株式会社アジアピクチャーズエンタテインメント

山岡 優樹

映画×報道!? 企業のリアルを映す動画制作

視聴者の信頼を得る動画で、企業を幸せにしたい
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、映画・動画を制作する株式会社アジアピクチャーズエンタテインメントの山岡氏にお話を伺います。今回は同社が企業向けに手がける動画制作サービスについて詳しく教えていただきました。

株式会社アジアピクチャーズエンタテインメント 取締役 山岡優樹氏のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%83%94%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88  %e7%a4%be%e9%95%b7%e7%94%bb%e5%83%8f

視聴者が納得できるリアルな動画制作


–まず始めに、株式会社アジアピクチャーズエンタテインメントの事業内容をお聞かせください。

山岡氏:はい。弊社は動画製作&配給宣伝事業、スクール事業、そのほか関連事業の3つを柱に事業を展開しています。

今回は、その中でも動画制作事業についてお話します。

動画制作事業では、様々な動画を制作していますが、法人向けにはPVの作成や採用動画の作成などを行っています。

また弊社は「経済報道テレビ」というWeb報道局を保有しているので、取材班がリサーチから密着取材、編集、配信まで一括して行うことが可能です。制作した動画はWebサイトで配信しています。

–ありがとうございます。御社サービスの強みや差別化できるポイントはどこにあるとお考えですか。

山岡氏:弊社はもともと映画の宣伝・制作・配給を行う会社として創業した会社なんですね。これまで約20本ほどの映画制作に携わってきました。

そして映画は高いビジュアルセンスや構成能力が必要になりますので、その中で培ってきた映画構築のノウハウが1つの特徴になります。

構成に関しては、誰もが知っているテレビ番組の制作を経験してきたディレクターが在籍していることもあり「伝えたいけど伝たわりにくいもの」を分かりやすく形にすることができます。

そして何より、こうした映画構築のノウハウに元報道記者の弊社代表上野の取材力が加わり「映画×報道」というオリジナルなスキルがあることが弊社の最大の強みだと考えています。

–「映画×報道」のスキルから生まれる企業の動画とは面白いサービスですね。

山岡氏:ありがとうございます。ただ面白いというだけではありません。

と言うのも、報道動画において、弊社は第三者視点として企業様の生の情報をお届けしますので、その会社のストロングポイントだけでなく、場合によってはウィークポイントもしっかりと打ち出しているんです。

だからこそ視聴者が納得してくれるリアルなものができ、企業のブランディングや人材獲得、販売促進などに貢献できる動画になるんです。

専門家集団の動画制作サービスを開始


–山岡様が入社されたきっかけについて教えてください。

山岡氏:元々私は札幌でフリーランスをしており、代表の上野とは仕事を受注する形で交流がありました。ある日、上野から「うちに来ませんか」とオファーをいただいたのですが、北海道での生活もあり、収入も安定していたので、わざわざ家賃の高い東京に行くメリットがなく、お断りをしていたんです。

しかし半年後にも、再度ご連絡をいただいたので、話だけは聞いてみようと北海道から東京に行きました。

そこで映画や役者スクールなどの事業内容を伺ってみると、自分が興味を持っているエンターテイメント領域の仕事として、とても面白い事業をしていることを知ったんですね。それから2週間以内に上京をし、株式会社アジアピクチャーズエンタテインメントに入社しました。

–御社は映画制作から動画制作をはじめられたんですよね。そのきっかけついて教えてください。

山岡氏:私たちは映像の専門家集団なので、その技術を一般の企業様向けにご提供することで、企業に幸せになってもらいたいと思ったのが、動画制作の事業を始めたきっかけですね。

企業の幸せとは、関わる人がその企業のことを信用して好きになってくれることだと思うんです。そのために私たちはきちんと真実をお伝えし、企業様の信用を担保することが何よりも大事だと思っています。

誠実な動画制作で本物を届ける


–今後の目標を教えてください。

山岡氏:動画制作に携わることで、一人でも多くのお客様をお助けすることです。

動画屋である私たちができることは、動画を見る視聴者や企業にとってすばらしい動画を提供し続けること。そのためにも動画の質を上げ、本当にいいものを提供できるよう、これからも精進していきたいですね。

世の中にあるもの、それによって受け取る感情や情報は千差万別で、人々が求めるものも大きく異なります。そのため同じ動画を発信したとしても、批判を受けることもありますし、一方で賞賛されることもある。

だからこそ弊社ができることは、動画制作に対して常に「誠実であること」。誠実に動画を制作し、視聴者に対し本物をお届けすることで、安心して見られるサービスを提供していきたいと考えています。

–ありがとうございます。では最後に、読者へメッセージをお願いします。

山岡氏:私たちは、企業様が本当に伝えたいことを余すことなく、公正に、多くの方にお届けいたします。ぜひご興味のある方は、ご連絡ください。

執筆=山田
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社アジアピクチャーズエンタテイメント
会社URL:https://apie.jp/ 

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる