株式会社ホロニック

坂井 健一

情報デザインをベースに、適切なウェブ事業を行う

顧客に寄り添い、二人三脚の販売促進を目指して
SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

今回は、デザインや制作を通して届けたいものを、届けたい人へ届ける情報デザインを主事業とする株式会社ホロニックの代表取締役・坂井氏にお話を伺いました。

現在ウェブにも注力する、情報デザイン事業について、詳しくお聞きしましょう。

株式会社ホロニック 代表取締役 坂井 健一氏のONLY STORY

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ウェブを活用して本質をついた販売促進を行う


―坂井氏―

「株式会社ホロニックは、立ち上げの段階では広告宣伝や販売促進のサポート業務を行っていました。もっと平素な言葉でいえば、顧客の商材にまつわるようなツール制作に携わっていたんです。

会社としては22期になりますが、当社ができたころはウェブがまだ社会的に広がっていた時代ではなかったので、ポスターやパンフレットなどの昔ながらのデザイン制作を行っていました。

ウェブでの広告が主流になってきてからはツール制作以外の領域が拡大し、“とりあえず”ウェブを使っていた時代から、ウェブを使って“他社と違うことをする”という方向に発展してきています。そういった時代の流れにともなって、現在はウェブを通した事業展開を考えている企業に対してのアプローチを行っています。

当社はウェブから始まった会社ではないという点がひとつのポイントで、ウェブが社会に広まる前から情報デザインという形で事業を展開してきました。

情報デザインというのは、顧客となる企業がユーザーに対して伝えたいことをデザインや制作によって表現することを指します。そのベースは現在も変わっておらず、情報デザインをベースにウェブという技術を合体させて構築を行っているという点で、他社との差別化を図っています。

ウェブが台頭している現在でも、販売促進のためにウェブを使っていない企業は少なくありません。ただその中でも、今まで行ってきた事業をウェブと組み合わせることによって、より広がりを持たせることができる企業はたくさんあります。当社では、そういった企業に対してプランニングから実施までサポートするサービスを行っています。

将来的には、ウェブを使ってのマーケティングの方法をご提案しながら、ウェブサイトを構築していくという事業を行っていきたいと思っています。

企業の目的は売上を作ることです。ですから、必ずしもウェブで展開する必要はなく、紙媒体を使ったり、営業マンが直接販売する方がいいかもしれない。そういったさまざまな選択肢を考慮した上で、やはりウェブを活用するべきであるという結論を下した企業に対して、特に強力なサポートを行えるのが株式会社ホロニックです。

ウェブサイトを作るにしても、ただ作るのではなく、最も適切なデザインや見せ方を提案しながら、顧客と一緒に作っていくというケースで最も力を発揮することができると思います。

株式会社ホロニックが大切にしているキーワードとして『お客様はパートナーである』というものがあります。下請け業者としてただもらった仕事をこなすのではなく、プロとしてより良いアイデアを提案し、一緒に歩んでいくことを重要視しています。」

ウェブとの親和性が高く、まだウェブを導入していない企業の力になりたい


―坂井氏―

「株式会社ホロニックを立ち上げた22年前は、まだインターネットに電話線を繋いでいた時代でした。そのころは、インターネット上にホームページがあるというだけで特別だったのですが、時代の流れによっていろいろな要望が出てくるようになりました。

当社ではECサイトも運営しており、関連会社で作っているシャンプーを販売しています。サロン向けに売っている商品を一般にも流通させるという目的で私たちがネットショップを展開しているんですね。

今から15~16年前には、メーカーが直で商品を売るということはほとんどありませんでした。メーカーの次に卸業者があり、そこから小売業を経由してユーザーの手に渡るという流れが一般的だったんですよね。

そういったときに、ある美容メーカーからインターネット販売を頼まれたんです。つまり、お客様からの要望があって初めて株式会社ホロニックはネット販売事業をはじめたんです。始まりとしては、お客様から要望を聞いて、その要望から新しい循環が生まれるということが多かったんですね。

今となってはECサイトで自社製品を売ることが当たり前になっていますよね。それでも、そういった事業を取り入れている企業と、取り入れていない企業があります。ECと親和性の高い業界でもまだ導入していない会社は多いため、そういったところのサポートをしたいと思っています。」

顧客の最終目標を実現できるよう、コミュニケーションに力を入れていく


―坂井氏―

「株式会社ホロニックの展望としては、やはりウェブとの親和性が高いにも関わらず、それに気付いていない企業のサポートをしていきたいです。

仕事を受けていく上で、いろいろなお客様と出会いますが、当社に発注してくださるお客様の目的はある程度明確なんです。

ただ、たとえば経営者の方と、部長と、課長と、担当者の方の想いというのはレベル感が変わっていくことがあって、担当の方は仕事をこなしていく間に本当の目的を見失ってしまうこともあります。

その目的の軸がぶれないよう、コミュニケーションを取りながら、お客様の目標を実現できるサポートを行っていきたいと思います。」

住所や電話番号、採用・求人などの詳細情報はこちら↓


会社名:株式会社ホロニック

ONLY STORYインタビュー希望の方はこちらから↓

SHARE ON Icon fb Icon tw Icon bk

この経営者とコンタクト

メッセージを送るためには経営者ログインが必要です。
まだ登録のお済みでない方は、掲載依頼の上ご登録を宜しくお願い申し上げます。
×このウィンドウを閉じる