株式会社Sociarise

中村拓海

世界の才能と情熱が集まる日本へ

日本で働きたい外国人をサポートする会社
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

口コミや評判だけではわからない、株式会社Sociarise 中村拓海社長の物語

Thumb f156b165 31b7 4d3f 9cba ff10b41e644b

人財の開国を目指したい


日本に住む外国人留学生や卒業後の外国人は日本での就職を
希望しつつも、なかなか思い通りに仕事に就くことができない
という現状がある。そうしたグローバルな人材にスポットを当て、
就職支援ウェブサイトの運営やサービスを行なう会社がある。
株式会社Sociariseである。中村拓海社長にインタビューを行なった。

「厚労省のデータによれば、総社員数に占める外国人社員平均数は、
上場企業でも0.26%にとどまっています。つまり、5000人中13人しか
外国人がいないことになります。声高にグローバル化が叫ばれている
にも拘らず、これが現実なのです。」

現在の日本で卒業ないし修了する外国人留学生は、毎年4万人ほどいる。
しかし、その人たちを雇用して受け入れる体制がほとんど整っていない
という現状がある。

「せっかく日本に魅力を感じて学びに来てくれている人たちに対して、
これでいいのだろうか。人材面で鎖国状態にある日本の現状を変え、
『人財開国』を目指したいのです。」


150630jun061435651558dsc02614

探す就活から選ばれる就活へ


そもそも中村社長がこの事業を始めたきっかけは何だったのだろうか。

「もともと国際交流が好きで、東京外国語大学へ行きました。
そこで出会った仲の良い留学生5人組がいましたが、そのうち
3人が就職できずに母国に帰ってしまったのです。日本語が
とても上手で一緒に旅行するような仲間だったので、
とてもショックでした。」

この経験がきっかけとなり、外国人の就職に関する現状と
向き合った。需要と供給があるにもかかわらず、効率的に
マッチングをすすめるシステムがない。この問題意識から、
Worldotというサービスが誕生したのである。

Sociariseが運営する『Worldot』は、DR(ダイレクト・
リクルーティング)型と呼ばれる形式をとっているのが
大きな特徴だ。今までは就職する側が企業を探していたが、
逆に企業側がグローバルな人材を探す仕組みとなっている。

DR型のマッチングであれば、求職者一人一人の特長や人柄に焦点が
あたり、多様な個性の光る留学生・外国人材の採用がうまくいく。
「探す就活から選ばれる就活へ」という新しいコンセプトこそが
中村社長の考える最善のソリューションなのである。

登録している外国人材が選ばれるために、Worldotではインタビュー
記事や動画を掲載している。一人一人のパーソナリティーが伝わる
工夫の施された情報発信に加え、Sociarise独自の制度として
『CCC』と呼ばれる仕組みがある。

「CCCとは、クロス・カルチャー・コンシェルジュの略なんです。
理念に共感してくれた人を集め、登録外国人材にパートナーとして
配置します。CCCが文章作成や掲載の手助けしてくれるので、
登録者の負担も軽減されます。」

登録されている外国人材は、基本的に中村社長が直接対面したり、
CCCの推薦した人である。そのため、信頼がもてる人材が集まっている。


150630jun061435651621サービス図

心のバリアをなくしたい


日本で働きたい外国人はたくさんいるが、受け入れられて
いないという現実がある。少しでも彼らの役に立ちたいと
考える中村社長に、ご自身の夢を伺った。

「『日本って良い国だよね。』と言われたいですね。日本の
文化や技術など、要素として良い部分を見てくれる外国人は
多いですが、日本を良い『国』だと言ってくれる人は感覚的に
少ない気がします。

その理由は就職が難しいなど、目に見えない『心のバリア』を
どこかで感じているからだと思うのです。そこをクリア
したいと思います。」

東京オリンピックがある2020年を念頭に、現在の0.26%という
外国人従業員の割合を10%まで増やすことが、中村社長の
最初の大きな目標である。

最後に、若者へ向けてメッセージをいただいた。

「『自分の運命は自分でコントロールすべきだ。そうでなければ、
誰かにコントロールされてしまう』という言葉があります。
何かに挑戦するのは確かに怖く感じ、そのまま流れに任せる
ことが良い方策に思えることもしばしばあります。

でも、歩きやすい道というのは少なからず誰かの意志に従うよう
つくられています。『地獄への道は善意で敷き詰められている』
常に自分自身にも問いかけていますが、この言葉を伝えたいですね。」

中村社長は笑顔でそう答えた。

150630jun061435651601img 4194

編集後記


中村社長の問題意識や堅い決意が、たくさん伝わってくる
時間でした。初めて外国人のおかれた状況を知り、Sociariseの
事業内容がどれほど重要かを実感しました。

これからWorldotを通じて日本に入ってくる外国人が増えていくのが
楽しみです。そして、ぜひ多くの外国人に社長の想いが届いて
ほしいなと思いました。




住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

株式会社Sociarise
http://worldot.com

ONLY STORYサイトへのインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる