過度なストレスは、体と心に悪影響を及ぼします。経営者の体調不良は、企業の業績に影響を与える場合があるため、体調不良の原因となるストレスは発散しましょう。

そこで、本記事では経営者が実践しているストレスの発散方法を5つ解説します。

また、ストレスを根本から解消する方法も紹介しているため、ストレスを感じている経営者の方は参考にしてください。

経営者が実践しているストレスの発散方法5選

経営者が実践しているストレスの発散方法5選

ストレスの発散方法には、さまざまな種類があります。その中でも、実際に多くの経営者が実践しているストレスの発散方法を、厳選して5つ紹介します。

【経営者が実践しているストレスの発散方法】

  • 昼寝する
  • 運動する
  • 入浴する
  • 瞑想する
  • 水素を吸入する

昼寝する

昼寝を行うと、朝から働き続けている頭を一度リセットできるため、ストレスが解消されます。集中力の向上や疲労回復の効果も期待できるため、多くの企業で昼寝は注目されており、実際にGoogleでは、昼寝用のマシンが設置されています。

長時間眠ってしまうと、深い眠りについて頭がボーっとしてしまうため、15~30分程度の短時間の昼寝がおすすめです。昼寝の前にコーヒーなどのカフェインを摂取しておくと、20~30分程度でカフェインの覚醒効果が現れるため、目が覚めやすくなります。

会社に仮眠室がなくても、デスクで使用できるうつぶせ用の枕やアイマスク・ネックピローなどを活用すると、快適に眠れます。

運動する

運動を行うと、セロトニンやエンドルフィンが放出されて、ストレスを発散できます。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、ストレスに対して効果がある脳内物質です。一定のリズムを刻む運動を行うことで放出されて、精神が安定します。また、エンドルフィンはストレス緩和に効果があり、心肺機能を高める運動で放出される脳内物質です。

WHOは、一般的な成人の場合は、中強度の有酸素運動を週に150~300分、高強度の有酸素運動を週に75~150分行うことを推奨しています。しかし、これまで運動する習慣がなかった人にとって、早歩きなどの中強度の運動をしんどいと感じる方もいるでしょう。

ストレスを解消したいからと運動を無理に行っても、継続できなければストレス発散ができずに終わってしまいます。普段あまり運動していない方は、ウォーキングなどの軽い運動から取り入れて習慣にしてみてください。

入浴する

入浴すると副交感神経が優位になり、緊張がほぐれてリラックスできます。副交感神経が優位になると、脳内にセロトニンやエンドルフィンが放出されるからです。

一口に入浴と言っても、お湯の温度や入浴時間によって得られる効果は異なります。リラックスしてストレスを解消したい場合は、38~42度のお湯に20分ほど浸かることがおすすめです。

日ごろ浴槽に浸からずにシャワーで済ます人も、これを機に入浴でストレス解消してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、42度以上のお湯の場合は、活動時に働く交感神経が活発になるため、眠気覚ましに効果的です。

瞑想する

瞑想は、意識を一点に集中させることで、マインドフルネスと呼ばれる心の状態を作り出す方法です。ストレス解消の他に集中力や記憶力の向上・感情のコントロールなど多くの効果が期待できます。

瞑想と聞くと、床にあぐらをかいているイメージがある方も多いでしょう。しかし、椅子に座っていても行えるため、自席でも簡単に取り組めます。

自席で瞑想する場合は、椅子に腰を掛けて、背筋を伸ばした状態で深呼吸をします。膝の上に手を置いた状態で腹式呼吸を行う、といったシンプルなものです。時間に指定はないため、昼休みに3分程度から取り入れてみてはいかがでしょうか。

水素を吸入する

水素を吸入すると、副交感神経が優位になり、リラックスした状態を作り出せます。ストレス解消の他にも、デトックスや美容などさまざまな効果が期待できるため、多くの人に注目されているストレス解消法です。

水素の吸入と聞くと、特別な場所でしか行えないと考える方もいるでしょう。実際にこれまでは、水素サロンと呼ばれる水素発生機器を導入した施設で行われることが一般的でした。

しかし、水素の吸入が注目されるに伴い、現在では自宅で水素を吸入できる機械も販売されています。いつでもどこでも水素を吸入できる持ち運びタイプの吸入器もあるため、ストレスを感じたときにすぐ吸入することが可能です。

オンリーストーリーでは決裁者限定マッチングサービス「チラCEO」を提供しています。月に一度定例ミーティングの開催、年間10,000件以上のマッチングに成功しているカスタマーサクセスからのご紹介など、貴社にマッチした企業を直接紹介させていただきます。業務提携や協業先を手さぐりで探す必要もなくなります。

