驚きの精度で企業課題と個人スキルをマッチング

クラウドワークスとの連携で豊富な人材と企業をつなぐ
Large 588d612e 228f 4661 8219 ac20bcc9e02b
株式会社ブレーンパートナー

佐藤 千里

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

突然ではあるが、ビジネスディベロップメントという言葉をご存知だろうか。ビジネスディベロップメント、通称ビズデブは企業の事業開発のマネジメントなどを行う業種の一つである。

今回話を伺うのは、このビズデブ領域から特に企業の課題とされている人手不足を解決するため、企業と人材のマッチングを行う株式会社ブレーンパートナーの佐藤氏である。

事業の内容や創業の経緯、今後の展望について詳しく伺っていく。

株式会社ブレーンパートナー 代表取締役 佐藤千里氏のONLY STORY

%e3%83%ad%e3%82%b4

人材のデータ、契約企業の豊富さ、企業からの信頼度に強み


株式会社ブレーンパートナーのサービスはどのようなものなのか。代表取締役である佐藤氏に伺う。

「弊社では、企業と企業の経営課題を解決できる知識・ノウハウを持っている人材のマッチングを行なっています。

デジタル化が進む現代において、特にエンジニア、デザイナーの人材不足は深刻化したまま。そういった人材の確保で悩む企業と仕事を探している人を繋ぐのが、株式会社ブレーンパートナーです。」

こうしたエンジニア、デザイナーの人材不足に頭を抱えているのは、日本企業だけではないのだと佐藤氏は語る。

「今、いたるところで働き方改革が叫ばれていますよね。しかし、実際に現場の働き方が変わっているかと言えば少々疑問を感じてしまいます。その中でも、働きにくい環境であると思われがちなエンジニア、デザイナーの不足は、日本のみならず世界中でも挙げられる課題なのです。この領域は営業のように数字で可視化できないので評価がしにくく、人材採用の判断も難しい。

そこにおいて、弊社では応募者との面談にも力を入れ、人材のスキルをきちんと把握しています。その上、腕のある営業マンが企業のヒアリングを十分に行うことで、両者のニーズに沿った提案を行っています。」
 
同業他社が混在する中で、株式会社ブレーンパートナーはトップの業績を誇る。佐藤氏らが選ばれる理由は、どこにあるのだろうか。
 
「弊社の強みは、人材データベースの厚さ、契約企業の豊富さ、企業からの信頼度。この3点に尽きますね。

データベースについて言えば、弊社はクラウドワークスの200万人のデータと連携しているので、他社に登録していない人材も見つけられる点は抜きん出ていると思います。依頼をいただく企業についても、クラウドワークスは業種や業界、企業の規模を問わず幅広い顧客があるので、エンジニアやデザイナー以外のソリューションの要請にも即座に対応できます。」
 
株式会社ブレーンパートナーの事業を運営するにあたって大切にしていることについても伺った。
 
「とにかくメンバーには顧客至上主義、すなわち内部じゃなく外部に目を向けるように話しています。登録者と企業どちらに対しても、十分に時間をとって対応しています。しかし、それだけでは内部のコミュニケーション不足を招く恐れもあるので、週1回ペースでメンバーと1対1で会話する時間を大切にしていますね。」

AI事業で抜群の実績を残しブレーンパートナー設立へ


佐藤氏が起業するに至った経緯はどういったものなのか。

詳しく伺うと、学生時代に求人媒体JEEKの長期インターンをする中で、時間や場所にとらわれない働き方、新しいライフスタイルの提供を考えるようになったのだという。

「インターンで多くの企業を知っていくうちに働き方について考えるようになりましたね。今ある正社員・アルバイト、それら以外にも働き方があると思えて…。さらに言うと、その新たな働き方の選択肢は新しい生き方につながると感じたのです。」

のちに、佐藤氏は新な働き方を提供するクラウドワークスに就職する。その時の活躍についてこう話す。
 
「入社後は主に営業を担当していました。それと同時にプロジェクトが実行可能かどうかを調べる仕事、いわゆるフィジビリティスタディもやっていましたね。

例えば、携わった商品の一つに、AIのサービスがありました。それは大量の質問、回答文をロボットに学習させるといった商品なのですが、これが次々と名だたるメーカーに売れたのです。

その後、最年少の事業責任者として動画事業を任されたのですが、実は今度はこれが大失敗。動画の知識、経験不足できちんと戦略を描けなかったのが原因でした。その後、AIに戻って、AIを商品プランとして確立させました。」
 
その成功を置き土産に、2017年10月、株式会社ブレーンパートナーの立ち上げに参画した佐藤氏は、この3年間を振り返って語る。
 
「自分が携わった商品やサービスで『新しい成果が生まれた』とお客さんに言ってもらえる瞬間が、一番嬉しい時ですね。より多くのお客様にそういった感動を与えられるように、弊社のメンバー全員が同じゴールに向かって走っています。そんな雰囲気に心地よさを感じてます。」

働く人を幸せになる組織を目指して


ここまで佐藤氏に会社設立までの話を伺ったが、今後はどんな目標を持って株式会社ブレーンパートナーを牽引していくのだろうか。
 
「まず、この2、3年の間に月の売り上げを1億にまで上げることが1つの目標です。売り上げはお客さんの満足度であり、期待値の裏返しでもあると思うので、1億という数字をこれからも追い続けたいと思います。
 
中長期的なビジョンは2つあり、まずは弊社を通じて働くビズデブ領域の人の信用が積み重なるようなインフラを作ることです。もうひとつは、ブレーンパートナーで働く人が幸せになる組織にすること。楽しく働けないと事業は成長しないので、そのために一人一人と向き合う時間をこれからも大事にしていきたいですね。」
 
最後に、ここまで読んでくれたあなたに佐藤氏からのメッセージです。
 
「働き方が多様になっている一方で、その多様化が機能していないことも事実だと思います。その課題の解決こそが、ブレーンパートナーのミッションだと考えています。

私たちなら、みなさんが持つそれぞれの経験、人脈、スキルやノウハウを、企業で活かすことができますし、企業がそれを求めていることも知っています。なので、働き方に疑問を感じていたり、新たな挑戦をしたい人は、ぜひ、ブレーンパートナーのドアを叩いてほしいと思っています。」
 
 
執筆=増田
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社ブレーンパートナー

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる
ONLY STORYご協力企業・団体様