株式会社テックコミュニケーションラボ

萱原 正嗣

「伝えたいことが伝わらない」企業の課題を解決

「理解力」と「翻訳力」で分かりやすいコンテンツ制作
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、「伝わらない」という課題を解決する株式会社テックコミュニケーションラボの萱原氏にお話を伺います。会社や商品の魅力を伝えきれないと悩む企業に、紙のパンフレットやWebコンテンツなどの制作によるコミュニケーション支援を行う同社。伝わるコンテンツ制作の秘訣を語っていただきました。

株式会社テックコミュニケーションラボ 代表取締役 萱原正嗣氏のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%83%86%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%9c %e7%a4%be%e9%95%b7%e7%94%bb%e5%83%8f

クライアントと受け手の視点を両方持つ


–株式会社テックコミュニケーションラボのサービス内容からお伺いします。

萱原氏:弊社は、「伝えたいことが伝わらない」という企業の課題を解決するためのコミュニケーション支援を展開している会社です。具体的には、企業や商品の魅力を伝える紙のパンフレットやWebコンテンツなどを制作しています。

多くの企業が、「どうすればより伝わるのか」「そもそも何を伝えればいいのか」といった課題を抱えています。そんな会社に対して弊社は、会社の状況や売りたい商品についてヒアリングを行い、適切なアウトプットに落とし込んでいきます。

そのため、コンサルの機能も付随したコンテンツ制作会社とも言えますね。

–「伝わらない」問題とはどういったものでしょうか。

萱原氏:たとえば採用においては自社の魅力を、販促においては商品の魅力を伝えることが必須になりますが、採用の結果が芳しくない、あるいは商品が思うように売れない場合、伝えたいことが伝わっていないことが原因であることがほとんどです。

そんな時に弊社がヒアリングを行い、伝え方を見直すことで、効果が大きく改善していきます。

–どういう業種をターゲットにしているのでしょうか。

萱原氏:ターゲットは特に絞っていませんが、説明するのが難しいことを分かりやすく伝えることを強みとしているので、専門技術を扱うメーカーをはじめ、商材の形が見えにくいITサービスや情報通信、コンサル、データ分析、監査法人などがクライアントには多いですね。

–他のコンテンツ制作会社と比べて、御社の強みを教えてください。

萱原氏:弊社の強みは、クライアントの特徴や意図を読み取る「理解力」と、情報を届けたい相手にきちんと届ける「翻訳力」です。

理解力においては、事前のリサーチやヒアリングを丁寧に行うことで、相手のことをしっかりと理解するよう努めています。

翻訳力においては、制作物を目にする人たちの興味を引くポイントを探りながら、面白さや分かりやすさを重視した制作を心がけています。

この2つの力が、弊社の制作物の伝わりやすさにつながっていると自負しています。

–事業を運営していて楽しいと思うのはどんな時でしょうか。

萱原氏:毎年お手伝いしている大学のパンフレット制作のように、クライアントと制作の狙いや企画を膝突き合わせて話し合いながら、デザイナーやカメラマン、ライターなどのスタッフとともに少しずつ作り上げていく大きな案件にやりがいと面白味を感じますね。

大学特有の難しい専門分野を分かりやすく、そして面白く読んでもらうために、弊社の「理解力」と「翻訳力」が大いに威力を発揮しています。

–話し合いながら作り上げる過程には、意見の相違も出ると思いますが。

萱原氏:もちろんクライアント側にも内部事情があるので、弊社と意見が分かれることはあります。しかし、最後はクライアントの意思を尊重するにしても、コンテンツを受け手側の視点で見たときに問題や効果に疑問があるとしたら、その懸念ははっきりと伝えます。

また、制作スタッフ同士でも意見が異なることはよくあるので、とにかく制作意図と照らし合わせながら意見交換を重ねることにしています。

–クライアントの評価はどうでしょうか。

萱原氏:「分かりやすく作ってくれてありがとうございます」といった感想をはじめ、コンテンツの出来を評価いただくことが多いですね。

コンテンツ制作に適性を感じ、事業化


–起業に至る経緯をお伺いします。

萱原氏:大学卒業後はIT企業に就職しましたが、やがて独立して自分の力を試してみたいと思うようになり、会社を辞めていろいろと模索をしました。

その中で、自分は文章を書きコンテンツを作ることに適性があり、それによって他人を喜ばせる能力があると気付いたんです。

その後、個人事業主として長くコンテンツ制作を続けていましたが、個人ではクライアントの規模には制約があるため、チームを作って大きな仕事も手掛け、クライアントの数も増やしたいと思い、会社組織にしました。

–起業後、どんな点に課題を感じていますか。

萱原氏:現在、新規のクライアント開拓が難しいと実感していて、これが課題になっていますね。

今まで紹介やリピートに頼るだけでうまく仕事が回っていたためか、いざ自分でクライアントを新規開拓しようとしてもうまくいきません。この課題を乗り越えれば、またひとつ成長できると思っています。

長いお付き合いで企業とともに成長を目指す


–将来の事業展望をお聞かせください。

萱原氏:クライアントのパートナーとして常に伴走し、コミュニケーション面のボトルネックを解消できる企業でありたいですね。

時間が経つに従って企業の事業やステージも変わり、伝えたい事柄も変化していくものです。クライアントとともに成長していくためにも、長いお付き合いが必要だと思っています。

–短期の具体的な目標はありますか。

萱原氏:5年10年と長く伴走できるようなクライアントを、この1年で5社ほど増やしたいと思っています。お互いを理解し合うにはやはり長い時間が必要ですし、理解が深まることで提供できる価値も大きくなり、一緒に成長できるはずです。

まだまだ新規開拓が課題となっていますが、そんな関係性をクライアントと作っていきたいですね。

–現在のコンテンツ制作以外に、何か新しい構想がありますか。

萱原氏:弊社の規模が大きくなってスタッフやリソースも増えれば新たな事業展開も考えたいところですが、今は現状で手一杯なので、まだ具体的に考えられる時期ではありませんね。

–最後に、読者へのメッセージをお願いします。

萱原氏:自分たちの会社や商品の魅力をうまく世の中に伝えられずに悩んでいる人たちのお手伝いをしたいと思っています。弊社の豊富な経験とスキルは必ずお力になれるので、ぜひお声がけいただきたいと思います。

執筆=増田
校正=米山

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社テックコミュニケーションラボ

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk