最終更新日: 2024.02.12

受注は、商品やサービスなどの注文を受けることを指します。受注のプロセスには、注文の受付・確認・在庫管理や顧客対応・商品、サービスの提供・アフターフォローなどがあります。これらの一連の流れは、有形・無形によって大きく異なります。

本記事では、受注と発注の違いやその重要性、受注管理の流れ、受注管理のポイントについて詳しく解説します。

決済者のリード獲得に興味がある方はこちら
https://onlystory.co.jp/

チラCEO

\ 決裁者アポは当社にお任せください /

  • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
  • 登録決裁者6,500名以上
  • 年間マッチング数10,000件以上
  • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
資料ダウンロード

受注とは

受注とは、顧客から商品やサービスの注文を受けることを指します。顧客が特定の商品やサービスを購入したいと要求した際に、その要求を受け入れることが受注です。受注は、企業にとって収益を生み出す重要なプロセスの一部であり、顧客との信頼関係を築く上で重要な役割を果たします。

発注とは

発注とは、企業が商品やサービスを供給するために、必要な材料や製品を外部のベンダーやサプライヤーに注文することを指します。企業が自社で生産する場合でも、必要な原材料や部品を外部から調達する必要があります。この際、企業はベンダーやサプライヤーに対して発注を出し、必要な商品やサービスを受け取ることができます。

受注と発注の違い

受注と発注は、それぞれ異なるプロセスであり、異なる目的を持っています。受注は顧客からの注文を受け入れることを指し、企業が商品やサービスを提供する際の最初の段階です。一方、発注は企業が必要な材料や製品を調達するために外部のベンダーやサプライヤーに対して行う注文です。受注は顧客との関係を築き、売上を生み出すためのプロセスであり、発注は企業が効率的に生産を行うために必要な資源を確保するためのプロセスです。

受注と発注の重要性

受注と発注は、企業の運営において重要な役割を果たします。受注は顧客との信頼関係を築き、売上を生み出すための重要なプロセスであり、発注は企業が効率的に生産を行うために必要な資源を確保するための重要なプロセスです。適切な受注と発注の管理は、企業の収益性や競争力を向上させる上で不可欠です。

受注と発注の効率的な管理方法

受注と発注を効率的に管理するためには、適切なシステムやプロセスが必要です。顧客からの受注を管理するためには、注文管理システムや顧客関係管理(CRM)システムを導入し、注文の受け付けや処理を効率化することが重要です。また、発注を管理するためには、供給チェーン管理(SCM)システムや在庫管理システムを活用し、必要な資源を適切な時期に確保することが重要です。さらに、受注と発注のプロセスを適切に連携させることで、企業全体の効率性を向上させることができます。

有形商材の受注管理の流れ

受注管理の流れについては、有形商材・無形商材によって流れが大きく異なります。有形商材の受注管理の流れは以下の通りです。

注文の受け付け

顧客からの注文が入った際、まずはその注文を受け付けます。注文は、電話やメール、オンラインショップなどさまざまな方法で寄せられることがあります。注文を受け付ける際には、顧客からの必要事項や注文内容を正確に把握し、登録します。

注文の確認

注文を受け付けたら、その内容を確認します。注文内容が不明確な場合や、在庫状況によってはお客様に連絡を取り、確認を行うこともあります。また、注文の支払い方法や配送先なども確認し、正確な情報を入力します。

在庫確認

受け付けた注文に対して、在庫があるかどうかを確認します。在庫がある場合は、次の手順に進みますが、在庫がない場合は、納期の調整や顧客への連絡などを行い、入荷や生産の手配を行うことがあります。

注文の登録と処理

注文内容や顧客情報をシステムに登録し、注文を処理します。注文の状況や進捗状況は、システム上で管理されます。また、必要に応じて請求書や注文確認書などの書類を作成し、顧客に送付します。

出荷準備

商品を出荷するための準備を行います。商品の梱包やラベル貼り、配送業者への手配などを行い、出荷の準備を整えます。顧客によっては、配送日時の指定や特別な配送方法の要望がある場合もありますので、それに応じた対応を行います。

商品の発送

商品の出荷準備が整ったら、配送業者に商品を引き渡し、顧客の元に商品を発送します。発送後は、配送状況の追跡や顧客からの問い合わせ対応など、アフターサービスも重要なポイントです。

注文の完了とフォローアップ

商品が顧客に届き、顧客から受け入れが確認されたら、注文は完了となります。その後も顧客との関係を維持するために、フォローアップやアフターサービスを行い、顧客満足度を高める取り組みを行います。

無形商材の受注管理の流れ

無形商材の受注管理は以下の通りです。

顧客の要望の確認

無形商材の受注管理では、まず顧客とのコミュニケーションが重要です。顧客のニーズや要望を十分に把握し、提供するサービス内容や条件について確認します。顧客が求める価値や利益を理解することが受注管理の第一歩です。

提案書や見積もりの作成

顧客の要望に基づいて、提案書や見積もりを作成します。提案書には、提供するサービス内容や価格、納期、契約条件などが記載されます。顧客との合意を得るために、柔軟性を持って提案を調整することが求められます。

契約の締結

顧客との合意が得られたら、契約書を締結します。契約書には、サービス提供の範囲や条件、支払い条件、保証事項などが明記されます。契約の内容を正確に把握し、必要な手続きを迅速かつ適切に行います。

プロジェクトの立ち上げ

契約が締結されたら、プロジェクトの立ち上げ作業を開始します。プロジェクトチームを組織し、担当者や役割を割り当てます。プロジェクトのスケジュールやタスクを計画し、適切なリソースを確保します。

サービスの提供

プロジェクトが開始されると、サービスの提供が開始されます。チームは、顧客の要求に応じてサービスを提供し、プロジェクトの進捗状況を管理します。顧客との定期的なコミュニケーションを通じて、進行状況や課題を共有し、適切な対応を行います。

品質管理とフィードバック

サービス提供の過程で、品質管理を行い顧客からのフィードバックを受けます。顧客の満足度を高めるために、サービスの品質や効果を定期的に評価し、必要に応じて改善を行います。

サービスの完了と評価

プロジェクトが完了したら、サービスの提供が終了します。顧客との最終的な確認と評価を行い、契約条件に従って支払いを受けます。顧客との関係を維持し、今後のビジネスチャンスを模索するために、適切なフォローアップを行います。

受注管理で気をつけるべきポイント

顧客とのコミュニケーションの確保

受注管理では、顧客との円滑なコミュニケーションが不可欠です。顧客の要求やニーズを正確に把握し、適切なサービス提供を行うためには、定期的な対話やフォローアップが重要です。顧客との信頼関係を築くためにも、迅速で丁寧な対応が求められます。

注文情報の正確な管理

受注を受けたら、注文情報を正確に管理することが肝要です。注文内容や顧客情報をミスなく登録し、必要な手続きを迅速に進めることで、顧客満足度を高めることができます。特に、商品やサービスの納期や配送先などの重要な情報は、正確に把握しておくことが重要です。

品質管理とアフターサービスの強化

受注管理では、サービス提供の品質を確保し、顧客満足度を向上させることが不可欠です。品質管理の強化やアフターサービスの充実化によって、顧客からの信頼を高めることができます。顧客からのフィードバックを受けて改善を行い、長期的な顧客関係の構築に努めることが重要です。

まとめ

本記事では、受注と発注の意味や流れについて説明しました。受注は顧客からの注文を受け入れ、企業に収益をもたらす重要なプロセスです。一方、発注は企業が必要な資源を確保するための手続きであり、効率的な生産を支援します。

また、有形商材と無形商材の受注管理の流れについても詳しく解説してきました。これらの記事を参考に、受注と発注の重要性と効率的な管理方法について理解を深めてみてください。

(本文執筆・編集:オンリーストーリー編集部)

弊社の直近3年で約10億円、btobの投資をしてきました。また、弊社自体が営業代行会社として、多くの会社様の案件を受けてきました。その中で、再現性のある営業手法がないという話や、1社だけで満足できる営業支援の会社はなかなか見つからないという声を多く聞いています。本記事や、10億円のまとめを記載したホワイトペーパーを用意していますので、少しでも皆様の営業の一助になりましたら幸いです。

コメント:代表平野

チラCEO

\ 決裁者アポは当社にお任せください /

  • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
  • 登録決裁者6,500名以上
  • 年間マッチング数10,000件以上
  • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
資料ダウンロード

お問い合わせさぁ、良質なビジネスマッチングを今すぐ体験

お電話でのお問い合わせ
03-6821-7872 (平日10:00〜19:00)
よくあるご質問