東京システムハウス株式会社

今井 雄大

思考整理ツール×プロジェクト伴走型で企業をサポート

すべての職種にビジネスの共通言語を
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、東京システムハウス株式会社が展開するビジネス・マーケティング思考アプリ『BizMake』(https://bizmake.jp/)についてWEBサービスプロジェクト マネージャーの今井氏にお話を伺います。同サービスに込めた想いや今後のビジョンについても教えていただきました

東京システムハウス株式会社 今井雄大氏のONLY STORY

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be  %e3%83%ad%e3%82%b4

思考フレームワーク×伴走型サポート


–今回は東京システムハウス株式会社のWebサービスプロジェクトの中から、『BizMake』についてお聞きします。サービスの詳細を教えてください。

今井氏:BizMakeは、ブラウザ上でビジネス・マーケティングの思考・整理ができるWEBアプリです。

新規事業や組織開発、社内の仕組み化を実現するには、思考、仮設、検証というサイクルを回していかなければなりません。

そういったPDCAを回す1つのツールとしてBizMakeを活用していただき、その上で反復学習を行い、戦略に落とし込みながら、企業様の研修やプロジェクト伴走のご支援をしています。

–PDCAを回すための思考整理のツールとしてBizMakeがあるわけですね。

今井氏:そうですね。思考はいつまでも続けることができる、つまり限度がないものなのである程度で区切り、自分が何を思って、何を伝えたいのかを整理する必要があります。


例えば新サービスをリリースする際に、はじめから事業計画書レベルまで書く必要はないと思うんです。

それよりもビジネススピードを加速させるため、「困っている人にこんな価値を提供したい」「今あるチャネルを使って、お客様と関係を築き、これくらいの売上を立てようと思っている」など、ある程度思考を整理してから外へ出し、ディスカッションやテストを通してPDCAのサイクルを早める方が大切なはずです。

自分だけでアイディアを考えるよりも、どんどん可視化をして、いろいろな人に想いやビジョンを伝えて賛同者を募っていく。そうすることで仮設の解像度は上がっていきます。

–実際にどういった方々が利用されていますか。

今井氏:ビジネスのフレームワークや設計、マーケティングを勉強された上で、もっと使いやすいツールやサービスを探した時に、弊社のオウンドメディアを見つけてご依頼をくださる方が大半です。それ以外に企業の新規事業開発系の方やコンサルティング担当の方に使っていただくことも多いですね。

BizMakeには「組織にビジネスの共通言語を」というテーマがあるんです。例えばあるサービスに対して届いた「これは誰のどんな課題を解決するのか」という問いに、メンバーが共通言語を持って答えられない状況ではビジネスの活性化は難しいと思うんです。共通言語化を支援するサービスとして、業種問わずご利用いただいています。

音楽をやるようにビジネスをやる


–BizMakeを作られた経緯や背景について教えてください。

今井氏:僕は音楽をやっていて、良い音を出して、良いアウトプットをすることに喜びを覚えるタイプなんです。

お互いの利益や取り分ばかりを追いかけるビジネスではなく、面白い人たちと一緒に「ちょっとセッションをしよう」「君はそんなのできるの、じゃあ一回音出してみよう」というように、音楽をやる感じでビジネスをやりたいと感じています。

なかでも、アクティブで情報感度の高い事業開発担当者やマーケティングの方たちと一緒にビジネスがしたいと思ったんですね。そこで事業開発やマーケティングのワークショップや勉強会に参加したり、自身でもワークショップをやったりしていました。ワークショップでは紙を使うことがやっぱり多くて。紙の手触り感といった良さはあるのですが、後から見直したり、アウトプットができないんですね。それよりも「ソフトウェア化した方が使いやすいのではないか」と考え、このサービスを作りました。


–音楽をやるように、ビジネスをやりたいというお考えはすごく面白いですね。

今井氏:私はこれからの時代はプロジェクトごとに人が集まって、プロジェクトが終わったら解散してというように、プロジェクトベースの時代になると考えています。

すでに、ギルド型組織経営や副業解禁の流れで、多種多様な人たちと関わるケースも増えています。こうした時に、ある程度思考を制限し、共通言語化しておかないと、コミュニケーションが取れなくなってくると思うんですね。フレームワークは、人と話をする時の思考の整理にもつながりますし、思考を制限する一つの手段としても活用できるんです。

企業の課題解決に向けたプラットフォーム形成に注力


–今後のビジョンを教えてください。

今井氏:どのような規模の会社でも、ビジネスを成長させるというゴールは共通です。これを分解していくと、マーケティング・セールスの課題と、プロダクトの課題の2つになります。既存の商品の認知拡大、販促が課題なのか?それとも、既存商材ではお客様への提供価値が薄く、商材自体を改善する必要があるのか?新商品を開発したほうがよいのか?そのビジネス活動を行う上での組織、文化、人の課題といった形で分解していくことができます。BizMakeでは企業のプロダクトにおける課題解決にフォーカスして、伴走できるプログラムのプラットフォームの形成に注力していきたいと考えています。

また様々な企業にBizMakeを事業開発やマーケティングでの思考整理のためのツールとして活用していただき、ビジネスを作るところからご一緒し、ご支援をしていきたいと思いますね。

–ありがとうございます。では最後に、読者へのメッセージをお願いします。

今井氏:「社内ノウハウがない」「部下のモチベーションが上がらない」「コミュニケーションが上手く取れない」「戦略とアクションがかけ離れている」「アウトプットができない」など、さまざまな課題に対し、BizMakeというツールと伴走型のサポートで企業様のお手伝いができると思います。ぜひお気軽にお声がけください。


執筆=山田
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:東京システムハウス株式会社 

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる