WASOMI和奏美株式会社

井上 智子

世界初、5分で美しく着られる3D着物

新しい着物の仕立てが、伝統文化を進化させる
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回は、世界で初めて、5分で着られるオーダーメイドの着物を提供するWASOMI和奏美株式会社の代表取締役・井上氏にお話を伺った。まずは3D着物についてお話をお聞きしよう。

WASOMI和奏美株式会社 社長 井上 智子氏のONLY STORY

Wasomi%e5%92%8c%e5%a5%8f%e7%be%8e%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be

着付けの際のポイントまで搭載した、新しい着物


WASOMI和奏美株式会社は福岡発信の世界初、5分で美しく着られる3D着物の販売を行っている。通常は、全国の呉服屋で反物を買って、仕立て職人に古来からの方法で着物を仕立ててもらうのだが、和奏美は違う。

「当社ではプロの着付師が成人女性を美しく見せるためのポイントをわかった上でパターンを起こし、洋服のように袖を通すだけで美しい着姿になるものを、立体裁断、立体裁縫で作っています。

この3D着物を、WASOMI和奏美株式会社では従来の仕立て方とはまったく異なる新しい仕立て方として位置づけています。簡単着物とはまったく別の、着物のひとつの進化形として捉えてもらえればと思います。」

着物を着たい女性一人一人の体型に合わせて3Dで着物のパターンを作り、さらにそれを5分で着られる形に仕立てる。さながらオーダースーツだ。驚くべきは、着付け技術まで搭載されているということ。これによって自然な形で着用することができるのだ。

「すべてオーダーメイドなので、店舗販売ということを当社では行っていません。現在は、体験会を実施して、興味を持っていただいた方からホームページを通してオーダーがくるという、口コミでの広がりがほとんどです。」

福岡を拠点にしている同社は、九州圏内では福岡、熊本、大分、その他の地域では東京、名古屋、広島に直接足を運んでオーダーを受けている。

「今後も、ホームページのオーダー着物ショップとしてサービスを展開し、ときどきセミナーや体験会を開いて新規の方に興味を持っていただくという方法を取っていこうと考えています。

日本の特許取得後、イギリス,フランス,ドイツ,イタリア,フィンランドのヨーロッパ主要国と、オーストラリア,シンガポール,マレーシアのオセアニア主要国とカナダの10ヶ国で国際特許を取得。アメリカは国内移行手続き中です。

今まで3人の職人チームと細かな創意工夫を重ねながらブランディングをしてきましたが、特許を取得後に縫製会社と契約をして、ようやく全国展開や海外展開の環境が整ってきたので、これからはメディアにも積極的に出ていきたいと思っています。」
WASOMIが海外へ羽ばたく日も遠くないだろう。

着物も時代に合わせて進化させたい


母が美容室を経営していたので、小学校5年生の頃から婚礼着付けの助手をさせられていたという井上氏。着物に触れるということに愛着を覚え、いつか自分も美容師となり婚礼着付けに携わりたいと思うようになりました。

「美容師になってからは、博多東京ホテルの地下にあるサカエビューティーサロンという一流の美容室に勤めて、そこで着物の着付けの知識と理論を学びました。

しかし、『日本の民族衣装の着物』は、成人女性のボディラインを美しく見せる技術が、直線仕立てのパターン(型紙)の中には存在せず、その技術は折紙ならぬ折布としての"着付け技術"の中に存在しています。だから、着付け技術をパターン(型紙)にデザインし、洋服のように身にまとうだけで美しい着姿になる。時代の流れともに着物も進化していかなければ、いかなければと考えたんです。

娘が海外留学した時に、自分で着られないという理由で"着物"ではなく寝衣の"浴衣"を持っていった事で感じたのは、もしかしたら50年後は"浴衣"だけが残り着物は過去の産物として歴史に刻まれるのかもしれない。時代に順応していかなければ、どんなに素晴らしい文化も廃れ、着物を着る人がいなくなってしまいます。現代に受け入れられる進化をしていかなければならないと考えたんです。」

着物という文化を残していくことこそが文化を大切にしていくことだと考え、「3D着物」という新しい着物の仕立てを生み出した井上氏。もともとは家族のために作り始めたのだと言う。

「3D着物には10年の開発期間がかかっています。実は、もともとビジネスのために考えたアイデアではなくて、自分の娘と、妹たちと4人で着て楽しんでいたところから始まったんです。

ちょうどそのころ、母が認知症になって、私は家事と介護に集中するようになったのですが、家でできる範囲で着物を広めていこうと活動を始めたんです。

Facebookを始めたり、シワになりにくく丸洗いノーアイロンの美しい色柄の生地を探したり、仕立ててくれる職人を探したりすることに力を入れるようになって、長い年月をかけて地盤を固めながら、10年かけて新しい着物を開発しました。」

着物を着ることを諦めないでほしい


着物文化への想いを語ってくれた井上氏。今後のWASOMIについてはどのような展望を持っているのだろうか。

「将来的には、まず世界中に住んでいる日本人に向けてこの着物を発信していきたいと思います。世界に出れば出るほど、みんな着物を着たいと思うんですよね。自分が日本人であることのアピールにもなるし、周りの外国人からも着物を着てほしいとリクエストされることが多いんです。

しかし、外国だと着物を着ることができる環境が一切ありません。呉服屋もないし、着付師もいない。その状況で着物を自分で着るというのはとても難しいことです。だからこそ、どんな環境でも着られる3D着物を提供したいと思います。

この着物であれば、自分一人で着られて、クリーニングに出す必要もなく、洋服ハンガーにかけて収納ができるため、今まで着物を着るのにネックだった要素はすべて払拭しています。」

日本では、着物を着る環境は整っている一方で、着付けの作法が複雑だったり、苦しかったり、高い手入れ代がかかったりというマイナスの要素が着物離れを招いている。そういったマイナスの部分も3D着物はすべて払拭することができると井上氏は言う。

「簡単に美しく着れて、畳む必要もない着物があるということを、もっと世の中に広めていきたいと思います。

そして、全国で反物を売っている呉服屋に、WASOMI和奏美株式会社の着物を新しい仕立て方として普及させたいと思います。反物が売れることで呉服屋は収益が上がり、着物を着る人を増やすこともできる。それがWASOMI和奏美株式会社の描いているビジョンです。」

最後に井上氏は、着物を着ることを諦めないでほしいと語った。

「着物を着たいという思いはあるけれど、いろいろなマイナスの要因のせいで諦めている人に、5分で着られる着物があることも知ってもらいたい。

そして、これからオリンピックでさらに注目を集める日本で、着物という美しい文化が注目を浴びるように、今からもっとカジュアルに着られる着物を普及させていきたいと思います。」

WASOMI和奏美株式会社の住所や電話番号、採用・求人等が載っているホームページはこちらから↓

無料の経営者マッチングサイト~ONLY STORY~への登録はこちらから↓


ONLY STORYは国内最大規模の経営者マッチングサイトです。
登録料無料で、記事の掲載・修正や経営者同士のマッチングが可能です。

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる