警備の枠を超えて、社員一人ひとりの可能性を見出す!

自分の仕事を誇れる環境づくりに、全力で挑む警備会社
Large 576dab47 be47 40cf 9523 4a9370719c12
五大テック株式会社

寺岡 昌平

この経営者とコンタクト
POSTED
TAGS
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回お話を伺うのは、セキュリティサービス業をはじめ、様々な事業を通して日本の安心と安全を守り続けてきた五大テック株式会社 専務取締役の寺岡昌平氏。45年続く老舗警備会社の後継者でありながら、業種の枠を超えた新会社の設立にも果敢に挑む若き起業家でもある。

「警察官になりたい!と夢を抱く人はいるのに、警備員になりたい!という人は多くはない。共に今後の日本の安全を守り、支えている警備業界のイメージを変えたい!」

五大テック株式会社 専務取締役 寺岡 昌平氏

2

1986年大阪府豊中市生まれ。
関西大倉中学では、ソフトボール部で主将を務め全国大会出場。関西大倉高校ではアメリカンフットボール部で全国2位の成績を収める。同志社大学社会学部を卒業後、2009年4月関西大手不動産会社に営業職として入社。
2012年に五大テック株式会社に入社。2013年からいち早く「ドローン事業」に取り組み、【株式会社BeeCommunications】を設立し取締役に就任。
五大テック株式会社では、セキュリティ部門の売り上げを大きく伸ばし、2018年に五大テック株式会社の完全子会社として、【株式会社Libretig】を設立し、代表取締役社長に就任。株式会社Libretigの第一弾事業として、会員制肉割烹「とらいち」をオープン。公式Instagramは開設から数か月で1万フォロワーを獲得。複数の会社の役員や顧問も務めるなど、常に自社内に新しい風を取り入れつつ、社員の無限の可能性が発揮できる会社作りを目指している。

〝水と安全はタダ〟の時代は終わった。次代に求められるサービス


セキュリティニーズが高まる中で見据える警備業界の未来とは。そして、同業界としては型破りな多業種経営に挑む訳とは。

― まずは、御社が45年もの間、生業として続けてきたセキュリティ業界についてお伺いします。寺岡様からご覧になって、今の日本の安全というのはどのように映っていますか。

寺岡氏:〝水と安全はタダ〟といわれてきた日本ですが、社会そのものが変化してきて、東京オリンピック(1964年)の選手村警備から始まった日本の警備・セキュリティに対してのニーズはどんどん高まっています。
例えば、最近で言えば増加傾向にある訪日旅行者や移民問題のニュースをよく目にするようになりましたね。その背景には、高度経済成長の時代を経てから、G20やラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック等、国際的なイベントが日本で開かれるようになったことがあるでしょう。

こうした中では、人と人、人と施設の間の安全に配慮すべき機会が増え、予測できないようなアクシデントや事件が起こる可能性も大きくなります。

3

 ― まさに、これからの時代の仕事として「警備・セキュリティ業」は必要不可欠なものと言えるということですね。

寺岡氏:そうなんです。でもね、今、日本の警備業界がどのような状況か、ご存知ですか?

まず、抱える課題として挙げられるのは「人手不足」。施設が増え、イベントも増えれば、その分建物や会場に配備する警備員の数も増えるのですが、足りていないのが現状です。治安を守る警察官、そして国防を担う自衛官、その総数よりも多い方が警備業に従事しているにもかかわらず…。

加えて、もう一つの課題が「高齢化」。業界平均年齢が58〜59歳と言われていて、70歳、80歳のプレイヤーに頼らざるをえない状況なんです。

 ― 社会情勢が変化し、国際的ビッグイベントが控える中、非常に不安ですね。このような状況に至った要因にはどのようなものがあるとお考えですか?

寺岡氏:警備業界のイメージが良くないこと、つまり警備業界が不人気業界であることがその一つであると考えています。

例えば、警察官になりたい!消防士になりたい!と夢を抱く人はいるのに、「警備員になりたい」という人は多くありません。警察官や消防士とともに日本の社会を守り、支えている一員なのに。

4

加えて、僕がこの業界に入ってすぐの頃、本当にショックを受けたことがありました。ある男性社員が、プロポーズした女性のご家族に職業を聞かれて「警備員です」と答えたら破談になってしまったという話を聞きました。別の社員からは、合コンで恥ずかしくて自分の職業を言えないという話も耳にしました。社員が自分の仕事に誇りを持てないなんて、そんな悲しいことはない。

「誰でもできる仕事」「低賃金」というマイナスイメージを抱え、働く人たちが自らの仕事に誇りを持てない状態が続くこの警備業界を、僕は変えたい。なんといっても、この業界・領域には〝無限の可能性〟があるんですから。

業界と社員の無限の可能性にかける、期待と確信


 ― セキュリティ業界・領域に眠る〝無限の可能性〟とは、具体的にはどのようなものなのでしょうか。詳しく伺ってもよろしいでしょうか。

寺岡氏:今、特に注目しているのはドローンやAI・ロボット、ITネットワークを活用した防犯カメラのサービス。今とても需要が高まっていることを感じていて、2013年からドローン事業に取り組んできました。

まず、ドローンで言えば、電力会社の発電設備の保守メンテナンスの場面で活躍しています。それまでは地上20mを超える高さまで足場を組んで、点検をし、終わったら足場を崩すという一連の点検作業に一ヶ月を要していたのが、ドローンを活用すれば一日で点検完了。最近増えている害獣被害でも、赤外線カメラを搭載したドローンが活躍していますね。

さらに、ITネットワーク分野で言えば、遠方に設置しておくとスマホアプリで360度動かすことができ、かなりの高倍率にまで拡大視聴できる防犯カメラシステムがあります。これは、遠方に暮らす介護が必要な高齢者の見守りや複数店舗の一括管理などに活用ができるもの。

5

動物病院であれば、専門外の動物を手術する際に手術台の上にカメラを取り付ける。その映像を他の病院の先生と共有すれば、手術方法を指導してもらうこともできるでしょう。もう、セキュリティの枠を超えて、マネジメント、介護、医療…などあらゆる業界・職場での問題解決に役立ちます。

 ― それほどまでの可能性があり、すでに商品化や実用化も進んでいたとは…。全く知りませんでした。

寺岡氏:そうなんです。まだ知られてない。だからこそ、大きなチャンスがある!これだけの多様性と可能性が広がっている業界って、他にないですよ。

ただ、こうした〝無限の可能性〟を秘めているのは、何も業界やサービスだけじゃない。

僕は、雇用を通じて〝社員一人ひとりの無限の可能性〟を見出していきたいと思っています。というのも、日本には横に倣えの文化があり、何かを長年続けている人が褒め称えられる風潮があるように感じますが、実はそれによってその人の可能性を狭めてしまう部分もあるのではと思っています。特にビジネスの世界は、何が本当に自分に向いているかなんてやってみないと分からないことばかりなので、警備会社だからといって警備一色に染まる必要もない。

当社が社員数400人を超えた今でも「原則正社員雇用」を続けている訳は、社員には時間をかけて経験を積んでもらい、自身の可能性を追求していってもらいたいと願っているためです。

 ― 2018年に株式会社Libretigを起業し、会員制肉割烹「とらいち」をオープンされたのも、そのような想いがあってのことなのでしょうか。

寺岡氏:まさにそうです!株式会社Libretigは特にコアな事業内容は決めておらず、周囲から信頼され、応援されるような社員が新たな挑戦に踏み出し、自己実現していける場として設立しました。こうした取り組みは一例にすぎず、多様なステージやフィールドを用意することで、警備職以外のキャリアパスを考えた社員にとっての社内転職先になればと思っています。

僕は「〝自他尊信(自尊心・他尊心)〟が磨かれる」と言うのですが、こうしたチャレンジをするからこそ仲間を思いやる心が育まれ、素晴らしい仕事ができるはず。そんな生き生きとした姿をみたら、その人の周りの家族や友人たちは警備業界へのイメージを覆されるはずです。

6
― 人の可能性を語る時の寺岡様の目も、本当に生き生きとしていらっしゃいますね。

寺岡氏:業界平均年齢が58〜59歳に対し、僕が32歳、社員400人の平均年齢が39歳で毎年新卒社員も入社してきている。当社の社員たちは、本当に可能性で溢れていると思っています! 

― これほどまでに社員の可能性を信じ、具体的にその伸びしろに対して取り組みを続けられるのは何故なのでしょうか。そうしたくてもできない企業が少なくないと思いますが。 

寺岡氏:僕たちもまだまだこれからですが、これほどまでに僕自身熱中できて、ひとつひとつ形にしてこれた背景には、二つ大きなものがあると思っています。 

一つは、僕自身が人財の価値と可能性を心から信じていること。「何をやるか」よりも「誰とやるか」。やはり、もっとも大切なのは「人」ですから。そして、もう一つには45年間警備業界を生業とし続け、関西・名古屋・東京を中心に50ヵ所以上の施設警備を一手に担うまでになった当社の実績と基盤、そして創業者である父の存在が挙げられます。 

まだ見ぬ自らの可能性を信じ、誇りを持てる自分創りを


 ― 五大テック株式会社は、現在社長を務めているお父様が創業された会社と伺いました。跡を継ぐことに不安はありませんでしたか。

寺岡氏:実は、最初は会社を継ぐつもりはなかったんです。

父は毎日忙しく、家族と食卓を囲むこともほとんどなくて、当時の僕はその父の姿を好意的に受け止めることができなかった。大学時代は反発するように親元を離れて一人暮らしをしていて、就職も超売り手市場の時代、どの大手企業に就職しようか位の気持ちでいましたね。

 ― それが一転して会社を継ごうと決心されたのは何故ですか。

寺岡氏:21歳の時、父の老いに直面したからです。

7

きっかけは姉から「最近お父さん、夜中に膝抱えて自分の部屋で唸ってるのよね…」と聞かされたことでした。よく考えれば、僕は父が45歳の時の子どもで、当時の父は66歳。ふと、改めて両親の顔を見ていて老いを感じ、もう一つハッと気づくことがありました。

「今まで何不自由なく暮らすことができて、大学にまで通わせてもらったのに、自分は親の仕事すらよく知らないな。もっと父のことを知ってから自分の将来を考えてもいいんじゃないか。」

それからの約一年間、社長として当社を切り盛りする父の運転手を務めました。そこで見た父の背中は、全社員から頼られリスペクトされる格好いい社長そのものでしたね。一方で、車の後部座席でウトウトするその寝顔はまるでおじいさんだった…。それを見て、不意に涙が出ました。

「こんなに老いて疲れていても、自分たち家族のために頑張ってきてくれた父。その父が創り、育て、大切にしてきた会社を、父を慕ってくれる社員を、これからは自分が守っていこう。」

そう思って、会社を継ぐことを決心したんです。

 ― そのような経緯があったのですね。その決意を抱く今、未来に向かって描いている御社の姿についてもお聞かせいただけますでしょうか。

寺岡氏:僕たちが目指すのは、〝日本一の企業〟になることです。それは数字の部分ではなく、全社員が「俺たちは日本一だ!」と誇れる企業になるということ。

お父さんが日曜日の食卓で自分がやっている仕事について楽しく家族に語り、子どもたちが嬉しそうに聞きながら「僕もそんな仕事がしたい!」と憧れる。そんな風景を創り出せる会社にしたいんです。

例えば、会員制肉割烹「とらいち」をオープンさせた新会社の株式会社Libretigがあれば、同グループ内の別会社で夫婦が働くなんてことも実現できますよね。警備員をやってる旦那さんがいて、その奥さんは別会社の「とらいち」でアルバイトをして、とか。奥さんが警備員をして、旦那さんが営業をして、でもいい。

時代としても副業やダブルインカム、短時間ワーク、在宅ワークといった多様な働き方が認められ始めている流れがあるので、そういった働き方も自社内で形にしていけたらいいですね!それができる会社であるということは、当社の一番の魅力だと思います。

1

 ― 素敵な未来の姿ですね!そのような風景を創り出せる企業になるために、何が必要だとお考えでしょうか。

寺岡氏:一つは、グループ企業として五大テックと新会社が両輪として噛み合う状態を作っていくこと。新会社でも既存のセキュリティ事業と同じくらいの利益を上げられるようにして、各社それぞれが雇用を生んで、各社の社員がグループ内で行き来できるような体制を整えていきたい!

もう一つは、「経営者一人の100歩ではなく、社員100人の一歩で成長する組織」を目指していくこと。というのも、誰もが一日24時間しか与えられていない中で、経営者が一人でいくら頑張って100歩進んでもそれが限界です。でも、同じ志と目標を持った100人と歩けば、ひとりひとりのたった一歩も100歩になりますよね。仕事は「何をやるか」ではなく「誰とやるか」が大事ですから、同じ志を持ったたくさんの仲間と共に会社の未来づくりをしていきたいと思っています。

 ― 最後に、未来の社員に向けたメッセージをお願いします!

寺岡氏:僕ら86年世代は、小さい頃ポケモンで遊んでいました。ポケモンの魅力というのは、敵を倒すのではなく敵を仲間にして、その個性を活かして活躍させていくもの。これはまさにナンバーワンではなく、オンリーワンです。

当社もまた、そんなオンリーワンの個性をひとりひとりが活かしながら、皆で一歩ずつ踏み進めて、僕自身も一緒に成長していきたい。今はそんな気持ちで一杯です!

最後になりますが、もしも今就職先をお探しの方の中に、当社に興味を寄せてくださる方がいれば、ぜひ一員となっていただきたい!あなたもまだ知らないあなたの才能や可能性を共に信じ、誇りを持てる自分自身を創り上げていきましょう。

僕たちは、気持ちの通じ合える仲間と本気で未来に向き合える環境をご用意して、お待ちしています!



取材・執筆=SAKUMA製作所
編集・校正=山崎
撮影=吉田

企業詳細情報はこちら↓


五大テック株式会社

企画取材・企画記事作成をご希望の方はこちら↓

この経営者とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる