株式会社WITS

喜多野 正之

講師が違うから、やる気が生まれる、学生が変われる。

勢いよく挑戦し世の中に価値を生み出す原動力となる
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、FCで『ITTO個別指導学院』と『みやび個別指導学院』を全国各地で展開している株式会社WITSの喜多野氏にお話を伺います。

「日本全国に勢いよく展開し、チャレンジしていくことで、いろいろな人を巻き込んで世の中を豊かにしていきたい」と語る喜多野氏に、事業に込める想いや事業立ち上げのきっかけとなった出来事、今後のビジョンについて教えていただきました。

株式会社WITS 代表取締役 喜多野 正之氏のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%bewits  %e3%83%ad%e3%82%b4

【経歴】

1972年東京都北区出身、日大生産工学部卒。課長:島耕作に憧れ、社会人生活をスタート。医療メーカーの営業マンとして働き、TOPセールスとなるも、社長交代を機に起業を意識。新卒丸5年を目前にコンサル会社へ転職し、独立起業を目指す。独立前に腕試し的にベンチャー役員3社を歴任するも、3社とも倒産。失敗を糧に2003年WITSを設立。2020年現在、学習塾事業130教室ほか、飲食業や英会話スクールなどの経営に至る。

やる気を引き出すコミュニケーションが強み


––まずは、株式会社WITSの事業内容をお聞かせください。

喜多野氏:弊社は、学習塾の運営をメインに英会話スクール11教室の運営、飲食店3店舗の経営を行っています。

学習塾については、小中高校生を対象とした個別指導学習塾『ITTO個別指導学院』と『みやび個別指導学院』のフランチャイジーとして、東京・千葉・埼玉など首都圏を中心に東北・大阪・九州で130教室の運営を行っています。

––同業他社と比べて差別化できるポイントや強みはありますか。

喜多野氏:最大の強みは講師だと考えています。どうしても「学習塾」や「教育」というと、固いイメージがあると思いますがその中で、弊社の講師はコミュニケーションを非常に大事にしているんです。

と言うのも、弊社は「世の中に対して勢いよく挑戦していくことが、世の中を巻き起こす原動力になる」という考えのもと事業を運営しており、その考えに共感した人が講師となり授業を行っているんですね。そのため、塾の教室長や大学生の講師たちは、本気で目の前の学生に向き合い、共に成長したいと考える人ばかり。自然とコミュニケーションの取り方も変わるんです。

たとえやる気のない生徒や諦めている保護者が相手でも、きちんと会話をすることで、目標を立てて努力するようになったり、前向きな考え方に変わったりするんです。そういった心の変化ややる気を引き出せる点が最大の差別化です。

––講師が強みだとお話いただきましたが、採用の決め手は何かありますか。

喜多野氏:通常の面接ですと応募者の適正やコミュニケーション能力などを測るのが一般的ですが、弊社ではそういったことは一切せず、先ほども申した考え方に賛同してくれる方であれば全員採用しています。

実際、過去にコミュニケーション障害があって引きこもりをしていた人も今では社員として活躍していますし、不登校だった過去のある社員もいます。それは今までその人が持っている実力を発揮できなかっただけで、WITSに入社すれば実力が発揮できると本気で考えています。

––学習塾の外に飲食店も経営されていらっしゃいますね。

喜多野氏:はい。もともと学習塾という仕事をしていると、長く「先生」と呼ばれるようになるので、どうしても鼻が高くなったり、調子に乗ってしまったりする部分があるんですね。教室の担当を変えるなどしても、結局同じ仕事ですし、同じスタイルになります。そういった人材を社内で成長させていくためには、事業そのものを変えなければならないと考えました。

そこでジョブローテーションで社員の活躍の場を広げるために飲食の事業を始めました。商売の属性が変わっても、目指すものや根本にあるものは一緒だと認識できれば、気づくことが多いですし、学習塾の仕事にも活かせます。「未来像を共有して頑張ろう」と、コミュニケーションを取りながら事業を展開しています。

社長交代をきっかけに経営を学ぶ


––事業を立ち上げた経緯を教えてください。

喜多野氏:もともと理系大学を出た私は、新卒で医療機器メーカーに入社しました。まずは現場を知るために営業職から始め、3年目にはトップセールスになりました。

転機は入社4年目に訪れます。経営者が2代目から3代目に変わったことで、経営方針が大きく変わり、素人ながらも経営に対し不満を感じるようになりました。そんな中で、会社経営に関する本を読み出すと、やはり「理念が大事」「会社の方向性を明示するのが経営の基本である」といった話が出てきました。そうであれば、「自分がこの会社を経営した方がうまくいく」という想いがふつふつと湧いてきたんです。

しかし同族経営の上に、当時の私はまだ27歳でしたので、「会社をいったん離れて力をつけて戻ってこよう」と考え独立したのです。

––どの業界で独立されたのでしょうか。

喜多野氏:コンサルティングです。退職後はコンサルティング会社で経験を積み、その後独立したのですが、担当したベンチャー企業3社の役員はどれもうまくはいきませんでした。

その原因には「2代目3代目の社長は会社が軌道に乗っている中で育つため、危機感がないまま会社を継いでしまうこと」があると思い至りました。

それであれば、これからの世代や人材に対し、早いうちから仕事観を身につけてもらいたい。まして父親が会社経営をしている場合は、会社を継ぐ可能性を若い時期から認識したり、別の選択肢に早いうちに気づいてほしい。そういった社会に出る前の準備を学習塾を通じて行うことに価値があると思い、学習塾事業を立ち上げました。

2043年には年商2000億企業へ


––今後の目標を教えてください。

喜多野氏:まず創業20年を迎える2023年には、WITSをホールディングス化し、地域ごとに事業会社を10社作ることを目標にしています。各エリアで塾を中心に、英会話や飲食、他にもカフェやクリーニング店、コンビニなど、大体1社あたり20~30店舗を持つ会社を10社作り、北は北海道・東北から南は九州まで全国で運営していきたいです。

その後、2026年に株式上場をして各事業会社がさらに伸びていく状態を作ります。

そして創業40年を迎える2043年には、年商2000億円の会社となり、店舗数は1万店舗にしたいです。これが今、明確に言えるビジョンです。

––ありがとうございます。では最後に読者へメッセージをお願いします。

喜多野氏:たった1人で起業しましたが、今ではアルバイトを含め、1000人を超える規模の会社になりました。人との出会いや感謝を忘れず、さらに自社を発展させ、本気でミッションを達成する会社でありたいです。

興味を持っていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

執筆=山田
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社WITS
会社URL:https://www.wits.vc/  

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk