株式会社和上ホールディングス

石橋 大右

家庭用・産業用太陽光発電の提案〜メンテまで包括支援

価格力と提案力が強み! 電気設備の販売施工会社
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回のインタビューは、家庭用・産業用太陽光発電をメインに取り扱う株式会社和上ホールディングスの石橋氏にお話を伺います。

省エネルギーに加え災害対策としても注目を集める太陽光発電。主にBtoC向けに全国展開する事業内容をはじめ、起業のきっかけとなった出来事やこれからのビジョンについて語っていただきました。

株式会社和上ホールディングス 代表者 石橋大右氏のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e5%92%8c%e4%b8%8a%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9 %e7%a4%be%e9%95%b7%e7%94%bb%e5%83%8f

【経歴】

大学中退後、2005年、19歳で起業。太陽光発電黎明期から販売設置業に。現在全国で戸建て太陽光発電設置実績15000棟、産業用太陽光発電1200箇所以上の実績。  

相場の8割、最大5割の低コストで導入可能


–はじめに、株式会社和上ホールディングスの事業内容をお聞かせください。

石橋氏:弊社は、家庭用の太陽光発電システムや蓄電池、給湯器などの提案から販売、施工、メンテナンスまで一気通貫でサポートしている会社です。合わせてBtoB向けの産業用太陽光発電売買にも注力しています。

–同業他社と比べて、強みや差別化できるポイントはありますか。

石橋氏:アフターメンテナンスや保証内容を含む、総合的なコストパフォーマンスの高さが強みだと考えています。価格は相場よりも20~30パーセント、最も高いところでは50パーセントほど抑えられます。

–太陽光発電に切り換えた場合、どれくらいエネルギーを削減できますか。

石橋氏:例えば戸建の4人家族の場合、条件が揃えば電気代やガス代がかからない「ゼロエネルギー住宅」を実現できます。もちろん初期費用は必要ですが、長期で見たときには、かなりの節電効果を実感できると思いますね。

お客様の満足度向上のために、起業


–現在の事業に至るまでの経緯を教えていただけますか。

石橋氏:大学中退後、19歳のときに太陽光発電の施工を行う電気工事店を起業しました。当初は施工のみを行っていたため、お客様へのサービスに対し一部分しか請け負うことができなかったんです。

しかし「施工だけでなく、最初の提案から申請、アフターメンテナンスまですべて一気通貫ができなければ、お客様の満足は得られないだろう」と考え、トータルサポートを行えるような会社を目指し、2006年に株式会社和上ホールディングスを立ち上げました。

–「トータルサポートがお客様の満足度に繋がる」と考えるに至ったきっかけがあれば教えてください。

石橋氏:施工工事の職人だった当時、お客様から販売価格に対する不満やメンテナンスに対する不満、提案に対する不満などを直接聞いていたことです。

とくに販売価格においては、価格が高かったり、販売価格にバラつきがあったりしたため、よく意見をいただきました。私の目から見てもお客様に合わせた提案やニーズに応えるような商品の設置ができていないと感じていたので、それら意見には同意していました。

そこで「商品の提案からメンテナンスまですべて対応できる仕組みを作れば、これらの不満は全て解消できるのでは」と思い事業形態を変え、起業しました。

–お客様からはどういったお声をいただきますか。

石橋氏:お客様からは価格力に加え、提案力に対してもご好評をいただきます。太陽光発電や蓄電池はメーカーやシステムによって種類が異なるため、お客様の家族構成や電気・ガスの使い方によって最適な商品をご提案し、国際品質規格に合わせて工事を行っています。

–石橋様が事業を運営するにあたって、大事にしていることを教えてください。

石橋氏:最近はとくにお客様の災害対策を重視しています。断水や停電といった万が一の災害に備えて太陽光発電や蓄電池を取り付けることで、省エネルギーと同時にお客様の必要なライフラインを守ることができるからです。「災害レジリエンス(災害を乗り越える力)」を最優先課題と捉え、災害からお客様をしっかり守れるよう従業員一同、使命感を持って働いています。

和上ホールディングスは3つの100を目指し邁進する


–今後の目標を教えてください。

石橋氏:これまでは、2021年度の売上100億、100年企業・再生可能エネルギー100パーセントの社会の実現を目指して事業計画を作ってきました。しかし新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、予測が難しくなりましたので、今はいったん事業計画は白紙に戻しました。

ただ目標数字はブラさずに狙っていき、ゴールまでのルートを変更するような形で一からまたスタートするような心持で、事業に取り組んでいます。

–ありがとうございます。では最後に、読者へメッセージをお願いします。

石橋氏:太陽光発電は不動産投資に比べて、長期に渡って安定した収益を得られますので、本業以外にも発電所を所有されている方が実は多いんです。

弊社の産業用太陽光発電システムでは、売買からメンテナンスまで総合的にサポートすることができますので、「発電所が欲しい」とお考えの方や「発電所を買い取って欲しい」と考えている方、また「メンテナンスが大変だ…」とお困りの方はぜひご相談ください。

執筆=山田
校正=笠原

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社和上ホールディングス

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる