PROFILE

合同会社TFパートナーズ様

同社にて代表を務める吉野優太様に、ONLYSTORYを利用するに至った経緯や背景、利用後の成果などを伺いました。

目次

導入前の課題

多くの企業にサービスを認知してもらうには

  • 法人向けに新しくサービスを展開
  • サービスとしての価値を理解頂くことに課題

選んだ理由

経営層に認知活動や繋がりづくりを

  • 営業活動のため、取材を受けたことがきっかけ
  • 経営層との繋がりを求めて

導入後の成果・効果

3か月で約40人の決裁者と出会い、2件の受注も

  • 約40人と出会い2件の受注
  • ONLYSTORYの出会いの質が高い

導入前の課題

多くの企業にサービスを認知してもらうには

企業で働く従業員がイキイキと働けるよう、福利厚生面からお金の不安を解決しようと考え、2020年8月から法人向けに、従業員のマネーリテラシー向上を図る福利厚生サービス『マネオプ』をリリースしました。しかし、立ち上げをしてから、多くの企業にサービスのことを知ってもらい、利用してもらうためにはどうしたらよいのか、という課題がありました。

選んだ理由

経営層に認知活動や繋がりづくりを

もともとは、取材を受けたのがきっかけです。ONLYSTORYの記事はSEOが強く、社長名で検索すると一番上に出てくるので、営業活動の一環や自己紹介のツールとして使えると思い、無料取材をお願いしました。(※現在、無料取材事業は終了しております。)

それからビジネスマッチングも行っていることを知り、経営層などの決裁者に対して、サービスの認知活動や繋がりづくりをしたいと思い、ONLYSTORYのプラットフォーム活用し始めました。

導入後の成果・効果

3か月で約40人の決裁者と出会い、2件の受注も

まずは、手軽に知り合えるところが良いところです。Web上やアプリ上で簡単に繋がることができるので助かりますね。利用から3か月の間で、約40人の決裁者とお会いできました。そのうち2名の方からは契約を頂きましたし、他にも決算期に向けて前向きに検討するという話も頂いています。弊社のサービスは、正直なところ決裁者でないと価値が伝わりづらい面があるので、社長や役員などの決裁者と直接話せるのは非常に大きいです。

また、オンライン上だけの繋がりだと「悪い人だったらどうしよう」など不安な面も多いのですが、審査を挟んでいることもあり、ONLYSTORYで出会う方は良い方ばかりで不要な心配をしたことがありません。お互いの事業の話や経営の相談など、ビジネスの話題も話しますし、趣味の話で盛り上がりプライベートで仲良くする関係に発展したこともあります。

1つの出会いが増幅して色々な価値を生み出すので、決裁者同士で繋がること自体に価値を感じています。決裁者に向けて提案したい気持ちはもちろんありますが、ビジネスが先行しすぎると、その場限りの関係で終わってしまいがちです。なので、中長期でお付き合いをして、将来的にビジネスに繋がるような関係性を意識して使っています。

無料アカウント発行申請

    会社名必須

    お名前必須

    役職必須 ※非決裁者の方はご利用できません。

    携帯番号必須

    メールアドレス必須

    必須個人情報保護方針に同意する

    必須利用規約に同意する

    無料版ユーザーの声の事例

    無料版ユーザーの声の事例一覧

    よく読まれている事例

    事例一覧

    お問い合わせさぁ、良質なビジネスマッチングを今すぐ体験

    お電話でのお問い合わせ
    03-4405-1528(平日10:00〜19:00)
    よくあるご質問