事業開発プロセスの形式知化に命を懸ける

「THRUSTER(スラスター)」で実現する
Thumb cd0ff9d9 38a5 4866 a8ae 872b04242558
株式会社グロースハックスタジオ

広岡 一実

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

株式会社グロースハックスタジオ・広岡 一実代表取締役のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%8f%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%b8%e3%82%aa %e7%a4%be%e9%95%b7

「Lean」な事業創造を、より身近に。

私たち株式会社グロースハックスタジオは、事業創造のプロセス手法を形式・可視化することで、企業における事業開発人材の不足を解消することを目的としている企業です。
 
私たちが現在の事業を創始した背景には、近年のテクノロジーの発達により、様々なビジネスモデル・プロダクトが生まれ、世の中全体で「課題解決」の供給量が増えてきたことがあります。
 
どんどん課題が細分化された結果、1つ1つのプロダクトのライフサイクルも短くなり、1つの事業だけで会社を継続させることが難しくなってきている中で、それぞれの企業は既存の事業の他に、第2、第3の事業を追加で打ち出していくことが求められているのです。
 
しかし、そのような事業開発能力をもつ人材は、通常社内にあまり多くはいません。
ほとんどの大企業を含めて、実際に事業を引っ張っているのは創設者やその周りの人間です。
 
こういった現状の中で生まれてきたのが、「Lean」という概念です。これは小さな規模でビジネスを始め、顧客の声を集め修正を加えながら徐々に事業を大きくしていく事業開発手法ですが、このLeanを本当の意味で理解し、実践に移している人はごく僅かです。一部の「天才」が、独占的に運用し、利益を享受している状態なのです。
 
私たちは長年事業オーナー、商社、メーカー、Webサービスなど幅広い業界の方と働いた経験から、結局のところ会社の意思決定の質が低ければ、会社に関わる人々が幸せにならないことを身をもって知りました。
 
だからこそこの「Lean」な事業開発のプロセスを一般化し世に広めることで、事業開発人材を増やしたいと考えるようになったのです。そうして試行錯誤を重ね、生まれたのが仮説検証型事業開発手法「THRUSTER(スラスター)」です。

「THRUSTER(スラスター)」は、クリエイティブな事業創造のプロセスを形式知化する

私たち株式会社グロースハックスタジオは、仮説検証型事業開発手法「THRUSTER(スラスター)」の運用を通して、クライアント企業の事業開発の手法を言語化し、形式知化するためのサポートを行っています。
 
事業開発はデザインと似ている部分があり、当然クリエイティブな作業が要求されます。
しかし、どうすればクリエイティブになれるのか。この問いに応えられる人は少ないのではないでしょうか。
 
今、ビジネスの世界で行われているクリエイティブな仕事は、例えるならば真っ白なホワイトボードに街を1つ書くようなものです。当然書き始めは皆さん迷ってしまいますし、その手法もバラバラでクオリティも安定しません。
私たちのやっている仕事は、街に必要なビル・道路といった要素を1つ1つ教えていくように、事業開発においても、必要なプロセスを可視化し誰もが新しい事業を創れるようなツールを提供することです。
 
「THRUSTER(スラスター)」を用いることにより、ビジネスマンの誰もが、新規事業開発に取り組むことができる仕組みづくりを目指しています。
 
私たちはクライアントの企業さまに事業分析の枠組みを提供することで、モニタリング環境を整え、現在の事業ステージでのボトルネックを確認し、必要であればその都度様々な問いを投げかけ、ディスカッションを重ねるという一連のプロセスを提供致します。
 
つまりクライアント社員の皆さま1人ひとりが会社の事業への理解を深め、事業開発人材として活躍できるようになる土壌を作っているのです。

「THRUSTER(スラスター)」をより多くの人の手に届けたい

今後私たちが目指すところは、「THRUSTER(スラスター)」のサービスとしての質を上げ、より一般社会に浸透させていくことです。
 
会社は常に顧客と株主の間に挟まれています。顧客は価値要求をし、株主は利益要求をしてくる中、本来であれば株主の対応をする経営陣と、顧客の対応をする事業サイドの人間は分かれるべきなんです。
しかし現状では、一部の経営陣が会社の事業全体を引っ張っていることが多いですよね。
 
今後は会社で働くそれぞれの人が、自分がどのような立場で、誰に価値提供をしていくのかをきちんと考えていかなければなりません。そうした中で、事業サイドに立つ人間には今までにない新しい価値を作り出すことが求められます。この作業は、昨今話題のAIでもまだ手が出せない領域であり、人間にしかできないものです。
 
私たちの「THRUSTER(スラスター)」は、そうした新しい価値を生み出そうとしている人たちにとって、大きな助けとなることでしょう。
そのことをより実感していただくために、只今弊社のHPで、「THRUSTER(スラスター)」を無料配布しております。是非、下記のURLからダウンロードして頂いて、その真価をご自分の目でお確かめ下さい。

仮説検証事業開発手法「THRUSTER(スラスター)」
 
今世の中に一番求められているのは、事業開発ができる人材です。私たちのどのフェーズからでも、クライアント様のお役に立つことができると自負しております。最終的にはLeanな事業開発の概念と、「THRUSTER(スラスター)」のツールが、どの会社の事業開発チームでも採用されている状態にしたいと思っております。
 
「THRUSTER(スラスター)」とは、元々ロケットを衛星軌道に乗せる為に軌道修正を行うエンジンの名前です。このツールが、皆さまの事業を成長軌道に乗せる推進力の役割を果たすことを心より願っております。


住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

株式会社グロースハックスタジオ

ONLY STORYサイトへのインタビュー希望の方はこちらから↓

https://onlystory.co.jp/forcompany
この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる
ONLY STORYご協力企業・団体様