企業の課題解決のために、あらゆる手段を提案する

M&Aと経営コンサル、幅広い商材を駆使し社会貢献
Large d02a6625 57fe 4779 b3eb 96d06bb7a74b
Y-Kホールディングス株式会社

木野 嘉祐

この経営者とコンタクト
POSTED
TAGS 業種:その他情報通信業
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、M&A事業と経営コンサルティングの2軸で事業を展開するY-Kホールディングス株式会社の木野氏にお話を伺いました。まずは、クライアントの課題解決を第一に考える、同社の取り組みについて語っていただきます。

Y-Kホールディングス株式会社 代表取締役 木野嘉祐氏のONLYSTORY

File

クライアントの課題解決を最優先


–Y-Kホールディングス株式会社の事業内容を教えてください。

木野氏:Y-Kホールディングス株式会社はM&Aと呼ばれる企業の買収合併と、その企業買収で関わった企業に対しての経営コンサルティングを行なっています。

流れとしては、まず起業の悩みなどを伺い、買収した方が良ければ買収の方向で話を進め、コンサルに入ってほしいという要望であれば、経営改善や資金繰りの改善をサポートしています。
 
‒他社と差別化をはかっている点や強みを教えてください。

木野氏:M&Aと経営コンサルの2つを事業として取り組んでいる点です。一般的にM&Aを行っている会社はM&A以外の事業をすることがありませんし、経営コンサルの会社がM&Aをすることもありません。なのでその両方を行っているという点が他社にない弊社の強みだと思います。

クライアントの悩みを解決しようと考えたときに、いろいろな商材を持っていることが大切だと感じました。つまり、対応できる幅が広がれば、その分解決手段としてさまざまなものを提供できるんです。そういう形で世の中に貢献していきたいという想いで日々業務に取り組んでいます。
 
‒事業を進めるにあたって最も大切にしていることは何ですか。

木野氏:クライアントが抱える課題を解決することです。言い換えれば、それができないのであれば、どんなサービスを提供しても意味がないと思っています。

例えば、現在取り組んでいる事業のみに限らず、クライアントのためにできることがあれば、私たちの持つ人脈の中からプロフェッショナルを紹介させていただきます。

クライアントの課題を解決することだけが私たちの目的で、それをきちんと達成するために、持っている知識や人脈を全てを駆使して解決策を作り上げていきます。

あらゆる社会経験を積んだ上で独立


‒木野様の経歴を教えてください。

木野氏:私は情報系の大学院卒業後は大手会社のカメラ部門に就職し、5年半カメラの開発に携わっていました。

実は、私はその会社で社長になりたいと思っていたんですね。しかし日本の大手会社はまだまだ年功序列の風潮が強く、もっと新しいことに取り組んでキャリアアップをしていくためには転職するしかないと思い、その職場を離れ、別の会社を自ら立ち上げることに決めました。

そのときにたまたま、保険会社のマネージャーとしてヘッドハンティングを受けたんです。非常に狭き門だったのですが、営業所長採用枠があり受かることができました。その会社で営業所長として、採用と教育と営業を学びました。

こうして大手と中小企業で働いたのですが、自分も組織を作るのであれば、組織の大きさに合わせて何をするべきか勉強したいと思うようになりました。そこで次は150人くらいの規模のベンチャー企業にマネージャーとして入社して、新しいビジネスモデルを構築するような業務を1年弱経験したんです。

‒大手、中小企業、そしてベンチャーと様々な規模の会社での経験を積まれたということですね。

木野氏:はい、でもそれで終わりではなく、最終的にはもう1社、出版系のベンチャーに入りました。そこではコンサルタントのトップとしてWebの仕組みを一から作り上げる仕事を経験して、その後いよいよ独立に踏み切りました。

あらゆる経験を積んできたこともあり、ある程度のものであれば、問題が出てきても自分が積んできたノウハウで解決できるようになりました。これらの経験は現在の業務に活きていると感じますね。
 
‒起業後に苦労したことは何ですか。

木野氏:社員に、経営陣の考えをズレなく伝えるという点は、今でも難しいと感じていでます。経営陣は、私を含めさまざまな経験を積んでここまできていますが、社員には同じ経験がないので、同じ景色を見せることは困難です。そこをどのように経験させて、同じ土台に立たせるかというところは、常に考えています。

ただ、働き方は1日の生活に出るもので、生活習慣を見直すことがアポや客先での対応に大きな影響を及ぼします。その生活の改善のために、例えば、私の家に泊まり込みできてもらって、朝から晩までどのように働けば良いのか見てもらう合宿を行っています。

社内のスキルアップに力を入れる


‒今後の目標を教えてください。

木野氏:直近では、今いる営業マンが経営コンサルからM&Aまで、社内の業務に関して一人前にできるように育てることが目標です。

それができれば、新人社員が入ってきてもみんなで教育できるようになり、3倍、5倍と営業マンを増やせるので売上も上がっていくはずです。なので、5年目までは、社内のスキルアップ及び採用を強化していきたいと考えています。

10年後、20年後には医療、営業、飲食とさまざまな分野を隔離して、ホールディングス化を進めていきたいです。いろいろな事業を多角的に行い、クライアントのニーズにより応えられるような会社に成長していきたいと思います。
 
執筆=スケルトンワークス
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:Y-Kホールディングス株式会社

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

この経営者とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる