最終更新日: 2023.09.26

企業マッチングサービスとは、取引先や協業相手など他社との出会いを求める企業同士の出会いを仲介するサービスのことです。利用することにより、効率的に自社が求める企業と出会えます。しかし、企業マッチングサービスには種類によってそれぞれ特徴があり、どのように選べばいいかわからないと感じる人も多いでしょう。

そこで本記事では、おすすめの企業マッチングサービスや選び方を紹介します。利用するメリットやデメリットなども解説していますので、併せて参考にしてください。

チラCEO

\ 決裁者アポは当社にお任せください /

  • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
  • 登録決裁者6,500名以上
  • 年間マッチング数10,000件以上
  • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
資料ダウンロード

企業と出会えるマッチングサービスとは

企業マッチングサービスとは、他社との出会いを求める企業同士を結びつけるフラットフォームです。新規事業を拡大したいときや、新しい見込み客(リード)を獲得したいときなどに利用されます。

ただし、企業マッチングサービスはあくまで相手の企業と出会うための手段です。出会った先の商談などは自社内で行う必要がある点に注意が必要です。

企業マッチングサービスを利用するメリット

企業マッチングサービスを利用するメリットは、主に以下の3つです。

  • 発注側は無料で使えることが多い
  • ビジネスパートナーを効率よく見つけられる
  • 認知拡大に役立つ

それぞれのメリットを詳しく説明します。

発注側は無料で使えることが多い

仕事を発注したい側と受注したい側をつなぐタイプの企業マッチングサービスでは、発注側の企業は無料で利用できる場合が多いです。基本的には受注側の企業が報酬を支払う仕組みになっており、受注側の企業が登録したときや受注が成功したときの成功報酬などが費用として発生します。

発注側は費用を気にすることなく利用できるため、導入のハードルが低いといえます。

ビジネスパートナーを効率よく見つけられる

企業マッチングサービスを利用することにより、ビジネスパートナーを効率よく見つけられます。ほとんどのサービスでは、利用者は登録している企業情報を閲覧でき、自社の条件に合ったビジネスパートナーを見つけられるからです。

また、企業マッチングサービスに登録すると、相手の企業からオファーを受けられる可能性もあります。自社が想定していなかった企業とのつながりから、新たなビジネスチャンスが産まれることもあるでしょう。

企業マッチングサービスを利用するときは、利用目的を明確にしておくことが重要です。はっきりとした目的がなければ、自社に合う企業とマッチングできません。なぜ企業マッチングサービスを利用するのかを明確にしておくことにより、よりよいビジネスパートナーに出会えるでしょう。

認知拡大に役立つ

企業マッチングサービスを利用すると、認知拡大にも役立ちます。利用者の多い企業マッチングサービスに登録することにより、多くの企業の目に留まるでしょう。企業マッチングサービスの中には、登録する際の企業情報が充実していると最初のページに表示されるケースもあります。そうなると、より多くの企業の目に留まりやすくなるため、効率的に認知を拡大できます。

企業マッチングサービスを利用するデメリット

企業マッチングサービスを利用するデメリットは、主に以下の通りです。

  • 必ずマッチングするとは限らない
  • 成約するまでに時間がかかる

それぞれのデメリットを詳しく解説します。

必ずマッチングするとは限らない

企業マッチングサービスを利用したからといって、必ず希望の企業とマッチするとは限りません。なぜなら、相手企業に求める条件は企業によって異なるからです。過去の実績や事業の強みを重視する企業もあれば、企業ブランドを重視する企業もあります。そのため、やみくもにマッチできる企業を探しても、自社の求める企業と出会えない可能性もあるのですでしょう。

企業マッチングサービスの中には、サポート体制が充実しているサービスもあります。おすすめの企業を紹介するAIやコンシェルジュの機能があるサービスを使用すれば、自社に合う企業とマッチしやすいでしょう。

成約するまでに時間がかかる

希望の企業とマッチしたとしても、成約するまでに時間がかかる点に注意が必要です。先ほども解説した通り、企業マッチングサービスはあくまで企業と企業が出会うためのプラットフォームです。つまり、企業マッチングサービスで出会いが生まれたとしても、その先の成約までは時間をかけて交渉する必要があります。

発注側は通常、気になる企業に出会えたら何度も商談をしたり、複数の企業と比較したりと時間をかけて取引先を選びます。もし受注側として利用するのであれば、マッチした企業から契約を獲得できるよう、自社の商材の魅力をアピールするトークや資料を用意しておきましょう。

企業マッチングサービスを利用する際の流れ

企業マッチングサービスの具体的な利用方法は、主に以下の2通りです。

  • 希望の企業を探す方法
  • 企業からの問合せを待つ方法

それぞれの具体的な方法について詳しく解説します。

希望の企業を探す方法

企業マッチングサービスでは、簡単に自社が求める条件の企業を探すことができます。登録された企業ごとに事業内容や実績、商品やサービスの詳細など企業に関する情報が細かく記載されています。その中からニーズを満たせる企業はいるかを確認していくことにより、自社に合ったビジネスパートナーを見つけられる仕組みです。

気になる企業が見つかった場合は、アクションを送り、マッチすることで連絡を取り合えるようになる場合が多いです。しかし、企業によっては外部向けの資料や公式ホームページのURLなどが添付されていることもあり、サービス内でマッチせずとも接触できる場合もあります。

企業からの問い合わせを待つ方法

企業マッチングサービスでは、企業からの問合せを待つ方法もあります。事業内容や実績など、自社に関する情報を細かく記載することにより、自社に興味を持った企業がアプローチしてくれます。できる限り具体的に企業情報を掲載しておけば、他企業から連絡をもらいやすくなるでしょう。企業情報を載せる手間がかかるものの、1社1社に営業活動を行うよりも効率的にビジネスパートナーを見つけられます。自社が想像していなかった企業とつながりビジネスチャンスが拡大する可能性もあるでしょう。

企業マッチングサービスの選び方

数ある企業マッチングサービスの中から自社に合ったサービスを選ぶためには、以下のポイントに注目しましょう。

  • 得意分野を確認する
  • 料金形態を確認する
  • 実績のあるサービスを選ぶ
  • 登録している企業数を確認する
  • 運営会社をチェックしておく

それぞれの選び方について詳しく解説します。

得意分野を確認する

企業マッチングサービスを選ぶときは、得意分野を確認しましょう。企業マッチングサービスの中には、ある分野に特化したものがあります。例えば、Web制作やM&Aなど、専門分野に特化し、質の高いサポート体制を整えているサービスがあります。運営側も専門知識を持ったスタッフが対応する場合があるため、自社にその分野の深い知識がなくても安心して任せられるでしょう。

なお、企業マッチングサービスの中には、あらゆる業種に対応できるオールラウンダータイプも存在します。自社のニーズに合わせて企業マッチングサービスを選択するのがおすすめです。

料金形態を確認する

企業マッチングサービスを利用する場合は、料金形態もチェックしておきましょう。予算内で利用できるものを選ぶため必要があるからです。なお、企業マッチングサービスの料金形態は、基本的に以下の2パターンです。

月額型

月額型の料金形態は、登録時に発生する「初期費用」と、毎月固定で発生する「月額費用」を支払います。毎月の支払いが固定されるため、予算を確保しやすいといったメリットがあります。

月額型の企業マッチングサービスは規模が大きく、案件数も豊富であることが多い傾向です。ただし、企業マッチングサービスの中には、最低契約期間が設けられているケースもあるため注意が必要です。

成果報酬型

成果報酬型の料金形態は、契約が決まった時点で費用が発生します。契約金額の5~10%を手数料として支払うのが一般的です。成果報酬型の企業マッチングサービスは、契約につながらなければ費用が発生しないためリスクを抑えながらサービスを活用できます。

また、企業マッチングサービス側は契約を成立させるために細やかなヒアリングを行ったり、商談までのサポートを実施したりと、利用者に寄り添ったサービスを提供している場合が多い傾向です。

実績のあるサービスを選ぶ

企業マッチングサービスを選ぶ際は、実績をチェックしておきましょう。実績が豊富な企業マッチングサービスでは、日頃から活発にマッチングが行われていることになります。つまり、多くの企業と出会えるチャンスがあるということです。また、実績が豊富な企業マッチングサービスであれば、安心して利用できるでしょう。

ただし、企業マッチングサービスの中には、すべての実績を公開していないサービスもあります。登録情報以外にも自主的に企業サイトなどを調査し、企業を比較検討するといいでしょう。

登録している企業数を確認する

企業マッチングサービスに登録している企業数を確認しましょう。登録している企業数が多ければ多いほど、よりニーズを満たすビジネスパートナーが見つかるチャンスが広がります。逆に登録数が少なすぎると、そもそもニーズを満たす企業がサービス内に存在せず、出会えない可能性もあるので注意しましょう。

運営会社をチェックしておく

企業マッチングサービスは企業や金融機関など、さまざまな会社が運営しています。民間企業が運営している場合は、その企業が得意とする分野に力を入れている場合が多い傾向です。例えば、Web系の会社であれば、Webに特化した企業マッチングサービスを提供しています。

一方、公的機関であれば1つの分野に特化したものではなく、幅広い業種と出会える傾向があります。無料で利用できる場合が多いため、予算がないときは公共機関のサービスを利用してみるといいでしょう。

おすすめの企業マッチングサービス8選

ここからは、おすすめの企業マッチングサービスを紹介します。それぞれの特徴を比較しながら、自社に合ったサービスを利用してください。

1.チラCEO

チラCEOは、決裁者同士をつなげる企業マッチングサービスです。会いたい決裁者を見つけたら、メッセージで想いを伝えアポを獲得します。他にも毎日のおすすめ決裁者に「会いたい」というリクエストを送信できたり、ニーズを投稿するタイムラインでメッセージを送受信できたりといった機能も用意されています。

どの企業の決裁者に会いたいかわからない場合は、CS(カスタマーサクセス)が自社に合う決裁者を直接紹介してくれるのも嬉しいポイントです。日々の経営や事業を進める上うえで生じる課題に伴走し、理想の実現に向けてよい出会いを提供します。登録者数は6,000人を超えており、さまざまな出会いが期待できるでしょう。

決裁者同士でつながることにより、成約までのプロセスが短くなり、スムーズに取引相手や協業相手が見つかるのが魅力です。

2.比較biz

比較bizは、Web上で複数業者に一括見積もりを依頼できる企業マッチングサービスです。費用だけではなく、実績や得意業界なども比較した上で発注先を選べるため、より自社のニーズを満たしてくれる企業を見つけられるでしょう。また、一括見積もりが行えるため、1社ずつ問合せを行う手間や時間もかかりません。

なお、比較bizでは電話やメールでサポートを行っています。例えば、企業の提案を断りたいが言い出しにくいといった場合には、サポート担当者が代行してくれます。そのため、安心してさまざまな企業に問合せができるでしょう。また、マッチング実績数が10万件を超えている点も安心できます。

3.発注ナビ

発注ナビは、システム開発に特化した企業マッチングサービスです。自社の条件に合った発注先が見つからない、ITの知識がないため発注内容をまとめられないといった悩みを解決できます。発注ナビはITを専門にしているため、細かい要望も伝わりやすく、理想的なビジネスパートナーを見つけられます。

また、専門のコンシェルジュがしっかりとヒアリングを行ってくれるため、ITの知識がなくても安心です。コンシェルジュに発注内容を話すだけで、最短翌日に開発会社を紹介してくれます。そのため、すぐにでもビジネスパートナーを見つけたいという企業も利用しやすいでしょう。

4.アイミツ

アイミツは、独自の審査を通過した優良企業のみを紹介する企業マッチングサービスです。企業の強みや弱み、実績、評判などを総合的に評価しており、審査を通過した企業のみが登録できます。

各企業からの見積書や提案は最短で翌日に集まるため、すぐにでもビジネスを展開したい企業も活用しやすいでしょう。コンシェルジュに要望を伝えるだけであるため、大きな手間やコストがかかりません。なお、アイミツでは受注データを17万件保有しているため、自社に合った企業と出会えるでしょう。

5.一括.jp

一括.jpは、映像・動画制作やテレマーケティングなど68種類以上の業界から一括で問合せができる企業マッチングサービスです。自社でフォーム営業を行う場合、1社ずつ問合せフォームを入力する必要がありますが、一括.jpであれば1度フォームを送信するだけで条件に合った複数の企業に問合せができます。そのため、営業にかかる時間を大幅に短縮できます。

また、問合せは最短2分で完了するため、忙しい営業担当者でも活用しやすいサービスです。複数の業者に問合せができれば、より自社のニーズを満たせる企業が見つかりやすいでしょう。相談件数は10万件を突破しており、豊富な実績も安心できます。

6.Web幹事

Web幹事は、Web制作に特化した企業マッチングサービスです。登録社数は5,000社を超えており、自社の条件に合った企業を紹介してくれます。また、ホームページ制作の費用相場がわからない、どうやってWeb制作会社を選べばいいかわからないといった悩みにも回答してくれるため、Webの専門知識がない人も安心して利用できます。

Web幹事では日本全国の制作会社の情報を集めており、地域や強みなどの切り口から依頼したい企業を探せるのも特徴です。制作のプロが自社の要件をヒアリングしてくれるため、より自社の要望を叶えやすいでしょう。

7.リカイゼン

リカイゼンは主に以下の5つの領域に特化した企業マッチングサービスです。

  • システム開発
  • Web制作
  • クリエイティブ制作
  • 映像制作
  • コピーライティング

厳しい審査を通過した優良企業のみを紹介してくれるため、初めて企業マッチングサービスを利用する人も安心です。また、希望の条件を出せば、自社に合った企業を紹介してくれます。最短10分で見積書や実績資料が届くため、時間がない人も活用しやすいでしょう。

なお、どの企業を選べばいいかわからない場合も、長年の実績をもとに適したサポートを実施してくれます。

8.コンペル

コンペルは、マーケティングや管理システムなど幅広いジャンルの中からビジネスパートナーを見つけられるサービスです。豊富な企業データベースの中から自社に合った企業をコンシェルジュが紹介してくれます。また、クレームの多い企業はすぐに掲載をストップするため、悪徳な企業とマッチする心配もありません。

なお、最大6社の企業から見積もりを出してもらえるため、相場がわからない場合や予算をできるだけ抑えたい場合に便利です。費用や内容などを比較した上で、納得してマッチできます。

企業マッチングサービスを活用してニーズに合った企業との出会いを見つけよう

企業マッチングサービスとは商品やサービス、ノウハウなどを提供したい企業と、それらを必要としている企業を結びつけるプラットフォームです。企業マッチングサービスを活用すると1社1社に営業をかけることなく、自社のニーズを満たしてくれる企業に出会えます。また、発注者側であれば無料で利用できる場合が多いため、コストを抑えながらビジネスパートナーを見つけることも可能でしょう。

チラCEO

\ 決裁者アポは当社にお任せください /

  • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
  • 登録決裁者6,500名以上
  • 年間マッチング数10,000件以上
  • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
資料ダウンロード

お問い合わせさぁ、良質なビジネスマッチングを今すぐ体験

お電話でのお問い合わせ
03-6821-7872 (平日10:00〜19:00)
よくあるご質問