66e923c5 8554 494a b918 f74bb9a0e197
2016/3/17
社長ストーリー

ぜんち共済株式会社

障がいのあるすべての方に安心の保障を

契約数40000件、日本唯一の知的障がい者向け専門保険会社

口コミや評判だけではわからない、ぜんち共済株式会社 榎本 重秋社長の物語


ぜんち共済株式会社

~代表取締役 榎本 重秋(えのもと しげあき)様~
===============================================

昭和40年(1965年)9月生まれ
明治大学商学部卒
平成元年4月  AIU保険入社
平成8年12月 同社町田支店長
平成12年1月 チューリッヒ保険入社
平成18年11月 ぜんち共済株式会社設立

趣味
草野球(ポジションセカンド)・ゴルフ
独身時代はウェイクボートに熱中

座右の銘
一期一会

心に残った1冊
日本理化学工業・大山泰弘会長の著書
『利他のすすめ』

===============================================

人生を変えたキーパーソンとの出会い。


 私の人生には、2人のキーパーソンがいます。一人は、「知的障がい者保険」の生みの親であり、尊敬してやまない永田仁司氏、もう一人は、障がいのある人を家族に持つ親御さんたちです。

 私が保険業界に足を踏み入れた時はバブル期で、デベロッパー、銀行など、社会全体が沸き立っている時代でした。その中で、先輩社員がイキイキとかっこ良く働いていた外資系のAIU保険(現:AIU損害保険)に入社しました。

 不思議と小さな頃からリーダーを任されるタイプでしたから、AIUでも若くして代理店の育成業務といった会社の中枢業務を任されました。でも正直、自分のリーダーシップに確たる自信はなかったんです。理想のリーダー像を求めて試行錯誤し、色々勉強した時期でしたね。やがて、転勤先で保険代理店担当となり、初めて障がい者保険を扱う代理店に出会いました。それが永田仁司氏との出会いです。

 保険会社は会社の利益も追求しなくてはなりませんから、病気がちの方や知的障がいのある方など、保険金支払いリスクの高い方々は保険に入れないという現実があります。そこに風穴を開けたのが永田氏でした。50歳にして保険業界に入り、親の会(育成会)の方々や、養護学校(現:特別支援学校)の先生方の思いを受け、AIU社に日参して交渉し続け、障がいのある方々の引受けを実現させたんです。私は彼に同行して養護学校や施設を回るようになりました。

 全国には保険を心待ちにしている方がたくさんいて、保険制度をご案内すると、本当に喜ばれるんです。お母さんから涙ながらにお礼を言われたこともありました。その時は心の底から揺さぶられましたね。保険は障がいのある方にこそ本当に役立つもの。その思いが強くなっていったんです。

 2000年、知的障がい者の親御さんたちが、ぜんち共済の前身となる「全国知的障害者共済会」を立ち上げる事となり、私は、保険会社の社員として商品設計などに携わりました。この経験を機に、私の保険の知識や経験などを通して、障がいのある人々を支えていくことを生涯の仕事にしようと決意し、今に至ります。

みんなの声を元に、本当に必要とされる商品を開発。


 弊社は、障がいがある方のための保険を引受けする、日本唯一の専門保険会社です。知的障がい、発達障がい、ダウン症、てんかんのある方のための総合保険「ぜんちのあんしん保険」と、学校での特別支援教育を必要とされる方のための「ぜんちのこども傷害保険」を販売しています。

 「ぜんちのあんしん保険」は、現在契約数が40000件を超え、平成26年度は約5億円、年間5000件の保険金お支払実績があります。この数字からも、障がいのある方へのお支払頻度の高さをご理解いただけるでしょう。

 知的障がいがある方の入院は、病院から個室に入ってほしいと言われ、付き添いも求められます。ご家族は収入が減る上に、個室の差額ベット代も負担しなければなりません。また、障がいのある方は自分の病状や状況をきちんと説明ができずに重症化したり、虐待を受けたり事故に巻き込まれたりしても、泣き寝入りになることが多いんです。

 こうした現実を受け、「ぜんちのあんしん保険」では病気やケガで入院された際の医療保障、人にケガをさせたり物を壊してしまった際の個人賠償責任補償、ご本人の死亡保障に加えて、トラブルに巻き込まれた時の弁護士費用の補償も行っています。

 私たちの商品には、加入者様や特別支援学校の先生など、たくさんの声が反映されています。弁護士費用の補償も、自閉症のお子さんをお持ちの弁護士の声を元に商品化しました。困難だらけでしたが、金融庁からも「社会に必要な保険」としてご支援いただいています。たくさんの人の思いとつながりから生まれた商品が、またたくさんの人の安心につながっていくと思うと嬉しいですし、応援してくださる方々とのご縁にも心から感謝していますね。


会社を取り巻く全ての人に幸せを。


 弊社では、社員が一番大切に思っている人の誕生日に、私のメッセージを添えたお花を贈るようにしています。一緒に働いてくれる社員とその家族を幸せにすることが、経営者としての私の使命だと思うからです。

 社員が幸せになれる会社は、お客様にも優しい会社です。会社を無理に大きくするのではなく、社会保険労務士の小林秀司先生の書籍「人本経営」にある「年輪」という言葉のように、少しずつ、ゆっくりと成長させていけたらと思っています。

 また、障がい者の雇用促進への取り組みにも少しずつ取り組んでいます。雇用や教育など、障がい者を取り巻く数々の問題を改善することで、特に「お母さん」を少しでも楽にしてあげられたらと思います。

 お母さんが一人でお子さんの盾になるのではなく、色んな人が支えてあげられる社会になれば、我が子と一緒に心中といった悲しい最期を選ぶ人も減らせると思うんです。知的障がい、発達障がい、ダウン症、てんかん以外の障がいをお持ちの方もたくさんいますから、将来は保険を必要とする全ての方に役立つ保険会社を目指して、コツコツと歩み続けていきたいですね。

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


ぜんち共済株式会社
http://www.z-kyosai.com

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓


https://onlystory.co.jp/forcompany

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

おすすめのSTORY この記事を見ている人は、この記事も見ています
<医療・介護業界・社長50代>のおすすめSTORY

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる
ONLY STORYご協力企業・団体様