「営業マンのスキルに依存した営業活動から脱却したい」という方や、信頼できる営業・提携・協業先、リード創出の会社の探している方は下記より詳細をご覧ください。

経営者のストレスを根本から解消する方法3つ

経営者のストレスを根本から解消する方法3つ

経営者のストレスを根本から解消する方法は、主に3つあります。

【経営者のストレスを根本から解消する方法】

  • 生活リズムを整える
  • ポジティブシンキングを身につける
  • 経営コンサルを活用する

上記の方法は、ストレスを一時的に解消するものではありません。ストレスが溜まりづらくなったり、ストレスの原因である問題が解決できたりするため、根本からストレスを解消したい方は参考にしてください。

生活リズムを整える

生活リズムを整えると自律神経も整うため、ストレスが溜まりにくくなります。

経営者はやることが多いため、食事の時間や回数がバラバラであるなど、生活リズムが乱れている人も多いでしょう。生活リズムが乱れて不規則な生活を送っていると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまく行われず、体がなかなかリラックスできなくなります。

ストレスを根本から解消したいのであれば、食事や睡眠・運動を見直して生活リズムを整えましょう。栄養バランスの取れた食事や良質な睡眠・適度な運動によって自律神経が整えば、体だけではなく、心も健康な状態になります。

ポジティブシンキングを身につける

責任感の強さゆえに自分を責めてばかりいると、ストレスが溜まってしまいます。

反省は何事においても大事なことですが、自分を追い込み過ぎると、過度なストレスで体調を崩す可能性があります。物事をネガティブに考えるのではなく、物事の見方を変えてポジティブに考えることも重要なのです。

「きっとなんとかなるだろう」と軽く考える楽観的思考とは異なり、ポジティブシンキングでは物事を前向きに捉えます。問題が発生した際に「わからない」「できない」とネガティブに考えるのではなく「チャンス」と考えることで、モチベーションを高めることが可能です。

すぐに考え方を変えることは難しいですが、少しずつネガティブワードをポジティブワードに頭の中で変換して、ポジティブシンキングを身につけていきましょう。

経営コンサルを活用する

経営コンサルとは、経営の知識が豊富なプロに経営に関するアドバイスをしてもらえるコンサルティングサービスです。経営コンサルの活用は、直接的にストレスを解消するわけではなく、ストレスの原因となる問題を解決することでストレス解消が期待できます。

自分だけでは解決できない問題も、第三者の意見を取り入れることで解決できる場合があります。ストレスの原因となっている問題も、経営コンサルの活用で解決が期待できるのです。経営のプロが第三者の立場から意見をくれるため、社内では発見できなかった問題が見つかることもあります。

また、社内の人間には相談できなかった課題や悩みも相談できるといった点でもストレスは解消されるでしょう。

ストレスを発散する際のポイント

ストレスを発散する際のポイント

ストレスが溜まってから一度に発散しようとするのではなく、こまめに発散することがおすすめです。こまめにストレスを発散する習慣をつけていれば、感情をコントロールしやすく、落ち着いた精神状態で仕事をこなせるでしょう。

自席で肩や足のストレッチを行うだけでも筋肉の緊張がほぐれて、ストレスを解消できます。お気に入りの音楽を聴くことも短時間で行えるストレス解消方法です。

1時間に数分程度でも意識してストレス解消方法を実施することで、生産性が向上します。正常に経営判断を下せるようになり、引いては業績の向上も期待できるでしょう。

まとめ

経営者には経営判断の最終決定という重要な役割があり、強いストレスがかかります。気づかぬうちにストレスが溜まっており、体調を崩すことも少なくありません。忙しい経営者であるからこそ、意識的にストレスを発散する必要があります。

【経営者が実践しているストレスの発散方法】

  • 昼寝する
  • 運動する
  • 入浴する
  • 瞑想する
  • 水素を吸入する

また、ストレス発散方法には、一時的に解消するものだけではなく、根本から解消するものもあります。

【経営者のストレスを根本から解消する方法】

  • 生活リズムを整える
  • ポジティブシンキングを身につける
  • 経営コンサルを活用する

ぜひ本記事で紹介したストレスの発散方法を参考にして、ストレスを発散してみてください。

最後に、当社オンリーストーリーでは決裁者限定マッチング支援サービス「チラCEO」を提供しています。独自審査を通過した企業のみ利用可能で、現在は5,000社以上の企業の決済者が利用中です。

決済者同士でマッチングできるため、社内確認が少なく、スピーディーに商談に進めるといった魅力があります。

「手軽に商談を行いたい」と考えている方は「チラCEO」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせさぁ、良質なビジネスマッチングを今すぐ体験

お電話でのお問い合わせ
03-6821-7872 (平日10:00〜19:00)
よくあるご質問