ジョブプロジェクト株式会社

堀田 航真

広報支援と人材育成で採用から入社後までの課題を解決

多彩な専門家集団がWeb集客や新規事業をサポート
SHARE ON

今回のインタビューはジョブプロジェクト株式会社の取締役COOの堀田航真氏に、採用支援や人材育成、様々なプロジェクトのサポートで実績をあげている同社の事業についてをお聞きしました。

ジョブプロジェクト株式会社 取締役COO 堀田 航真氏のONLY STORY

サイトのリニューアルでCPAを3分の1に


––まずジョブプロジェクト株式会社の事業内容をお伺いします。

堀田氏:一言で表すと弊社はクライアントのプロジェクトや事業の立ち上げを推進していく会社です。例えば、会社の成長に必要不可欠な人事領域の支援として求人の広報支援や社員の活躍を目的とした研修事業を行ったり、プロジェクト単位であればサービスのPRやECの活用支援などを行っています。

その中でも主軸となっているのが、創業当初から行っている求人の広報支援です。『Indeed』広告周りを包括的支援し、応募数を最大化し、応募単価とともに採用単価を下げるお手伝いをしています。

また、広報支援をする中で、応募があって採用ができたとしても「定着しない」「活躍できない」などの課題が多いことを感じたため、それらの課題を解決できるようにと自社でツールを作成し採用から入社後までサポートできる体制を作りました。

––ありがとうございます。続いて同業他社と比較した際の御社の強みを教えてください。

堀田氏:弊社が重視しているのは、徹底的なヒアリングととにかくクライアントに寄り添う姿勢です。

ヒアリングによってクライアント独自の魅力を引き出し、それを広報に役立てることはもちろん、見つかった課題に対し従来とはまったく違う切り口でのご提案ができることも喜んでいただきます。寄り添う姿勢に関しては、課題解決のための調査や必要であればお打ち合わせの同席まで行っています。時に工数度外視になるくらい寄り添い過ぎて怒られてしまうこともありますね(笑)


また弊社メンバーはWebマーケや新規事業立ち上げの専門家ぞろいなので、サイト作成後の集客やPDCA、データ解析はお手のものなんです。メンバーそれぞれの得意領域が異なることから、社内の情報や知識の種類も多くなるので、幅広い柔軟な提案が可能になっているんです。実は落語家のTwitterのゴーストライターや地下アイドルのプロデューサーまでいるんですよ。

––違う切り口でのご提案とのことですが、例があれば教えてください。

堀田氏:以前「採用後の定着率が悪い」というクライアントがいらっしゃったんですが、採用広報に本格的な動画を制作しましょうとご提案した結果、翌日に早速効果が出たということがありました。また、コンサルティングに入った通販会社のサイトのフルリニューアルをご提案した際にはCPAを3分の1にしたこともありましたね。

創業から変わらない理念、顧客の喜びが第一


––創業メンバーになった経緯をお聞かせください。

堀田氏:新卒で入社した会社を辞めた後、採用支援の仕事に携わっていたところ、弊社の現CEOの鈴木に「会社を創業するから一緒にどうか」と誘われたのがきっかけです。30代は経験をしようと決めていたので、面白そうだとすぐに返事をし、立ち上げに参加しました。

お金持ちになりたいとか社長や役員になりたいとは考えていましたが、今のように課題解決の会社を作ろうなんて、まるで思いもよらないことでしたね。

––創業からこれまでで苦労した思い出、よかった思い出を教えてください。

堀田氏:面倒なことはすべて鈴木がやってくれたので、苦労した記憶はほとんどありません。ただ粗利や売り上げ、マネジメントの何たるかも知らずに、何の経験もないままいきなり役員になったものですからそこは大変でした。

よかった思い出はとにかく人に恵まれてきたことです。社内はアドバイスをくれながら自由に仕事をさせてくれますし、社外でもクライアントに恵まれていると感じています。

––堀田様が組織運営で大切にしていることは何でしょうか。

堀田氏:とにかくクライアントの喜びを第一としているので、クライアントが喜ぶと思ったら即実行する姿勢を創業以来一貫して大切にしています。

「社内VC制度」で新規事業の応援を


––向こう3年ほどの事業展望をお伺いします。

堀田氏:創業時は考えていませんでしたが、現在はさまざまなプロジェクトを通じて優秀な人材を次々と採用できたことから、上場を視野に入れています。

事業面では、メンバーが得意とする領域、好きな分野での事業が立ち上げられる環境を作りたいと思います。例えば弊社には愛媛に移住したフルリモートの役員がいるんですが、彼はこのコロナ禍を逆手にとって、愛媛と東京をつなぐ事業を考えているようです。ほかにも不動産をやりたい、金融をやりたいというメンバーもいますので彼らが仕事をしながらも夢を叶えられる場所にしたいです。

––では、その先の長期展望をお尋ねします。

堀田氏:8年後にはグループ会社全体で200事業作ることを目標にしています。そのために実現したいのが社内VC制度です。

誰かが新事業を起こしたいとなったら、事業計画書を書いて会社から予算をもらうんです。もし事業が失敗したとしても、本業で頑張って返済すればいいので、本人の負債として残ることはありません。ローリスクで挑戦できそれが会社の成長にもつながるので、このような未来が作るのが楽しみです。

––最後に、読者へのメッセージをお願いします。

堀田氏:新規事業や協業、既存事業の発展には、新鮮な風が吹き込むことが必要です。ブレストからは新たな事業の切り口、思いがけない発想が生まれるはずです。経営者様の時間をムダにはしません。ぜひその機会をいただきたいと思っています。

学生さんに向けてですが、もし自身の進路がまだ見えていないなら、とりあえず弊社に入れば自分のやりたいことに気づき、事業を作るノウハウも身につくはずです。連絡をお待ちしていますね。


執筆=増田
校正=笠原

ジョブプロジェクト株式会社の住所や電話番号、採用・求人等が載っているホームページはこちらから↓

SHARE ON