人生の1/3を占める”遊びの時間”に革命を起こす!!

”遊び”のプラットフォームである”PLAY LIFE”を運営している会社
Large fac31144 54df 4ba5 b03f 827335b6cd10
プレイライフ株式会社

佐藤 太一

この経営者とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

口コミや評判だけではわからない、プレイライフ株式会社 佐藤 太一社長の物語

Thumb fac31144 54df 4ba5 b03f 827335b6cd10

リアル感の追求


【PLAY LIFE】とはデートプランやお出かけといった、実際に遊んだ一日の流れを、点ではなく線で共有し、整理する、実名型ライフログ投稿メディアである。その特徴は公式のプランナー、インターン生、一般ユーザーの「実体験」だけを記事にすることによって「リアル感」を追求しているところだという。今回はそんな遊びのプラットフォーム【PLAY LIFE】を作り上げているプレイライフ株式会社の佐藤太一社長にお話を伺った。


150210feb02142353672910501789 769196913132440 3946352308804221977 n

倒れた時に見えた自分の幸せの根底


元々外資系コンサルティング会社で働いていた佐藤社長。1ヶ月に520時間近く没頭して働いていた時の経験がプレイライフ株式会社を立ち上げるきっかけになったという。

「1ヶ月ぶっ通しで働き続けて、とある事業戦略をなんとかやり遂げたんですが、代わりになにも興味がなくなってしまい、自分の人生は一体なんなのだろう?とぼんやり考えていました。その矢先に過労が祟って倒れたんです。」
倒れて意識がなくなる最中、佐籐社長はどうせ倒れるのなら楽しいことを考えていたい。自分にとって一番楽しかったことは何かを自問自答したという。

「『お金を沢山貰ったとき。それとも昇進したとき。行きたい企業に行けたとき。彼女ができたとき。』といくつか浮かんできたんですが、『全部違う。』と感じました。その後、小さい頃友達と遊んでるときのシーンが思い浮かんできて、『お金や手段がなくても、とりあえず仲の良い奴らで集まってなにかして遊ぶ。』『これが自分にとっての幸せで、根底にずっとあるものだ。』と思ったんです。」
佐藤社長はその後、目覚めてすぐにベッドの中で事業計画書を書き、アメリカに飛んでいった。


150210feb021423534829スクリーンショット 2015 02 10 11.18.24

日常生活すべてが遊びに満ちた社会を創る


「最近になって、多くの人がやりたいことや、成し遂げたいことが見つからない中、なんとなく生きているような退屈な日々を送っていますよね。それは、いわば地獄のようなものだと思うんです。そんな退屈な日々や他人に対しての不安や恐怖を、”遊び”を通じて取り払うことで、自分自身の殻を壊して日常生活そのものを楽しく過ごせる社会にしたいですね。」

150210feb021423536222original 63e6f8056853bb7632b5565aa536c81db1d74740

夢は動的に


最後に、佐藤社長に若者へのメッセージを頂いた。
「僕自身いろいろと紆余曲折しましたが、夢を達成したいなら達成したときの具体的な1週間を想像してみる必要があると思うんです。夢は静的なものではダメ。動的に描いて出てきた思いが本当の夢。”動的に夢を描く”というのは、夢が叶ったときに本当にそれは自分がしたい生活なのかを動画として描けることです。夢が叶った状態で自分はその1週間は具体的にどう過ごすのかを徹底的に考えてみる。そうして初めてもっとこうしたいという欲が出て来る。そこで出てくるのが本当の自分にとって成し遂げたい夢で、その夢を達成したいのなら、全てを捨ててでもやりきる。そのぐらいの覚悟がないとだめかなと思います。」

編集後記


佐藤社長のお話は就活をしている自分にとって、ゴールはどこに置くのか、自分はどうしたいのかを考えさせられるようなお話で、とても勉強になりました。会社の遊びに対してのこだわりと厳しくも楽しい熱量を感じる、そんな魅力的な企業です。

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

プレイライフ株式会社
http://playlife.co.jp

ONLY STORYサイトへのインタビュー希望の方はこちらから↓

この経営者とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる