株式会社北辰住宅

伊東康夫

中国語が話せる不動産屋。その需要は高まるばかり!

お客様の暮らしを思い、安心できる幅広いサービスを
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回は、中国語・中国文化への理解を武器に幅広く住宅不動産関係のお仕事をされている株式会社北辰住宅の代表取締役社長・伊東氏にお話を伺います。

独自の強みを持つ事業内容から起業に至った経緯、そしてオリンピックも見据える今後の展望まで詳しくお聞きしていきましょう!

株式会社北辰住宅・伊東 康夫代表取締役社長のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e5%8c%97%e8%be%b0%e4%bd%8f%e5%ae%85

中国人の日本での暮らしをトータルサポート!


– 伊東氏– 

「株式会社北辰住宅は、住宅不動産の賃貸、売買、管理を幅広く手がけています。例えばお客様が物件を購入して内部をリフォームしたいという要望があった時、リフォーム工事を行う会社に仲介することがあれば、引っ越し業者や電力会社や水道会社とも繋がりを持っています。

そうした中で、私たちがひとつ強みとして伝えているものに『自社で修繕作業ができる』というところがあります!

というのも、実際に賃貸で一番大変なのは前の人が退出して次の人が入ってくるまでに修繕を行うことなんですよ。株式会社北辰住宅ではその修繕作業を自社で行っており、すべての賃貸を責任持ってもっとも良い状態に戻すことができる。そして、それをご提供できている。ここには、私たちは自信を持っていますね!

さらに、株式会社北辰住宅ならではの強みというのがもうひとつ…。それは、日本に多く住む中国人のお客様に対して『中国語のご案内ができる』というところ!

これが実現できる理由に、株式会社北辰住宅の従業員は中国の方が多く、全員が中国語を話すことができる点が挙げられます。そうすると、中国の方のニーズや性格を把握した上でご対応できるため、お客様には安心して物件をご利用いただくことができています。

中には日本語がわかる方もいらっしゃるんですが、やはりお客様が一番理解しやすい言語で納得いくまでご理解いただきたいですよね。不動産の契約というのは、大きな買い物ですから。

こうした中国への言語・文化への理解というのは、不動産をご紹介する以外の場面でもお客様を支えています。例えば、中国の方が日本で暮らすためのサポートも行っていて、住民票を取ったり電化製品を揃えたりという部分まですべて一括で行っています。『お客様からの要望があれば、できることは何でもやる』というポリシーで、生活で困ったことがあれば何でも相談していただきたいと思っています。

現在、こうした株式会社北辰住宅のお客様は約80%が中国の方。ネットなどで集客をしなくてもご紹介で新しいお客様が次々入ってくる状況です。ぜひ、お近くにお困りごとを抱えている方がいれば気軽にご紹介、ご相談いただきたいですね!」

アルバイトから建築業界に入り、独立へ


– 伊東氏– 

「私は以前居酒屋でアルバイトをしていたんですが、自分が目標とする額を稼ぐには足らない。だから、掛け持ちでもうひとつアルバイトを始めたんですね。しかし、そこではあまりシフトを入れてもらえなくて、どうしたらいいだろうと。

そのときに、私の妻の知り合いから建築の仕事を紹介されて、この業界に入りました。今から15年くらい前で、私は22歳くらいの年齢でした。

その後、この業界に入って2~3年くらい経って中国人の方を現場で何人か雇うことになりました。しかしながら、その現場が終わったら次の仕事が決まっていないという状況の人が多くて、私の方でいろいろ紹介をしていたのですが、私も一人前になって自分で請負ができるようになってきたので、最終的に自分で会社を立ち上げたという流れでしょうか。」

自社施工ができる一級建築事務所を目指して


– 伊東氏– 

「今後の目標としては、建設の売上をもう少し伸ばしていきたいと思います!現在は人材を派遣する労務のみを行っているのですが、材料もすべて自社で準備して、最初からすべて株式会社北辰住宅で建設を行う材工にも力を入れていきたいですね。

順調に売上が上がれば、建築の一般許可を取ろうと思っていますね。建築業には県知事の許可が必要なのですが、その許可が下りれば、一級建築士事務所として登録できるようになるんです。そうすると、場所を選んで、どういったものを建てるかというところから自社で決めることができるため、自社施工が可能になる。

売上を30億円まで伸ばし、この自社施工ができるようになるまで会社を成長させるということが目標ですね!

一方、住宅の方に関しては、社員のレベルアップを図り、しっかりと営業スキルを身につけてもらってから、中国で日本の投資保険などのセミナーを開くことを考えています。そこで株式会社北辰住宅という会社のアピールをして、さらなる集客に繋げる予定です。


最後になりますが、今オリンピックを見据えて新しい建物がどんどんできている状態なのですが、オリンピックが終われば景気が落ちることも予想されます。オリンピックが終わった3年後、どのように売上を作るかということを今から考える必要があるんですね。

株式会社北辰住宅は住宅、不動産、建築と幅広い事業を行っていますが、おそらく今後増えてくるのはリフォーム工事だと思っています。その点を、この数年のうちに伸ばしていく。


住宅や建築といった分野でお困りごとがあれば、ぜひ一度株式会社北辰住宅にご相談下さいね!」

住所や電話番号などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社北辰住宅

ONLY STORYサイトへのインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる