株式会社オンライズ

石渡 一輝

営業代行と人材紹介で人々の可能性を広げ続けたい

「人生はいつからでもよくなる、大丈夫」
SHARE ON

今回のインタビューは、営業代行と人材紹介の2つのサービスでキャリア支援を行っている株式会社オンライズの石渡氏にお話を伺います。「人の可能性を広げ続ける」というビジョンを掲げる同社の立ち上げの経緯や今後の展開についても熱く語っていただきました。

株式会社オンライズ 代表取締役 石渡 一輝氏のONLY STORY

2つの事業で社内外のキャリア支援を行う


––株式会社オンライズの事業内容をお聞かせください。

石渡氏:オンライズは、営業代行と人材紹介の2つを提供している会社です。

––まず営業代行について教えていただけますか。

石渡氏:はい。営業代行では、百貨店やショッピングモールなどで行われる催事場でtoC向けにウォーターサーバ-の販売をしております。

僕たちの営業代行の特徴は大きく2つあります。1つは販売を行うメンバーのコミットメントです。メンバーはみな「会社を経営したい」「お金を稼ぎたい」など明確な夢を持っています。だからこそ、その夢につながる目の前の仕事に本気でコミットメントできるんです。

2つ目はチームのために動けるメンバーがそろっていることです。メンバーには「誰かが大変な時には助けてあげるのが大事」「自分だけ利益を追っても上手くはいかない」など僕自身の失敗談とそれらを通して学んだ解決策をよく話しています。そのためかメンバーは「みんなのために動くことが結果として自分のためになる」ということを当たり前のことと考え、その考えの元現場でも動いてくれます。

––ありがとうございます。続いて、人材紹介についてサービス内容をお聞かせください。

石渡氏:人材紹介サービスでは、人材紹介会社とアライアンスを組み転職支援を行っています。主にエンジニアやWebマーケティング、営業職など僕のこれまでの経験を生かせる職種を得意としており、その中でも特に未経験者からミドル層の方たちを中心にサポートをしています。

––人材紹介サービスの強みを教えてください。

石渡氏:求職者に対し「自分はどうなりたいのか」を徹底して深掘りするところです。結局仕事は手段でしかありません。僕は社長ですが、それは役割でしかなくてそれ以上の意味はなく、それよりも大事なのはなぜその役割を得たいと思うかだと思うんです。

しかしそれは目の前の人と本音で話し合わなければ出てくるものではありません。そのため、一般的に1時間以内と言われる求職者との面談を弊社では求職者がきちんと腑に落ちるまで時間をかけてしっかりとコミュニケーションを取るようにしています。求職者が自分の人生をどう歩みたいのかをちゃんと自分の考えとして持てるように一人ひとりと向き合っています。

––事業を行う上で、石渡様が大切にしていることを教えてください。

石渡氏:「可能性を広げ続ける」という弊社のビジョンです。実はそのビジョンから逆算して現在の営業代行や人材紹介の事業を選んでいるんです。

例えば営業代行の仕事では、対話力やヒアリング力を磨いたりお金を稼いだりできるので、その経験を重ねていくことで、未経験でもビジネススキルが身につき自分の可能性が広がります。人材支援では転職者の可能性を広げることができます。

そのように事業を通して、メンバーや求職者の可能性を信じ、そして広げ続けることが大事にしていることです。

「一歩が踏み出せない」そういう人を助けたい


––石渡様の経歴を教えていただけますか。

石渡氏:高校卒業後、地元埼玉で6年間医療事務に従事し請求業務から医療材料の管理、メーカー対応など一通り経験しました。

その後、「社長になろう」と思い至り、「社長であれば仕事ができる、仕事ができる人といえば営業職だ」という考えから、意を決して上京し、営業の中でも一番きついと言われている通信業界の訪問営業に転職しました。ただ当時は社長になろうと考えていましたが具体的な事業のイメージはまだ沸いていなかったんです。

とあるイベントに参加したのが今の事業を始めるきっかけとなりました。そこで色々な参加者と交流する中で、「仕事が楽しくない」っていう子が多いことを実感し、「彼らに働くことが楽しいと関してもらえるような仕事ができたら素敵だ」と思い、そこから転職支援に興味を持つようになりました。そして、のちに見つけた人材会社に2年半在籍したのちに独立しました。

––そもそも社長になろうと思われたきっかけは何だったのでしょうか。

石渡氏:2つの幼少期の環境・経験が大きく影響しています。1つは貧乏だったことです。実家の牧場が経営難に陥りみるみるお金がなくなりました。食事代わりに雑草を食べたり、真冬に真水の風呂に入ったり、電気が止まって夜はロウソクで暮らしたり……。そういった貧乏な生活が9歳から21歳まで12年間続きました。

もう1つは宗教上の理由で、あらゆるものの選択肢が人より少なかったことです。例えば体育の授業で柔道ができなかったり、異性との付き合いができなかったり、信仰のために部活も禁止されたりしました。決して宗教を否定するわけではありませんが事実としてそのような学生時代を過ごしてきました。

そのような日々を過ごす中、転機となったのが21歳の夏。知人からバーベキューに誘われてついて行き、いろいろな仕事をしている人たちと出会いました。自分の見てきた世界の狭さを知り衝撃を受け、同時に「もっと他の世界を見なきゃいけない」と思いました。そして、23歳で東京に飛び出したのです。

僕が「可能性を広げ続けたい」と言うのは、幼少期から10年間一切の可能性のない中で生きて苦しんできたからなんです。今でこそ両親とは仲良くさせていただいてますが、当時は両親を憎んでいましたし、自分の人生をどう生きるかなんて考えてもいませんでした。だからこそ「一歩踏み出したい」「どう生きればいいのかわからない」という人たちの助けになりたいと思って会社を設立したんです。

––幼少期の原体験が起業へとつながっていらっしゃるんですね。

昔の僕を支援できるような事業を目指す


––短期的な目標について教えてください。

石渡氏:営業代行については販路を広げてメンバーを増やしていくことが目先の目標です。また人材紹介については、引き続きtoC向けに行っていく一方で、法人向けの採用代行サービス(RPO)にも力を入れていきたいと考えております。

––長期的な目標を教えてください。

石渡氏:例えば高卒の方やフリーターの方たちが明るく楽しく人生を歩むことができるきっかけを与えられるようなプラットフォームを作りたいと思っています。これからは個人の力が大事になっていく時代です。だからこそ、自分の軸をちゃんと見つけて、それに沿ってビジネスに取り組んで生きていける人を増やしたいんです。

今例に出した層には、昔の僕のように「どう生きればいいのかわからない」と悩んでいる方々が多いと考えています。彼らを支援することは、昔の僕を支援することと同義です。あの時の僕が欲しかったものを形にしていけたらと思います。

––ありがとうございます。では最後に、メッセージをお願いします。

石渡氏:何か売りたい商材がある企業様や中途採用でお悩みの企業様はぜひご相談ください。また、キャリア支援はこれからもずっと取り組んでいきたい領域ですので、共感いただけた企業様とはぜひお知り合いになりたいなと思っています。

学生さんに対しては、覚悟さえあれば「人生いつからでもどこからでもよくなれるよ」という想いは伝えたいですね。あなたには可能性があるから、きっと大丈夫ですよ。


執筆=山田
校正=笠原

株式会社オンライズの住所や電話番号、採用・求人等が載っているホームページはこちらから↓



SHARE ON