株式会社アクトビ

藤原 良輔

フリーランスチームで高品質なITソリューションを

仕事の本質を意識するから、質が高まり効率的になる
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回は、フリーランスの方々と共にITソリューションサービスを提供する株式会社アクトビの藤原氏にお話を伺いました。

「世の中すべての人が活躍できる場を提供する」というビジョンのもと、技術を持ったフリーランスが活躍するチームをつくる同社。企業とクリエイターの新しいスタンダードをつくりたいという藤原氏にその想いを伺います。

株式会社アクトビ 代表取締役 藤原 良輔氏のONLYSTORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%93 %e7%a4%be%e9%95%b7%e7%94%bb%e5%83%8f

【経歴】

1987年9月22日 大阪生まれ 自動車整備の専門学校を卒業。

メルセデス・ベンツ正規ディーラーにてメカニックとして勤務。メルセデス・ベンツ公認メカニック2級を取得後、退職し個人でダイニングバーを開業。その後、プログラマを志し東京のSIer企業へ転職。複数のiOS/Androidアプリ受託案件やIoTサービスの立ち上げを経験。

アプリケーションエンジニアとして主にiOS/Androidアプリを企画からローンチ、運営までを一人で経験する。同時にマーケティング、サポート業務も経験。 その後、コンサルティングベンチャー企業を経てフリーランスエンジニアとして独立。地元大阪へ戻った後、フリーランスと企業との新しい法人の形を実現すべく、2018年2月 ACTBE Inc.設立。

フリーランスを「外注」ではなく「主体」に


–株式会社アクトビの事業内容を教えてください。

藤原氏:弊社を一言で表すと、「フリーランスとチーム形成を行い、企業の課題解決を行うITソリューションサービスを展開している会社」です。具体的には、BtoBの受託開発事業と自社パッケージシステム開発、BtoCのコワーキングスペースの運営の3軸で事業を行っています。

–ありがとうございます。3つの事業についてご説明いただけますか。

藤原氏:はい。1つ目の受託開発では、Web制作やシステム開発、デザインを中心に大規模な基幹システムの構築や企業のブランディング、コーポレートサイト、ECサイトの構築などクライアントの幅広いニーズに対応しています。

2つ目のコワーキングスペースについては、大阪北堀江にてコワーキングスペース『ACTBE Horie』の運営を行っています。こちらはフリーランスが輝きやすい環境をつくるための1つの手段として行っています。

3つ目の自社パッケージシステムの開発では、業務管理システムや基幹システムの自社サービスの開発を行っています。

–他社との差別化のポイントはどこにありますか。

藤原氏:フリーランスに「外注」ではなく、チームの「主体」としての立場を任せ、プロジェクトに取り組む点ですね。と言うのも、企業が受託開発を行う場合、案件のコアな部分は自社で担当して、実装などの部分をフリーランスに依頼するのがほとんどなんです。

フリーランスを主体とすること、加えて弊社がクライアントとフリーランスとの間を取り持ち、フリーランスの方々が持つバックグラウンドや専門分野の情報にマッチする案件を提案することで、スピード感やできあがるものの品質が大きく変わるんです。

また、フリーランスのチームを形成し、同じような取り組みをしているところもあるのですが、法人化していないため、契約関係でトラブルになることが多いんですね。一方で弊社は「株式会社アクトビ」として契約をして、案件進行にも社員や役員が入るので、リスクを回避することができます。

フリーランスに寄り添う組織づくりを


–起業の経緯について教えてください。

藤原氏:もともと私は自動車整備士として働き始め、その後飲食店経営を経て、IT業界に入りました。飲食店経営をしていたときにスマートフォンが登場し、その頃からエンジニアになりたいという想いを持つようになったんです。そこで大阪から上京し、アプリエンジニアとしてシステム会社に入って技術を学んでいました。

そこで働いて技術を身につけるうちに、クリエイター職としてもの作りをする人達が企業に属している意味がわからなくなってしまったんですね。調子に乗っていたことも確かなのですが、「自分たちの技術があれば、もっと価値を提供できるのに…。」と思うようになり、フリーランスになることにしたんです。

–藤原様自身がフリーランスとして働かれていた時期があるんですね。

藤原氏:そうなんです。フリーランスとして東京で活動していたのですが、結婚のタイミングで地元の大阪に戻り、東京のフリーランスとは違う独特の商売感覚を持ち、ビジネス力が高い大阪のフリーランスに出会うようになりました。そして「こういう人達ともっといろいろな仕事をしていきたい」と思ったのが起業のきっかけです。

これまで日本のものづくりは世界的に評価されてきましたが、テクノロジーが注目される時代に変わり、評価されなくなってきたと感じています。この原因として、日本の企業とクリエイターのビジネス関係が良好ではないことが挙げられると思うんです。

だからこそ、優秀な人はフリーランスになって独立してしまう。かといってフリーランス単体では大きい案件は請けられない。

この状況を解消するべく、フリーランス人材をメインとする会社を立ち上げたいと思いました。その想いは当時から変わりません。

企業とフリーランスの新しいスタンダードへ


–今後の短期的な事業展開の目標を教えてください。

藤原氏:短期的には、2年かけて受託開発の体制を構築してきたので、この事業で売上を伸ばしていきたいです。前年比、1期目、2期目で約300%ほど伸ばしたので、3期目も200から250%ぐらいに伸ばせたらいいなと思っています。

–4期目以降の長期的な事業展開の目標を教えてください。

藤原氏:「世の中すべての人が活躍できる場を提供する」という弊社のビジョンを実現させることです。

そのためにも、社員、外注、パートナーなど古い価値観ではなく、個人個人がプロとして高い水準で仕事をして楽しく働いていけるような企業体制を、まずは業界全体のスタンダードにしていきたいと思っています。

–ありがとうございます。最後に、読者の方へメッセージをお願いします。

藤原氏:我々が大切にしているのは、本質的なビジネス・本質的な働き方を創造し続けることです。作られる製品が何のためにあるべきものなのか、その本質をメンバー全員が探求し続けることで効果の出る正しい製品が生まれます。

社内のITの課題や販売促進、業務改善にお悩みの方、また働き方改革の為の社内環境つくりにおいてお力になれることが多々あると思いますので、ご連絡おまちしております。

執筆=スケルトンワークス
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社アクトビ

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk