ホワイト企業内定専門の就活塾がついに登場!

就職ナビでは語られないホワイト企業内定術とは?
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

「内定請負人」で独立するきっかけ

川角 竹内社長は、東大出身で学生時代に輝かしい活動実績があるにもかかわらず就職活動で失敗したと伺いました。 



竹内 はい。当時は東京大学の学生委員会「丁友会」で東京大学工学部生と企業の採用担当を繋ぐ仕事を行っていました。 


600人とか大勢集めていたし、人事のコネもたくさんあったので、学生時代の実績としてはもう自信しかなかったです。まあ、今となってはそんな実績は採用サイドからするとどうでもよかったんだなと思いますが。。。



川角 え!?ということはそれだけ自信があっても失敗したってことですか?にわかには信じられませんが。



竹内 そうですよね。私に初めて会う人はみな口々に言いますよ。


「それだけ実績があって何故受からなかったんですか?」って。後で話しますが、人事が新卒採用で見ているのは決して実績じゃないんですよ。


そんなことにさえ気づかぬまま就職活動をした結果、どこにも内定がもらえず、最終的に就職浪人をすることになりました。


だからこれから就活をする人には口を大きくして言いたいですね。学歴や実績にこだわりすぎるな、と。



川角 なるほど、失敗談から語る深い話ですね。ちなみに就職浪人中は何をしてたんですか?


 

竹内 ビジネスのことを学ぼうと、小さなビジネススクールに行っていました。で、縁あってそこの営業をすることになったんです。


営業って対人関係が非常に重要じゃないですか。だから、営業をする中でたくさんの壁にぶつかって。。。そこで今までの自分の就活のどこがいけなかったのかに気づいたんですね。


つまり、自分には正しい職業観もコミュニケーション能力もなくて、ただ単に学歴と実績があるだけのプライド野郎だったんだ、って。辛かったけど、認めざるをえなかったです。



川角 若いうちから、貴重な挫折経験をされたんですね。



竹内 そう思います。



川角 その後はどうされたんですか?

 


竹内 もう一度心を洗いなおして就職活動をした結果、コンサルで有名なデロイトトーマツグループに内定をもらいました。



川角 おー、有名どころじゃないですか!失敗を経て成功したって感じですね。



竹内 はい。まあ、本当の成功は入社後の働きで決まりますけどね。



川角 たしかに笑


ちなみに勤務先ではどんなお仕事をされていたんですか?



竹内 企業の経営問題を人材の観点から解決するべく、社員教育に関する新規事業やアプリ開発を行っていました。


仕事上、たくさんの若者の働き方を研究する機会に恵まれました。そこで気づいた問題があったんです。


それは、入社後に就活を後悔する人が後を絶たないということでした。


実際、ビズリーチ社によると4割の新卒が会社選びを間違えたという調査結果を出しているんですよ。数字としては160,000人です。多いですよね。



川角 なるほど・・・それは重要な問題ですね。



竹内 はい。そのせいで働くことにやる気を失っている人もたくさん見てきましたし、何より就活で失敗した当時の自分と重なる部分があって。。。



なんか、過去の自分を見ているみたいで放っておけなかったんですよね。



川角 なるほど。



竹内 しかも、もうひとつ興味深い事実もわかったんです。それは、新卒のマーケットは就活に後悔する新入社員を生み出しやすいということです。



川角 それは面白いですね。詳しく言うと、どういうことなのでしょう?



竹内 転職のマーケットは一人一人にきちんとヘッドハンターがついて個別に密な連絡を取り合える体制があります。


それは、1人を転職させた時にたくさんのお金がもらえるから個別フォローをしても採算があうんですね。しかし、新卒はそうはいかない。


結果、就職ナビの情報やキャリアセンターでの1回のカウンセリングといった、その場限りの付け焼刃的なフォローしかできないんですよ。


その結果、入社後に「こんなはずじゃなかった!」という新入社員が大量に生まれるわけですね。



川角 ・・・なるほど。しかも、学生は企業のことやビジネスのことを全然知らないからなおさらギャップが生まれるんじゃないですか?



竹内 はい。だから、こういったギャップを埋めてあげる機関を設立することの重要性を当時から感じ、就活の塾を設立するための活動を始めたんです。


下図:どうすれば企業と学生のミスマッチを減らせるかについて悩む竹内社長

%e7%b4%a0%e6%9d%90

ホワイト企業内定専門の就活塾の設立に着手

川角 とはいえ、どうやって就活の塾を作り上げたのですか?ゼロベースで作り上げるのはそう簡単なことではないように感じますが・・・


 

竹内 はい。その点はものすごく苦労しました。なにせ、独立当初の自分にあったのは、外資系コンサルティング会社で学んだ人材育成のノウハウだけでしたから。


なので、東大卒の有識者や、高給の人を相手にしているヘッドハンターを集めて秘密の会議を行ってみたのです。



川角 秘密の会議ですか。面白いですね。どんなことがわかったんですか?



竹内 就活に失敗するのには、4つの原因があるということです。


それは、


① 就活生がビジネスに関する知識を全然有していないので良い会社を選べない


② 就活生に働く理由や達成したい将来像がなく、受け身で職業選択を行っている


③ 受け身な就活生に付け焼刃の面接対策やES添削を教えている就職ナビが、状況をさらに悪化させる


④ 悪化している状況に対し、今の就活のことなど全然知らない親が下手に関与して就活生のやる気を損なう



こういった状況要因があることがわかりました。



それゆえに会社選びを後悔し、自信を失い、入社後に腐る若者が続出していたんです。


なので、この要因をしっかりと個別指導で解決してあげれば、状況は改善するのではないかと考えたのです。



川角 確かに!これが解消されれば、良くなるイメージが見えますね!



竹内 はい。そこで、先ほどの原因を解決するサービスを作りました。最初はほとんど何もありませんでしたね。


でも、その後多くの就活生と親御さんの意見も取り入れながら、より良いものへと進化させて行った結果、ホワイト企業内定専門の就活塾 「White Academy」(ホワイトアカデミー)が誕生したのです。

Avalon consulting%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be

ホワイト企業内定専門の就活塾「White Academy」とは?

川角 具体的にどんな塾なのか、教えていただけますか?



竹内 はい。簡単に言うと、就活生にホワイト企業に後悔なく入社してもらうための個別指導塾です。


しかも、その授業や宿題を全てオンラインを通じて自宅で行えるようにしたのが最大の特徴になります。


就活生は時間がないですから、既存の就活塾のように通学の形式では就活の時間そのものを削ってしまいかねないという判断からです。



川角 自宅でできる。それはいいですね!ちなみに親御さんからの反応は如何ですか?



竹内 やはり、子供の就活に心配をしている親御さんが多かったみたいで感謝の声をもらうことがありますね。


「就活が心配だけど、よくわからないから何もしてあげられない。それゆえに悪化する状況を見守るしかない」といった事例が結構ありましたから。


それ以外にも、こういった相談もありました。

✔︎就活時期になったのに、息子が家でスマホゲームばかりやっていて心配。どうすべきなの?

✔︎今の就活ってどうなってるの?昔と違うみたいだけどどうすればいい?

✔︎息子が就活を始めたが、何からやっていいかわからないと言っている。

✔︎娘には特殊な技術や実績がないので、エントリーシートで書くことがない。どこにも受かりっこないのでは?

✔︎子供の内定がぜんぜん出なくて焦っている。定年を迎えるのでもう一年大学の費用を払う余裕はないのでなんとかしてほしい。



川角 結構切実な悩みが多いですね。



竹内 はい。


親御さんからすると、20年間で1000万円を超える学費を払ってきて、その集大成の就活で失敗してブラック企業に行ったとしたら怒り心頭じゃないですか。


なので、我々の仕事は責任感溢れる非常に重要なものだと思って取り組んでいます。



川角 教育者としてのプロ意識を感じますね。ちなみにこの個別指導塾では具体的にどんなことを指導するのでしょうか?そしてどんな能力が身につくのでしょう?


竹内 外資系コンサルティング企業出身の経営陣が開発したハイレベルなサービスを通して、ホワイト企業内定はもちろん、入社後も社内で活躍する人を輩出したいと考えています。

そのために、
「一人一人の職業観をあぶり出す職業理念」
「就活・転職市場を考えた上でのキャリアビジョン」
「ホワイト企業分析」

などといった知見や能力を身につけることができます。

ES対策や面接対策をメインにしている就活塾とは、そこが大きく違いますね。働く理由や将来像に着目し、伝える力を根本から強化しますから。


川角 なるほど。実績としてはどのようなものがでていますか?


竹内 これまで、112名の受講者が卒業していきましたが、多くのの方から喜びの声を頂いています。

「コンサル会社を7社受けて、1社も落ちなかった」


「入社後、新入生の中でナンバーワンの成績を残すことができた」


「学歴・実績に関係なく青山商事に入社できた」

「大学2年生で大手IT企業から内定をもらうことができた」

などなど・・・

彼らは自らチャンスを掴み、のびのびと、自分のやり方で就活だけでなくその後の仕事を楽しまれているのです。

こうした声を聞くたびに、この仕事をやっていてよかったと感じますね。


川角 なるほど!素晴らしいですね!この記事を見ている方に何か言いたいことはありますか?


竹内 過去の私のように就活で失敗するのではなく、正しいやり方を知って最高のファーストキャリアを築いてください。

そしてゆくゆくは同じ社会人として、日本を盛り上げていきましょう。


川角 素晴らしいメッセージを、ありがとうございます。


下図:先日行った授業後の写真とアンケート
Avalon consulting%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be
Avalon consulting%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be

今後の展望

川角 今後の展望についてお聞かせ願えますでしょうか?


竹内 今後は、ファーストキャリアで後悔する人をゼロにする仕組みを整えていきたいです。

具体的には、個別指導体制を万全なものにしながらも、メールマガジンで正しい就活のやり方をできるだけ多くの就活生に届けたいと思っています。

また、リアル面でも今は新宿にしか校舎がありませんが、ゆくゆくは八王子や関西などの大学がたくさんある地にも進出し、できるだけ多くの就活生を助けたいですね。

あとは、企業、就活生、そして親の全員が満足できるような就活を送れるよう、コンサルタントの質の向上にも注力したいと思っています。3方よしを実現できるコンサルタントはなかなかいませんからね。


以上のことを5年後に実現したいと思っています。

直近としては、もっと多くの生徒さんにうちの予備校について知ってもらうために、自社サイトの訪問者数を月間100万人を達成したいと思っています。

それができれば、あとは軌道に乗るはずですから。


川角 とてもわくわくする展望ですね!最後に、このページをご覧になっている人に向けて一言あればお願いします。


竹内 これまで、多くの就活生・そして親御様のおかげで、弊社は今の個別指導塾を設立することができました。

ですが、私自身、弊社の塾はまだまだ発展途上だと思っています。

就活生だけでなく、現在活躍されている社会人の親御様から、お子様に対する率直なご意見や経験談などを聞かせて頂き、もっと良いものを作り上げていきたいと思っています。

ぜひ多くのご家族のお力添えをいただき、最高のファーストキャリアを実現する若者を一緒に生み出していきたく思っておりますので、今後ともどうぞ応援よろしくお願いいたします。


川角 ぜひ、今後も頑張ってください!本日はお時間いただき、ありがとうございました。


竹内 ありがとうございました。

具体的な内定ノウハウや就活の最新情報はこちら↓

ホワイト企業内定専門の就活塾「White Academy

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる
ONLY STORYご協力企業・団体様