708a3e4b 63a6 4806 8640 2020ef6d0adb
2017/11/29
特集記事

BtoB・IT・ビジネス・特集記事

社長がインタビューを受けるメリットとは

社長が直接情報を発信する時代へ

社長が『無料インタビュー』を受けるメリットとは

企業の情報発信の重要性が叫ばれる昨今において、

『社長インタビュー』という言葉を聞いてどのような印象をお持ちになるでしょうか。

・インタビューを受けてもメリットないし時間とられるだけ

・あまりメディアに露出したくない

・本業が忙しくて時間がとれない

・そもそもまだ発信するフェーズではない

そのようなご意見をお持ちの社長様も多いかと思います。

そこで今回は、特に無料の社長インタビューがもたらすメリットについてまとめました。


背景:トップがストーリーを語り情報発信をする時代に!

社長インタビューサイトの最大の特徴は「社長が直接」情報を発信する点にあります。

なぜ役員や広報ではなく社長が情報を発信しなければならないのか?

その答えは社長と企業の関係にあります。

企業の最終的な方針決定は社長の判断のもとに行われます。

その社長が情報を発信せず、どんな人が経営の舵をとっているのか分からないということは、それだけで企業にとってマイナスになり得るのです。

社長自身が、どのような想いで・どのようなことを・何のために、企業活動を続けているのかというストーリーを世に発信することは、そのような事態を避ける最善の策と言えるでしょう。


会社のストーリー掲載による、「ブランディング効果」


インタビューを受け記事を作成することは企業のPRに直結します。

記事を読み、その会社に魅力を感じた人が問い合わせをしてくることは珍しくありません。

それだけでなく、インタビューという媒体は、単なる広告以上の効果を秘めています。

自社のストーリー、つまり起業したきっかけや経営方針、社会における活動意義などを語ることで、ブランディング効果が見込めるのです。

「こんな社会的な課題を解決したくて…」「社会にとってあんな存在になるべく…」

これらの情報は「その会社でなくてはならない」理由の1つとなり得るでしょう。

商材の単価や内容で差別化を図ることももちろん必要ですが、利ではなく義の部分で自社ならではの魅力を広めることも重要です。

人の採用面接では資格や学歴以上に“人となり”が重視されるもの。

“企業となり”でブランディングを始めてみてはいかがでしょうか。

継続的な情報掲載による「認知度向上」

例えば採用サイトの掲載であれば、広告費用を支払っている期間だけしか掲載することができません。ですが一度取材を受けて記事ができると、その記事は残り続けます。

また、無料であるため、費用的な負担がありません。そのため、継続性を持った認知度向上につなげることができるのです。

・その媒体から御社サイトに飛んでくること

・その媒体のフェイスブックページなどから御社サイトに飛んでくること

・被リンク獲得にSEOの強化など

具体的な使い方として、採用ページにインタビュー記事のバナーを貼ることで、求職者のナーチャリングが期待できるなど、様々な角度から無料で認知向上できることは大きな意味を持つのではないでしょうか。

商談相手に想いを伝えることによる、「商談成功率の向上」

社長インタビューサイトで取材を受けると、「会社名 社長名」などで検索された際に、記事が上位で表示されるようになります。

すると例えば取引先の営業マンが、商談の前に会社名と社長名で検索した時に、御社ホームページの下にこの取材記事が出てくるようになります。

「ホームページの情報だけで、その会社がよくわからない」というようなことはないでしょうか。インタビュー記事は、ホームページの情報の中で欠けている客観的な情報を提供してくれる媒体となるのです。

このような記事があることで、例えば相互の共通点が見つかり、アイスブレイクになったり、相手のニーズや思想がわかったりして、商談が円滑に進むようになるのです。また、そのストーリーに惹かれて商材購入につながることもあると言えるのではないでしょうか。

求職者に想いを伝えることによる、「早期離職率の低下」

昨今では、新入社員の3年以内離職率は3割に上ると言われています。

このような企業と求職者とのミスマッチはなぜ起こってしまうのでしょうか。

原因の1つの要素として、求職者の企業に対する不理解が挙げられます。

しかし求職者もある程度その会社がどんな会社なのかということは調べているはずです。

では何が、どんな情報が足りなかったのか。

それはその企業の本質、つまり社風や理念などの「想い」の部分です。

企業の「想い」は、人材採用会社を間に挟んでいては伝わらないものなのです。

つまり、求職者に対して「想い」を伝える媒体が必要。

そこで効果を見込めるのが「インタビュー」です。

インタビューは「想い」を発信する場として、企業の、社長自身の理念を世に広めることができるのです。

記事を読んで、その企業の本質に深く共感した求職者ならば、離職することなく戦力となってくれることが期待できます。

また、入社希望者にインタビュー記事を見せることで、自社の魅力を伝えることも可能でしょう。

インタビューで求職者に対して「想い」を届け、採用のミスマッチをなくす。

これからの採用活動における1つのソリューションとなるかもしれません。

社内に向けた情報発信による、「社員のモチベーションの向上」

また、求職者に対してだけでなく社員に対しても、インタビューは効果を発揮します。

会社が大きくなればなるほど、社長と社員の距離は開いていくもの。

中には自分の会社の社長がどんな人なのか分からないという社員もいるかもしれません。

そのような状態では、やがて社員の意識もバラバラになり、会社に致命的な問題が起こることも予想されます。

そんな状況を防ぐために、社長が社内に対して語りかける必要があるのです。

そういった形で社長と社員の距離を縮めることができれば、社員が精力的に活動していく原動力を社長自身が提供できるのではないでしょうか。

つまり、インタビューを受け、その記事を社員に読ませることでモチベーションの向上を図れるのです。

まとめ:「社長が『無料インタビュー』を受けるメリットとは」


いかがでしたか?

インタビューサイトでの取材を受けることには上記のようなメリットがあります。

もちろん、中小・中堅企業の場合、そもそもその会社自体の知名度が低いため、記事を読まれることも少ないのではないかというご意見もあるかと思います。

ただ、だからこそ貴重な1人のユーザーを逃さないようにすること、そしてこのような小さな施策を積み上げていくことが大切なのではないでしょうか。

ブランディングの重要性、ストーリーテリングの重要性が叫ばれる昨今だからこそ、

インタビューを受ける意義があるのです。

無料でインタビューから記事執筆+αまでするサイト

株式会社オンリーストーリーでは無料でインタビューから記事の執筆までを行なっております。

それだけでなく、インタビューを受けた社長様たちだけが入れるコミュニティや、今自社に足りないものを補ってくれる会社のご紹介など、「ただ無料でインタビューを受けられる」以上の付加価値をご期待して頂けます。

もしこの記事を読んで、インタビューについて少しでも興味をお持ちになられた社長様がいましたら、是非この機会にお申し込みください。


オンリーストーリーのインタビューをご希望の方

インタビューお申し込みはこちらから

おすすめのSTORY おすすめのSTORY

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる
ONLY STORYご協力企業・団体様