株式会社Next Branders

桑原 真明

日本のアパレルブランドや製造技術を世界へ

投資銀行で培った知識で、産業全体の底上げを目指す
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回は、アパレル事業とコンサルティング事業の二軸展開をする株式会社Next Brandersの代表取締役・桑原氏にお話を伺いました。まずは現在の事業内容について詳しくお聞きしましょう。

株式会社Next Branders 代表取締役 桑原 真明氏のONLYSTORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%benext branders

日本のファッションブランドや製造業の技術を世界に発信していく


-桑原氏-

「株式会社Next Brandersは、日本で眠っている技術や美意識を世界に発信するジャパンブランドを作るというビジョンを掲げて事業を展開しています。

具体的には、アパレル事業と、経営支援・M&A(買収合併)・資金調達等のアドバイザリー事業を行っております。

当社は自社でライフスタイルブランドを展開しているため、アパレルブランドや化粧品会社がどのような悩みを抱えているのかを理解しやすいです。

例えば、社長が創業経営者として一人で経営を行ってきたけれど、M&Aや資金調達等を活用してどのように事業を成長させたり、どう事業継承を行えば良いかわからずに困っているケースは非常に多いです。

縫製業や製造業などをまったく知らない人が経営支援の手伝いをすると言っても、なかなか信頼を得られないことがあります。しかし、私たちには自社ブランドがあるからこそ、自分事として企業の悩みを解決するサポートができます。その点が当社のひとつの強みです。

アパレルをはじめ、製造に関する企業は、ものを作るというクリエイティブな才能に特化していますが、ビジネスの部分に不安を抱える会社が少なくありません。

しかし、日本からジャパンブランドを発信し、ジャパンブランドを作るとなったときに、ビジネスとクリエイションの両輪でブランドをどのように強くしていくかという考えは常に持たなければならないと思います。

だからこそ、私たちがクリエイターとして素晴らしい才能や技術を持つ企業を、ビジネス面でサポートしていきたいと思います。

自社ブランドを持っているからこそ、ファッションビジネスやメーカービジネスの最新情報には常にアンテナを張っています。そこで得られた知見やアイデアを日本で昔から縫製業に携わっている企業に導入することも可能です。

アパレル業界で働いている方には新しいことにチャレンジしようという考えを持つ人が多いので、一緒に新しいことを知って、そのノウハウを身につけて、産業全体を底上げできたらいいと考えています。」

外資系投資銀行で培った知識を、アート・ファッション業界で活かしたい


-桑原氏-

「私は学生のころにアパレルブランドでアルバイトをしていました。その他にもストリートダンスに打ち込んでいたりと、アートやファッションというものを身近に感じながら過ごしていたんです。

しかし、アートやファッションでお金を稼ぐのは難しいという現実を目の当たりにして、お金というものはどのように回っているのか知るために、東京大学大学院で計量経済学等を勉強したあと、外資系投資銀行に入社しました。

そこでお金・経済の流れや、投資家理解、会社のM&A、IPO等の資金調達実務を一通り学び、この知識をアートやファッションの業界で活かしたいと思い、この事業を始めました。

世の中にはいろいろなビジネスがありますが、やはり自分がわくわくしないと仕事として続きません。私はアートやファッションが好きだったので、自分が培った経験で、この産業の力になりたいと思ったんです。

ただ、実際に事業を始めてみるとまだまだ勉強することは多く、アパレルの商習慣などは日々学ばせてもらっています。自らも成長しながら、外部の世界を見てきた立場としての強みを活かしていきたいです。

私は日本のファッションや、もの作りの技術がとても好きなので、そういったものを世界のより多くの人に知ってもらえるお手伝いがしたい。大変なことは多いと思いますが、賛同してくれる企業と皆さんと切磋琢磨していけたらと思います。」

ファッションや物作りの世界に、投資銀行業務を導入したい


-桑原氏-

「今後の展望として、まず短期的にはコンサルティングをさせていただく会社の数を増やしつつ、自社のライフスタイルブランドとの相乗効果を生めるような形を考えていきたいと思います。

もちろん、自社とだけではなく、コンサルティングに入っている企業同士がコラボレートしてより良い状態になればいいと思いますし、ひとつの経済圏のようなものまで発展させることができればいいと考えています。

その後は、ファッションやもの作りの世界に投資銀行で行ってきたアドバイザリービジネスを導入したいと考えています。今は単純にM&Aや経営のアドバイザリーを行っていますが、それを横展開していったら面白い環境が作れると思うんですよね。

もちろん当社が投資銀行業務を行ってもいいし、キャッシュが生まれてくればどんどん企業を買収して、LVMHグループや、ケリンググループのような、ブランドを有する企業にしていくというのも展望の一つです。

かつて投資銀行業務に携わっていたからこその観点だと思いますし、日本からハイブランドの箱のような企業が生まれたら、素敵なことだなと考えています。

株式会社Next Brandersはもの作りを行う企業を中心に事業展開していますが、事業の経営に関わる知識やノウハウを有している会社なので、業界にかかわらず、事業に悩みを抱えている経営者の方のお力になれればと思います。」

住所や電話番号、採用・求人などの詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社Next Branders
ライフスタイルD2Cブランド "Foo Tokyo":https://brand-foo.com/

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる