Flagman株式会社

山 紘二

クライアントとワンチームで行うマーケティング支援

世の中の挑戦者を増やす会社になりたい
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回はマーケティングの総合支援を行うFlagman株式会社の山氏にお話を伺いました。クライアントとフラットな関係を築き、課題を考えるところから始めるという同社。「未来へと並走する」というビジョンを掲げ、チームにこだわる山氏に、事業にかける想いを伺います。

Flagman株式会社 代表取締役 山 紘二氏のONLYSTORY

Flagman%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be  %e3%83%ad%e3%82%b4

マーケ領域から経営課題解決を支援


–Flagman株式会社様の事業内容を教えてください。

山氏:弊社はマーケティングの総合支援を行う会社です。コンサルティングからクリエイティブ制作までワンストップで支援している点が特徴です。

ただサービスを提供するのではなく、「どういった課題があって、そこに対してどのようなアプローチをしていくべきか」を考え、クライアントの課題の「根本」を解決できるように、一緒に並走して取り組むことを重視しています。

–他社との差別化のポイントやこだわりは何ですか。

山氏:弊社の強みは、チーム体制、総合力、戦略の3つです。

まず1つ目のチーム体制についてお話しすると、弊社は社員全員がプロジェクトメンバーの一員として動ける体制を作っているんですね。その上で、クライアントの課題解決に適している専門分野の人間が直接チームに入っていく形になるので、営業や事務などの担当者を介す必要がなく、プロジェクトのスピード感が違うんです。

また、クライアントとワンチームで新しいものを作り上げていくので、分業制でやるより内容も充実したものになります。

2つ目の総合力はそのようなチーム体制を実現した上で成り立つマーケティングの包括的なサポートのことを指します。

3つ目の戦略に関しては、経営課題の現状と目標のギャップを埋めるための戦略を立てられる点です。弊社に在籍する経営コンサルティング会社出身の人間が、経営課題やマーケティングに関する課題などをCFOのようなポジションで抽出していくため、表面上に留まらない戦略が立てられます。

–山様が事業を運営する上で重視していることを教えてください。

山氏:本当にいいものだけを提案することです。そのため当然のことではありますが、私たちは課題解決に繋がらないことは絶対におすすめしません。クライアントの課題に最も合ったものをフラットな目線で提案するというのがこだわりです。

私たちが伝えなければならないことは伝えますし、必要なことがあればクライアントに要求することもあります。そのため、ときには議論して言い合いになることもあるんです。しかし、より信頼関係を築いた上で仕事をするためにも、プロとして妥協はせず真摯に目の前の仕事に向き合っていくことを大事にしています。

フリーランスではなく、組織で働く意義


–起業の経緯について教えてください。

山氏:私は、前職で大手マーケティング会社に勤めており、そこでは組織運営や働き方改善などの社内向けプロジェクトに関わる機会を何度もいただきました。

すると自然に「フリーランスでも働ける今の時代に、チームや組織で働く意味はどこにあるのだろう」と考えるようになったんですね。そして段々と自分の理想のビジネスチームというものが明確になっていき、同時に所属している組織に対する違和感を覚えるようになりました。

その違和感を解消するために、当時は社内で理想のチームを作ろうと頑張っていたのですが、やはり大企業を一から変えていくのは大変で、自分の力の限界を感じました。「それならば、理想のチームを実現できる組織を自分で作りたい」と思い、会社を立ち上げました。

チームがあれば、挑戦できる


–今後の短期的・長期的な事業展開の目標を教えてください。

山氏:3年以内の目標は、マーケティング業界全体にいい影響を与えるような自社サービスを作って、それをローンチすることです。

最終的には、自分たちがやりたいことを社内のリソースを使ってどんどん事業化していくような集団になりたいと考えてます。例えば、飲食店経営を始めてみるといったこれまで携わってこなかったような事業を展開していきたいですね。

長期的にはグローバルカンパニーになることを目指しています。具体的には主要拠点として中国やアメリカに新しい事業が生まれるイノベーションスタジオを作っていきたいです。私たちが手掛ける新しいサービスが世界中でできている状態が10年後のビジョンになります。

–社会的にはどのような影響を与える会社になりたいとお考えですか。

山氏:組織や集団で働く意味を再定義し、それを伝えていく会社になりたいですね。組織に所属していれば、個人では対応できないような場面でもきっちりサポートをしてもらえるということを考えると、「挑戦」はチームや組織がないと難しいものだと思うんです。

この世の中には、いいアイディアを持っているのにそれを実現するための挑戦ができていない人がたくさんいます。そういう人たちが、「挑戦しよう!」と思えるような影響を与えたり、挑戦できる環境を作っていき、挑戦者の数を増やす会社になりたいですね。

–ありがとうございます。最後に、読者の方へメッセージをお願いします。

山氏:「自分たちの課題がわからない」「やりたいことはあるけど実現するにあたってどこの会社と組んでいいかわからない」といった、曖昧で抽象的な課題をお持ちの方は私たちのチームがお力になれると思います。複雑な問題ほど私たちの力を発揮できるので、難しい課題を抱えている方はぜひご連絡ください。

執筆=スケルトンワークス
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:Flagman株式会社

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる