたり。今、スマフォの普及でネットを手にする人たちが増えてきています。そこを攻めていきたいなと。中国に関していうと、規模が大きすぎるので、東南アジアを抑えてから攻めたいと思っています」

さらに、同社は「300年企業」を目指して邁進する。

「私が50年経営をして、その後250年を次の代に渡していきます。今は創業から13年です。いつかは、まだ生まれていない未来の世代に引き継ぐ必要もあります。そんな300年企業を目指して、永続経営を続けていこうと決めています」


150408apr041428461778488348 453343768031706 304083839 n

編集後記


システム開発、スマフォアプリ開発を行われている会社ということで、実直さはもちろん、システムや技術に関する情熱を感じるインタビューでした。
田中社長の技術や経営、ビジネスへの意欲、ワクワク感を感じることができ、自分もウェアラブル端末、海外でのインターネット環境、ビジネス展開に目を向けてみようと思うきっかけになりました。



住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

株式会社YAZ
http://www.yaz.co.jp/

ONLY STORYサイトはこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる