株式会社doubLe(ダブル)

北村 裕平

2021年、上場を目指すSEO・メディア会社

従業員、顧客、株主の三方良しを理念に爆進する
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

【略歴】

2006年 株式会社ライブドアマーケティング入社

2008年 株式会社doubLe 創業


まずは株式会社doubLeが手がけている事業について、お聞かせください。

弊社の事業は2つあり、SEOを中心としたWEBマーケティング支援事業、マッチングサイトを活用したWEBメディア事業です。


いずれの事業においても、顧客のWEB集客を支援し、売上アップに貢献することを目的としています。

▼株式会社doubLe 事業概要

起業に至ったきっかけを教えてください。

元々、学生時代に就活をしていた時期に「3年以内に起業しよう」という思いが前提にありました。

 

最初に就職した会社で2年が過ぎ、年齢も25歳になっていたので「今しかない」と決断しました。

 

また、私は営業出身なのですがたまたま新人時代から大きな成果を挙げており

目標も高く非常に厳しい中で、年間目標に対し330%達成を記録し会社史上最年少で昇格しました。

 

少々、調子に乗っていた部分もあったと思いますが

「起業して0から自分の力を試したい!」と強く思うようになったのも大きな理由です。

 

ただ、創業してすぐリーマンショックが勃発しなかなかに苦労しましたが…(笑)

 

今は、おかげ様で従業員数も60名程度に増え上場を目指し邁進中です。


事業を展開する上で、一番大切にしていることは何でしょうか。

常に「顧客満足」を優先するという事です。

 

当然ですが、お客様はメリットの無い商品を購入する事はありません。

 

万が一、購入に至っても継続的に購入する事はないでしょう。

 

言い換えれば、「メリットが大きい」「満足する」商品(サービス)であれば、永続的に使い続けてくれると言えます。

 

我々のサービスはWEBマーケティングを通じて顧客の売り上げを最大化する事なので、顧客との緊密提携は勿論の事、組織全体で情報共有を促進して、業務効率を高めたり情報活用を行う事も徹底しています。

 

「売りっぱなし」にせず、顧客と二人三脚でPDCAサイクルを回す事で、「顧客満足」の最大化に繋がる確信しています。

 

如何なる事業を行う場合でも、常に顧客と向き合う姿勢を大切にしています。


今後の目標について教えてください。

2021年中の上場を目標にしています。

勿論、上場そのものは「目的」ではなく、「手段」です。

上場により以下の点にチャレンジしていきたいと思っています。

①優秀な人材の獲得

上場することは、企業の知名度アップにも効果があります。

なかでも影響が大きいのは新卒社員募集です。
他の大手企業と肩を並べ有能な人材を獲得できるチャンスを得ることができます。

即戦力確保は、企業が成長する絶対条件でもあります。

人材育成への経費が削減でき、成長性を高められることは、上場することでしか得られない強力なベネフィットです。

②既存事業の拡大 ③新規事業

企業の資金調達方法には2種類あります。

株式発行によるものと、銀行からの融資です。

上場することで、この両方を大幅に増やすことができ、新規事業への着手や既存事業の強化をすることができます。

直近の例として、某製造メーカーは新規上場により、得た資金数億円を工場設備のリニューアルに充て、製造力アップに成功しました。

株式公開は、企業が成熟した証です。

上場前は業績の対価で収入を得るのみであった経営活動が、上場後はその業績を信頼し成長をのぞむ株主から出資を受ける環境へとステップアップできます。

「従業員」「顧客」「株主」の三方良しを理念に爆進します。

▼株式会社doubLe(ダブル)の情報はこちら

▼コーポレートサイト

▼ファイナルSEO 公式サイト


発注先探しのEMEAO! 公式サイト

▼お問合せ電話番号(平日9:00-20:00)
0120-173-176(ファイナルSEO直通)
0120-130-358(EMEAO!SEO直通)

▼住所

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-22-15 グラフィオ西新宿9F/12F/13F



SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk