Cd5aeee2 c861 4dcf 8cde 5037a61135f3
2016/11/29
社長ストーリー

京葉寝台搬送サービスセンター・城野よしかず

アイデアひとつで、ケアタクシーはこう変わる!

搬送業界初!コンシェルジュ付サービスで介護新時代へ

口コミや評判だけでは伝わらない中小企業社長の物語

病院再生の経験から学んだこと。

父が経営する個人病院の経営に参画しました。
折しもバブルの時代。最新鋭の設備を備えた新しい病院が次々と建ち、既存の患者さんがどんどん奪われていく状況に、危機感を覚えましたね。
病院と言えども、一般企業と同じサービス業。
激戦区ともなれば、患者様を呼び込む工夫や仕掛けをしなくては生き残れません。
過去に来院された患者様に電話をかけてお声がけをしたり、病院のロビーでお茶会や催しをしたり、患者様はもちろん、近隣の方でも気軽に来院できるような雰囲気づくりに努めました。
院長で有る父がバブル期という事も有り勝新太郎さんのたにまちをしていたことも有りこの関係で、時には芸能人を病院へ招聘したイベントも開催して、リクエストを受けた入院患者様の部屋に連れて行ったりもしました。
これは非常に喜ばれましたね。

賑やかしさだけではなく、院内の良いイメージづくりにも力を入れました。病院改革です。
特に、事務的・システマチックになりがちな受付の対応には力を入れ、コンシェルジュのような丁寧さと、人間味に溢れた対応に変えました。
こうしたサービス精神に立ち返っての徹底的な経営改革が功を奏し、経営は立ち直り、地域トップクラスの人気病院へと蘇生することができたのです。

この経験から入院患者や要介護者、終末期患者などをアテンドケアする事業への思いが膨らみ、病院を離れてからは、ここで学んだ「相手を喜ばせることの大切さ」は、今の事業にとても活きています。

ファンに愛される「おせっかい焼き」になる。

京葉寝台搬送サービスでは、病院経営から学んだ思いやりサービス精神を原点に、患者搬送・霊柩搬送を行う搬送サービスと、生活救援のための「お客様コンシェルジュサービス」をご提供しています。
どちらも、在宅医療をされている方、長期入院をされている方、介護施設に入居されている方など、要介護者を対象としたサービスです。

コンシェルジュサービスは、施設入居や入院などの際に発生する引越しや家の売却などを代行することで、患者様・ご家族の負担を軽減したいという思いから始まりました。
現在は、シニア世代の方の人生を豊かにするお手伝いをすべく、20社の業者と提携し、葬儀から家の売買、トラベルサポート、生活のお困りごと解消まで、幅広く対応させていただいております。

私たちは、「自分たちのサービスがお客様にファンになっていただけるものか」を常に考えます。
以前、まだ若い乳がん患者の方から、息子の結婚式に参列したいというご依頼を頂いたことがありました。
若いがゆえに国の保険控除が無く、入院生活で経済的にも苦しいとのことで、予算も少なかったのですが、その方にとって人生の思い出となることや、息子さんの結婚式も見せてあげたいという気持ちもあり、予算の中でサービスを提供させて頂いたのです。
その方は大変喜ばれ、弊社を別の方にご紹介くださり、新たな案件を頂くことができました。結果的に5倍の売り上げにつながり、個人としても会社としても本当に嬉しい経験でした。

認可を受けた介護搬送事業者として、運転手とサポート役の2名体制で搬送しているため、利用者様ときちんとした人間関係を築けること、パートも含めたスタッフ全員が、医療系・介護系の有資格者のみで構成されていること。
そして、いい意味での「おせっかい焼き」であること。
こうしたことが、私たちのファンになってくださる理由になっていると感じます。
私たちがたくさんのお客様におせっかいを焼くことで、充実した人生を楽しむ方が増えてくれたら嬉しいですね。

人生の最期に叶えたいことは何ですか。

事業開始から3年目。行政や社会福祉法人・各種組合等からも、
高齢者事業の福利厚生業務を請け負うようになりましたが、お客様のやりたいことや夢のお手伝いをするという、コンシェルジュ事業の基本的な姿勢は変わりません。
「多死社会」と言われる現在、余命宣告された終末期の方も多くいらっしゃいます。
そうした方々の細かい要望にしっかりと応えられるラストメモリアルサービス事業を本格化したいと考えています。

具体的には、最後にしたい事、叶えたい夢の実現のお手伝いをします。
生まれ故郷に最後戻りたい、「温泉に行きたい」「好きな芸能人に会いたい」等の様々なご要望に、病院勤務時代から培ってきた、様々な人脈をフル活用して、可能な限り実現したいですね。
もちろん全てを実現することはできないでしょうが、お客様のために尽力することに意味があるのです。
実際に終末期患者さんを温泉にお連れして涙流されて喜んで頂いた事も御座います。
これは大手にはできない、うちだけの強みだと思います。

また、オリンピックに向けた訪日外国人向け介助観光ケアタクシー事業では外国人高齢者、障害者の方々のコンシェルジュハイヤー事業等も取り組んで行き沢山の訪日外国人に喜んで頂きたいです。
ベンツのワゴン車で来年度1月より稼働します。
また、多死社会に向けたご遺体搬送搬送業者としてのおくりびと事業等の総合サービスも展開したいと考えています。
最後に、高齢者の方が諦めていた温泉療養介護観光タクシーも全力で取り組んで参りたいと思います。

温泉に行く事で心身が心と体が活性化して抵抗力が上がりより元気になるんですよ。
温泉は。
会社としては、今業務に参画して頂いているこれらの若い方を公的介護保険外・介護コンシェルジュのエキスパートとして自社内で育成し、グループ企業としてどんどん独立してもらうことで、更なる成長が出来たらこんなに素晴らしいことはないですね。

最後に私が愛するビートルズ。2025年団塊の世代の方が高齢期に入る事で将来、ライブハウス付き高齢者介護施設を作りたいと思います。
入居者が毎日好きな音楽を演奏したりしながら暮らす施設です。

今後も、微力では御座いますが社会性の有る事業を追及して参りたいと思っています。

住所や電話番号、採用・求人などの詳細情報はこちら↓

京葉寝台搬送サービスセンター

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

おすすめのSTORY この記事を見ている人は、この記事も見ています
<医療・介護業界・社長50代>のおすすめSTORY

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる
ONLY STORYご協力企業・団体様