最終更新日: 2023.09.22

チラCEO

\ 決裁者アポは当社にお任せください /

  • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
  • 登録決裁者6,500名以上
  • 年間マッチング数10,000件以上
  • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
資料ダウンロード

1. インサイドセールスとは?

1.1. インサイドセールスの定義

インサイドセールスとは、主に電話やインターネットを活用して顧客と接触し、営業活動を行う方法です。これに対して、直接顧客と対面し、営業活動を行う方法をフィールドセールスと言います。

1.2. インサイドセールスの特徴

インサイドセールスの特徴は、以下の通りです。

  • 顧客との接触が主に電話やインターネットで行われる
  • 営業活動の効率化やコスト削減が可能
  • データ活用による戦略の最適化が容易

1.3. インサイドセールスとフィールドセールスの違い

インサイドセールスとフィールドセールスの主な違いは、顧客との接触方法です。インサイドセールスは電話やインターネットを使って行われるのに対し、フィールドセールスは直接顧客と対面して行われます。また、インサイドセールスは効率化やコスト削減が可能であり、データ活用が容易です。

2. インサイドセールスのメリット

2.1. コスト削減

インサイドセールスでは、営業担当者がオフィス内で営業活動を行うため、交通費や出張費などのコストが削減されます。

2.2. 効率性の向上

インサイドセールスでは、営業担当者が効率的に顧客とコンタクトを取ることができます。また、営業活動の効果をデータで把握し、戦略の最適化が容易になります。

2.3. ターゲット顧客の拡大

インサイドセールスでは、地理的な制約がないため、広範囲の顧客をターゲットにすることができます。これにより、新しい市場や顧客層へのアプローチが可能となります。

2.4. データ活用による戦略の最適化

インサイドセールスでは、営業活動のデータを収集・分析することが容易です。これにより、営業担当者のパフォーマンスを評価し、戦略の最適化が可能となります。

3. 業界別インサイドセールス事例

3.1. IT業界

IT業界では、SaaS(Software as a Service)企業がインサイドセールスを活用しています。例えば、CRM(顧客管理)ソフトウェアを提供する企業は、オンラインでのデモンストレーションや顧客サポートを通じて、顧客に製品の使い方や機能を紹介します。これにより、顧客が製品の価値を理解し、購入を検討するきっかけが生まれます。

3.2. 医療業界

医療業界では、医療機器メーカーや製薬会社がインサイドセールスを実施しています。例えば、新しい医療機器を販売する企業は、電話やビデオ会議を利用して医療従事者に製品の特徴や利点を説明します。これにより、医療従事者は製品を効果的に使用する方法を理解し、患者へのケアに役立てることができます。

3.3. 不動産業界

不動産業界では、インサイドセールスが物件の賃貸や売買に活用されています。例えば、不動産会社は、ウェブサイト上で物件情報を提供し、顧客がオンラインで物件検索や資料請求ができるようにします。さらに、営業担当者は電話やオンラインチャットで顧客とやりとりし、物件の詳細や契約手続きに関する質問に答えます。これにより、顧客は適切な物件を見つけやすくなり、成約件数が向上します。

4. インサイドセールスの効果的な取り組み方法

4.1. ターゲット顧客の明確化

成功するインサイドセールスには、ターゲット顧客を明確に理解することが重要です。顧客のニーズや課題、適切なコンタクト方法を把握し、それに基づいて効果的なアプローチを計画しましょう。

4.2. CRMツールの活用

顧客情報や商談の進捗を一元管理するCRMツールを活用し、営業プロセスを効率化します。これにより、営業担当者は情報共有やフォローアップが容易になり、営業成果が向上します。

4.3. コンテンツマーケティングとの連携

インサイドセールスとコンテンツマーケティングを連携させることで、顧客へのアプローチが効果的になります。例えば、顧客に対して役立つ情報を提供するブログ記事やホワイトペーパーを作成し、顧客とのコミュニケーションのきっかけを作りましょう。

4.4. 定期的なトレーニングとスキルアップ

営業担当者のスキル向上はインサイドセールスの成果に直結します。定期的なトレーニングや研修を実施し、営業スキルや製品知識を維持・向上させましょう。

5. インサイドセールスの課題と対策

5.1. 顧客との信頼関係構築

インサイドセールスでは対面営業と比較して顧客との信頼関係構築が難しい場合があります。対策として、定期的なフォローアップやオンラインでのデモンストレーションを行い、顧客とのコミュニケーションを大切にしましょう。

5.2. 営業担当者のモチベーション管理

インサイドセールスは、営業担当者が独りでタスクに取り組むことが多く、モチベーションの維持が難しい場合があります。定期的なミーティングや1対1のフィードバックセッションを行い、営業担当者のモチベーションを維持しましょう。

5.3. KPIの設定と評価

インサイドセールスの成果を測るためには、適切なKPI(Key Performance Indicator)を設定することが重要です。例えば、商談数、成約率、平均取引額などを指標として設定し、定期的に評価・改善を行いましょう。

5.4. リモートワーク環境の整備

インサイドセールスはリモートワークに適した業務ですが、適切な環境整備が必要です。営業担当者には適切なツールや機器を提供し、コミュニケーションや情報共有がスムーズに行えるようにしましょう。

6. まとめ

インサイドセールスは、様々な業界で効果的な営業手法として活用されています。本記事では、IT業界、金融業界、製造業界などの業界別事例を紹介しました。インサイドセールスの効果的な取り組み方法や課題と対策を参考に、自社の営業戦略に取り入れてみてください。

インサイドセールスは、多くの業界で効果的な営業戦略として注目を集めています。本記事で紹介した事例や取り組み方法をぜひ参考にして、自社の営業戦略を見直し、最適化していくことが重要です。

また、インサイドセールスを成功させるためには、組織全体での取り組みが求められます。営業チームだけでなく、マーケティングやカスタマーサポートなど、他部門との連携も密に行い、効果的なインサイドセールスを実践しましょう。

最後に、インサイドセールスは継続的な改善が求められる営業手法です。定期的にKPIをチェックし、データをもとに改善策を立てていくことで、より効果的なインサイドセールスが実現できるでしょう。インサイドセールスの導入や運用を通じて、営業成果の向上を目指しましょう。

最後に

弊社は、決裁者向けのマーケティング支援に特化して9年以上事業展開している会社です。

決裁者マッチング支援サービス「チラCEO」を提供しています。

チラCEOを通して『BtoBだと、担当者に営業しても中々契約につながりにくい』

そんな悩みの解決に寄与できます。

またそれだけでなく、パートナー獲得や資金調達先探しなど、様々な経営課題解決にも活用できます。

【マッチングについて】

登録決裁者数6,500人以上(審査通過済みの数、2023年1月時点)の

国内最大の決裁者マッチングプラットフォームを基軸に、

決裁者とのマッチング機会を創出しています。

具体的には

・会いたい決裁者を探して、メッセージでつながる「メッセージ機能」

・毎日のおすすめ決裁者に会いたいリクエストを送る「会いたい機能」、

・日々決裁者のニーズがタイムラインで投稿される「掲示板機能」、

・決裁者に直接プレゼンできる「決裁者限定イベント」、

・CS(カスタマーサクセス)があなたに合う決裁者を「直接ご紹介」

の5つの導線より決裁者同士のつながりを創出します。

【実績、問い合わせ】

実際にご利用いただいた決裁者様のなかには、

・導入後2ヶ月で6件の受注ででた

・10か月毎月受注&費用対効果8倍を実現した

等多数実績がございます。

事例一覧↓

https://onlystory.co.jp/service/case/

サービス詳細についてはこちらからご覧ください↓

https://onlystory.co.jp/

お問い合わせ、資料請求は、こちらからお気軽にお問合せ下さい

チラCEO

\ 決裁者アポは当社にお任せください /

  • 国内最大級の決裁者マッチングプラットフォーム
  • 登録決裁者6,500名以上
  • 年間マッチング数10,000件以上
  • 経営者アポ獲得に有効なサービスNo1受賞
資料ダウンロード

お問い合わせさぁ、良質なビジネスマッチングを今すぐ体験

お電話でのお問い合わせ
03-6821-7872 (平日10:00〜19:00)
よくあるご質問