不滅のベンチャースピリットが脈打つ、最高の成長環境

優秀な人は常識に捉われず、誰よりも速くカタチにする
Large be645a46 794d 4280 9afc b36ed451a29f
【特集①】株式会社エボラブルアジア

吉村 英毅

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回は、株式会社エボラブルアジアの代表取締役社長である吉村 英毅氏にお話を伺います。

昨年対比約150%の急成長を続け、アジア初の世界的メガベンチャーを目指す吉村社長が求める『優秀な人材』とはどのような人物なのか。

お話を伺っているうちに、若者が変化の早いこの時代を生き抜くための重要なヒントが見えてきました。

株式会社エボラブルアジア・吉村英毅代表取締役社長のONLY STORY

%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%a8%e3%83%9c%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2 %e7%a4%be%e9%95%b7
経歴

1982年生まれ大阪府箕面市出身。
東京大学 経済学部経営学科 卒業 経営管理と金融工学を専攻。
大学在学中に株式会社Valcom(2009年10月株式会社エボラブルアジアに吸収合併)を創業。
2007年 株式会社エボラブルアジアを共同創業し、当社代表取締役社長に就任。2016年東証マザーズ、2017年東証1部に上場。
2018年 株式会社エアトリ(旧称 株式会社DeNAトラベル)代表取締役社長に就任。

吉村社長が考える、これから先求められる『優秀な人材』とは?


−−「ONLY STORY」では社長様に取材をしているので、主には同じ社長様や経営に深く携わる経営層の方々に記事を読んでいただいています。

 その一方で、実は就活を行っている学生層にも読まれているんです。やはり、自身が入社を目指す会社を経営する社長様が何を大切にされているのかというところは気になるのでしょう。

そこで、今回は事前に調査を行ってきた「就活中の求職者が社長に聞きたいこと」をもとに、20代から経営者として活躍されてきた吉村社長にお話を伺います。

吉村:はい。よろしくお願いします。

−−それでは、まず一番声が多かったトピックから伺います。

 若い頃から変化の早いこの時代を経営者として生きてきた中で、吉村社長は様々な人材とお仕事をしてきたのだと思います。その上で、「これからの時代を生き残っていける人の条件」についてはどうお考えですか?

吉村:そうですね…。これは、私が「この人優秀だな」と感じる判断基準でもありますよね。

−−そうですね。具体的には、一緒に働く方のどの辺りを見て優秀さをお感じになるのでしょうか。

吉村:大きく分けると3つ。1つ目は、「とにかくスピード感があること」。そして、2つ目は「前提を排して考えられること」です。具体的に言えば、他の人が1年間かかることを2週間くらいでこなしてしまうようなスピード感で仕事を進め、前例のない出来事の前に立った時にも思い込み、常識にとらわれずに行動できる人というのは優秀と言えると思います。

その上で、「1つ1つの案件をしっかりカタチにできること」が大切。売上利益の最大化を軸にどんどん案件を進めてカタチにしていける人というのは素晴らしい。

こうした変化の早い時代において、第一線で生き残っていくために必要不可欠なことだと思います。

−−株式会社エボラブルアジアでは新卒採用を行っていると思いますが、新卒採用試験を受ける学生についても同じことが言えますか?
 
吉村:一般的によく言われるところでもありますが、学生に対してであれば加えて「素直さ」「明るさ」という点も必要になってくると思います。それらがある人とない人とでは、吸収の速さがまるで違いますからね。

−−「素直さ」「明るさ」。やはり、これらは成長する人の共通点なんですね。
 一方で、吉村社長はどのような人と一緒に働きたいと考えますか?

吉村:私たちが掲げる「終わりなき成長を進めていく会社になっていきたい」というメインコンセプトに対して、スピード感を持って共にチャレンジしてくれる方ですね。会社全体の風土としてスピード感を非常に重視していますので、同じスピード感を持ってチャレンジをし続けて頂きたい。

5年前から新卒採用を始めたのですが、やはり新卒で入社する方々が持つ勢いやエネルギーは大きいなと感じています。

−−もしも吉村社長が今20代に戻れるとしたら、就職活動に挑戦する若者としてどのようなことを大事にしていくと思いますか?

吉村:私だったら、そうですね…。

まずは、自分がいつまでに何がしたいのか、目標設定を明確にするでしょう。流れる時間は皆同じですが、流れる速さは人によって全然違います。目標設定をしないと、気づいたら5年、10年、20年と本当にあっという間に時は流れていってしまうと思うんですよね。

次に、その目標に向けての最短距離をいくために、自分が成長できる環境を求め続けることをするでしょう。この点は、当時の私のように起業をした若者だけではなく、就職活動に取り組む学生と若手社会人に対しても言えると思います。

−−昨年対比約150%の成長を続ける株式会社エボラブルアジアはまさにそうした成長できる環境が整っていると思うのですが、吉村社長から見てご自身の会社の環境というのはどう見えていますか?

吉村:私たちは、「エボラブルアジアには成長できる環境がある」と新卒の方々にお伝えしています。

株式会社エボラブルアジアは昨年対比約150%を繰り返し続けてきましたが、これは去年と同じことをしていては達成できない数字。私たちは、どこまでいっても成長が鈍化しない会社を作り上げていきたいと思っているんです。

−−その他に、株式会社エボラブルアジアで働く魅力とは何でしょうか。

吉村:グループ全体の中で挑戦できる幅や可能性・チャンスがたくさんあることでしょう。また、新卒であっても優秀であれば一気に引き上げて仕事を任せるという社風ですので、年齢や社歴、性別は関係なく、やる気と実力さえあればチャンスはいくらでもつかめると思いますよ。

−−どうもありがとうございます。それでは、章の最後に就職活動を行う学生層に向けたメッセージをいただければ幸いです。

吉村:皆さんには、自分がいつまでに何がしたいのか、目標を明確に決めて頂きたいと思っています。そして、そこに対して可能な限りの最短距離を求めて頂きたい。

そのように考えた結果、“就職”という選択をとるのであれば、成長できる環境をどこまでも求めていって欲しいですよね。大企業だ、ベンチャーだ、ということではなく、「会社自体が成長しているか」というところで見極めるべきです。

エボラブルアジアの急成長を支える多様なサービス

−−これまでのお話の中では、求職者に向けての貴重なメッセージを頂きました。
 ここからは、吉村社長が経営されている株式会社エボラブルアジアについて詳しく伺います。

 まずは、現在展開する事業内容から伺ってもよろしいでしょうか。

吉村:はい。株式会社エボラブルアジアは、アジアが1つの経済圏として巨大化するなかで、人の移動と仕事の移動を通じてアジアを繋ぐ架け橋となることを目指しております。

主には、ITオフショア開発事業、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、投資事業と4つの事業を展開しています。

−−テレビで「エアトリ」のCMをよく拝見させていただいております。

吉村:ありがとうございます。オンライン旅行事業の一環として運営している総合旅行プラットフォームの「エアトリ」は、主力BtoCサービスとして多くのお客様にご利用いただいております。

その他にも5つの自社直営サイトを運営していて、国内・海外航空券、新幹線等を簡単に比較・予約出来るサイトや海外ホテル予約サイトなども運営しています。

−−直営サイトを6つも運営されているんですか!

吉村:はい。お客様に最適な旅の選択肢を届けるために、業界最大規模の国内航空券取扱と各航空会社、東日本旅客鉄道との提携等によって実現しています。

−−ここ数年、日本全体で注目されている訪日旅行事業も手がけていらっしゃいますよね?

吉村:そうですね。先ほどお話ししたオンライン旅行事業で蓄積したノウハウを活かし、訪日外国人向けサービスや民泊運営企業向けサービスを展開しています。 

−−具体的には、どのようなサービスを展開されているのでしょうか?

吉村:まず、2017年から訪日旅行客向けキャンピングカーのレンタル事業を本格的にスタートさせました。2020年に向け、全国において300台規模のキャンピングカーを保有し、さらなる業容拡大を目指します。

また、民泊CtoCプラットフォームのサービスエアトリ民泊(https://minpaku.airtrip.jp/)もオープンしました。「法に則った物件のみの掲載」「MADE IN JAPANの使いやすさ」「旅行に不可欠な移動手段(航空券・新幹線)も同時に提供」という3点をコンセプトとし、『日本人による、日本人の為の民泊サイト』として運営しています。

こちらでは、旅行のみならず、ご出張・イベント参加等でも民泊を一般的に利用できる環境となるよう、民泊と同時に移動手段の提供をしていきます。

−−一方で、法人・企業向けにはITオフショア開発事業を展開されていますね。こちらは、具体的にはどのようなことをされているのでしょうか?

吉村:ITオフショア開発事業では、ベトナムに現地法人子会社「EVOLABLE ASIA」を構え、約1000名ほどのベトナム人エンジニアで対応させて頂いております。

−−ここ数年、海外のエンジニアの方の力を借りて開発に取り組む会社様が増えていますね。御社の事業は、他社様と比較した際にどのような特徴があるのですか? 

吉村:クライアントから選出されたプロジェクトマネージャーと、日本にいる弊社のベトナム人エンジニア、ベトナムにいるエンジニア部隊とで専属チームを組んでラボ型開発を行っていることですね。

従来の受注開発型の場合、ベトナムにいるベトナム人プロジェクトマネージャーと日本にいるクライアントの担当者様とがやり取りをして、開発はベトナムで進められていくので進捗状況やリソースなどがブラックボックス化しがちなんです。

私たちの場合は、日本語ができるハイレベルのベトナム人エンジニアを多数揃えておりますし、上流工程は日本にいるベトナム人エンジニアが、コーディングや実装部分に関してはベトナムにいるベトナム人エンジニアが行いますので、全体コストもかなり下がります。何よりリソースがしっかり確保できるんですよ。

−−ここまでお話をお聞きしただけでも、BtoC、そしてBtoBと、本当に様々な事業を展開されていますよね。

吉村:そうですね。株式会社エボラブルアジアは2007年に創業し、5年後の2012年にはベトナムへ進出。ホーチミンに設立したオフィスは発展を続け、わずか数年の間に東南アジアにおける日系企業で最大手のITオフショア開発拠点へと成長を遂げました。

その後、2016年には東証マザーズへ上場し、シリコンバレーへの展開も果たしました。翌年、2017年には東証一部へと上場し、安定した経営基盤を築き上げました。

−−それほどのスピード感で進み続けることは決して容易なことではないと思いますが、その原動力となるものは何なのでしょうか?

吉村:それは、私たちには明確な目標があるからでしょう。私たちが目指すのは、国内最大手の遥か先…。

アジア初の『世界的メガベンチャー』です。

この巨大な目標の実現は、働く人々の成長がなければ成し遂げられるものではありません。そのため、株式会社エボラブルアジアでは成長意欲のある方々に意欲に応えることができる職場環境を整えています。

なかでも、日々スピーディーに経営を行っている経営陣と近い距離で仕事にあたることができることは、何よりも刺激となるでしょう。そこから直接学べる実践的な経営スキルというのは、本当に貴重なものだと思います。

−−お話を伺っていると、吉村社長をはじめとする株式会社エボラブルアジアのみなさんが『世界的メガベンチャー』となっている姿が自然と浮かんできますね。

 それでは、最後にこちらを読んでいる求職者・学生のみなさんへ改めてメッセージをいただけますでしょうか?

吉村:はい。
こちらを読んで頂き、株式会社エボラブルアジアに興味を持ってくださった学生の方がいれば、ぜひ一度弊社採用ページをご覧ください。

私たちとともに不滅のベンチャースピリットを持ち、挑戦することを恐れずに前進し続けていきましょう。

住所や電話番号、採用・求人などの企業詳細情報はこちら↓

株式会社エボラブルアジア

ONLY STORYサイトへのインタビュー希望の方はこちらから↓

この社長とコンタクト
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この社長とコンタクト

メッセージを送るためには社長ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる
ONLY STORYご協力企業・団体様